意外と知らないオープンカーのメリット・デメリットとは?

オープンカーのメリットと欠点 オープンカー

オープンカーにはどんなメリットがあるのでしょうか?

オープンカーは誰しも一度は憧れる乗り物です。天気の良い日や暖かい日などは、ドライブにピッタリですよね。

しかし、オープンカーは良いところだけではありません。もしかすると、悪いことのほうが多い場合だってあります。

今回はオープンカーのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

オープンカーのメリットとは?

まずはオープンカーのメリットについて考えてみましょう。
人それぞれ、オープンカーに対する考え方はあるでしょうが、主に以下のようなポイントに限られてくるのではないでしょうか。

  • ・外の風にふれる気持ちよさ
  • ・街を走ったときに注目を浴びる
  • ・モテる可能性がある
  • ・季節を肌で感じられる

いかがでしょうか。
他にも長所はあるかもしれませんが、ザッとこんな感じです。

外の風にふれる気持ちよさ

オープンカーの最大の長所は、やはり風を浴びながらドライブが出来るという爽快感ではないでしょうか。
これはオープンカーでしか味わえない醍醐味といえます。

街を走ったときに注目を浴びる

そもそもの販売台数が少ないこともあり、街を走っているオープンカーは非常に少ないのも1つの魅力です。

ですから、ひとたび街を走れば視線を独り占めできます。ただし、注目を浴びたくない人にはデメリットでしかありません。

女性にモテるかも?

また、男性にとってはオープンカーはモテるアイテムにもなり得ます。
モテる・モテないは、当然ながら女性の好み次第ですが、上手くハマれば女性をカンタンに落とすことができるかもしれません。

使い方次第では、モテ期を引き寄せることも可能となるでしょう。

オープンカーの欠点、デメリットとは?

オープンカーに一度乗るとやみつきになる、とも言われます。
しかし、オープンカーには欠点がいくつも見受けられます。

  • ・飽きる
  • ・乗車定員が少ない
  • ・収納スペースがない
  • ・雨の日は乗れない
  • ・暑い日、寒い日は乗れない
  • ・まわりの目が気になる
  • ・事故が起きたとき非常に危険

オープンカーは飽きるのが早い

ネット上の口コミを見ると、オープンカーは「飽きる」という声が聞かれます。
最初のころは風に当たる気持ちよさを楽しんでいたけど、時間が経つと新鮮味がなくなって飽きてしまう。これはデメリットです。

わたしもマツダのロードスターに3年間ほど乗っていたことがありますが、オープンカーを楽しんだのは最初の数回だけ。ワクワクはいずれ薄れていくものです。

また、多くのオープンカーは幌で覆われていますが、幌のお手入れはなかなか大変です。

乗車定員が少ない

また、乗車定員が少ないのもオープンカーの短所です。

ロードスターは2人乗りですし、カブリオレでも車内は狭くなります。

収納スペースがない

オープンカーは実用性がなく、収納スペースなどもないので不便です。
ちょっとした日用品であればなんとかなりますが、レジャーではかなりの不便を強いられると思います。

雨の日は乗れない、季節を選ぶ

梅雨時は雨が続くためオープンにできませんし、真冬の寒い日にオープンはツライでしょう。

ただし、最近は足元のヒーター性能が向上しているため、寒い日でも乗りやすくなりつつあります。

事故が起きたとき非常に危険

事故が起きたとき、オープンカーは言うまでも危険です。
シートベルト着用は義務ですが、万が一着用していなければ簡単に車外へ放り出されるでしょう。

また、衝突によって障害物が車内に入ってきたとき、搭乗者に直撃する恐れもあります。

以上のような理由から、オープンカーはどうしても短所が目立つようになります。

もし購入を考えている人がいるなら、あくまでも2台目として選ぶのが賢明でしょう。

また、買うことに迷いがあるのであれば買わないのがベスト。

なかにはマツダのロードスターに10年以上乗っていても飽きが来ないという人もいます。

自分の中に確固たる思いがないと、オープンカーに乗ることははむずかしいでしょう。

オープンカーを手放すなら、絶対に査定額を比較すべき

なかにはすでにオープンカーを所有していて、手放そうか考えている人もいることでしょう。

オープンカーに乗っている人は、手放してしばらくすると恋しくなる事が多いようです。
そのため、本当に手放すべきかはじっくり検討したようがよいでしょう。

もし、手放すことを検討しているのであれば、以下の2つの点に注意してください。

  • ・手放すタイミングは?
  • ・どこに売却するべき?

オープンカーは手放すタイミングで値段が激変

手放すタイミングについては、圧倒的に春先が有利です。

中古車市場は季節によって買取価格が変動します。
オープンカーはやはり春から夏にかけて需要が増えるので、春先に売却したほうが高く売れる可能性があります。

季節の影響をモロに受けるのがオープンカーですので、急いでなければタイミングを図ったほうが高く売れます。
ただし、年式の関係もあるのでスグに売ったほうが良い場合もあるのでむずかしいところです。

高く売れる店は限られている

また、オープンカーは特殊なので、できるだけ多くの買取店の査定を受けるべきといえます。
買取店によって査定額に大きな差が生まれやすいのがオープンカーです。

オープンカーの買取・販売を得意としているお店と、不得意なお店はハッキリ分かれます。

もしオープンカーを高く売るのであれば、得意な業者を見つけるのが確実です。
そのためには、複数の買取店に査定してもらうしかありません。

一括査定を活用すると、無料で出張査定を受けることもできます。
多くの買取店の見積もりをくらべて、納得のいくお店に売るようにしたいですね。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
オープンカー
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト