オープンカーの「ハードトップ」とは?メリット・デメリットを解説

オープンカーの「ハードトップ」とは?メリット・デメリットを解説

ひとことでオープンカーといっても、「ハードトップ」と「ソフトトップ」があることをご存知でしたか?

今回は、オープンカーのハードトップとはどのような方式なのか、そしてどんなメリットとデメリットがあるのかについて、解説します。

オープンカーのハードトップとは、文字どおり屋根に硬い素材を用いたもの

オープンカーのハードトップとは、わかりやすく説明すれば、文字どおり屋根に硬い素材を用いたものになります。

具体的には、硬いだけでなく重量が軽いメリットがあるアルミニウムやFRP(繊維強化プラスチック)がおもに使用されます。

ボディ本体の素材として用いられることが多い鉄は、重量が重いため、着脱したり格納したりする必要があるオープンカーの屋根に使う素材には、向いていません。

なお、ソフトトップの幌には、布やビニールなどの柔らかい素材が用いられています。

また、屋根を開けたり閉じたりする方式には、手で取り外したり取り付けたりする「デタッチャブル・ハードトップ」と呼ばれるものと、スイッチ操作により電動で開閉する「リトラクタブル・ハードトップ」と呼ばれるものがあります。

たとえば、マツダの「ロードスターRF」は、リトラクタブルハードトップの代表車種です。

ハードトップのメリットは、ソフトトップよりも耐候性・耐久性が優れていること

続いて、ハードトップのメリットについて解説しましょう。

さきほど説明したように、オープンカーのハードトップにはデタッチャブル・ハードトップとリトラクタブル・ハードトップがありますので、個別に解説します。

デタッチャブル・ハードトップのメリットは?

自分で取り外しをするデタッチャブル・ハードトップは、機械的・電気的な機構がありません。そのため、全自動のリトラクタブル・ハードトップよりも重量を軽くおさえることができます。

オープンカーは走行性能の高さを求められることが多いので、車両重量が軽くなるのはメリットです。

さらに、開閉のための複雑なメカニズムが不要なので、故障して屋根の開閉が出来なくなってしまう心配もありません。

また、ソフトトップよりも耐候性や耐久性に優れ、太陽光を浴びても劣化することがないメリットがあります。

そして、洗車の際もそれほど神経を使わずに済み、ビンテージカーでなければ洗車機を利用しても問題ありません。

リトラクタブル・ハードトップのメリットは?

一方、全自動で開閉ができるリトラクタブル・ハードトップの最大のメリットは、スイッチひとつで屋根を開閉できることにあります。

オープン走行中に急に雨が降ってきても、車に乗ったまま屋根を閉められるので大変便利です。

開閉に要する時間も10秒台~20秒台と短いので、イライラさせられることもありません。

また、街中では人目が気になるので屋根を閉めて走り、人気のない郊外に出たら屋根を開けて走るといった使い分けも、簡単にできます。

ソフトトップに対しては、耐候性・耐久性に勝るメリットのほか、室内の静かさもワンランク上になります。

ハードトップのデメリットは、収納時にかさばることや、重量が重くなること

デタッチャブル・ハードトップのデメリットは?

手動で取り外しをするデタッチャブル・ハードトップのデメリットとして、屋根を着脱するには車からいったん降りる必要があることがあげられます。

オープン走行中に急に雨に降られたときなどは、すぐに対応できないので、濡れてしまいます。

また、取り外した屋根は、トランクルームに入れられるようになっている場合がほとんどですが、その際トランクルームが狭くなってしまうのもデメリットです。

ソフトトップにも手動で着脱するタイプがありますが、巻物のようにクルクルと巻いて収納できるケースが多いので、ハードトップのように場所を取りません。

リトラクタブル・ハードトップのデメリットは?

一方、リトラクタブル・ハードトップのデメリットには、デタッチャブル・ハードトップと比べ開閉機構が複雑なので、重量がかさんでしまうことがあげらられます。

電動開閉式のソフトトップと比べても、重量は重くなります。

そして価格面においても、すべてのオープンカーの方式の中でもっとも高価になってしまいます。

また、オープン走行時は屋根はトランクルームに格納されますが、閉めているときよりも後ろが重くなってしまうので、操縦安定性にも影響を与えます。

それと、新車のときは問題ないとしても、古くなるとまれに電動開閉機構が故障することがあります。

開けることができないのはまだしも、開けた状態のまま閉まらなくなってしまうと、雨への対応や防犯上の観点から大変なことになります。

意外と大変?オープンカーのお手入れ方法と維持費

現在はリトラクタブル・ハードトップ方式が主流

オープンカーのハードトップについて解説してきましたが、現在はデタッチャブル・ハードトップを採用する車種は少なく、大半がリトラクタブル・ハードトップを採用しています。

その理由は、メーカーやユーザーが重量面などのデメリットよりも、簡単に屋根が開閉できることや、屋根を閉じればクーペと変わらない快適性が得られるメリットの方が大きいと感じているからです。

リトラクタブル・ハードトップ方式のオープンカーは、オープンカーとはどんなものなのか、まずは体験してみたいと思っている人にも向いています。

また、実用性も備えているので、クーペやセダンなどからの乗り換えにも十分対応できます。

もし、いま乗っている車からオープンカーに買い替える場合は、車の一括査定の利用をおすすめします。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで、愛車を一番高く買取ってくれる中古車買取店がみつかる、大変便利なサービスです。

オープンカーは値下がりがしにくいので、中古車で買うにしても価格帯は高めです。

ですから、少しでも多くの車買取店に査定してもらい、いま乗っている愛車を最高額で売却して予算を確保するようにしましょう。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。