知っておきたい「出力」と「トルク」のちがいとは?

最大出力と最大トルクのちがい クルマの仕組み

車の用語はむずかしいものが多くて、興味はあるけどなかなか入り込めない…。
そういった悩みを持っている人は少なくありません。

車はむずかしい、そんな印象を与えている要因の1つとなっているのが自動車の専門用語ではないでしょうか。

車をより楽しく理解するには、クルマ用語を噛み砕いて知っておくのがオススメ。
今回は「出力とトルクのちがい」について、わかりやすく解説していきます。

トルクと出力の違いってなに?

トルクと出力について知るには、2つの違いと共通点をそれぞれ見ていくのがイチバンです。
まず結論から言うと、出力は「継続的な力」、トルクは「瞬間的な力」を表します。

1つずつ具体的に見ていきましょう。

そもそも出力ってなに?

出力とは、エンジンの性能のことで「馬力」や「PS」を単位としています。
ただし、最近は単位が変わってきており、kWとN・mで表示するのが一般的。

出力は「力を継続する事によってどれくらいのパワーが発生するか」を表します。
ポイントは「継続的な力」を表すということです。

馬力、というくらいなので「馬何頭分」という考え方をするとわかりやすいでしょう。

ただし、馬力(出力)が高くても車体重量が重い場合には、そのぶん動かすパワーが必要なので注意が必要です。
つまり、いくら出力が良くても、車が重いと力が足りない場合もあるということ。

車の出力だけを見るのではなく、重さも考慮して考える必要があります。

トルクってなに?

トルクも、エンジンの性能を表しています。
エンジンの「瞬間的な力」を表しており、kgf・mという単位が使われます。

ただし、出力と同じように最近は単位が変わってきており、kWとN・mで表示します。

出力とトルクの違いをもっとわかりやすく知りたい

最大出力とは「クルマの速さ」を示す指標です。

最大トルクとは「クルマの底力」を示す指標です。

これだけでは何なのかわからないと思いますので、こんなたとえを紹介します。

この2つの単位は、短距離選手相撲取りに例えられることがあります。短距離選手には速さが求められますが、重いものを運ぶわけではありません。相撲取りは自分よりも重い相手を投げ飛ばす底力が必要ですが、素早さがなくとも勝負に勝つことができます。(JAF「クルマ何でも質問箱」より)

つまり、短距離選手である「最大出力」はその数値が高ければその分だけ速く走ることができます

一方の「最大トルク」は数値が高いとクルマを完全停止している状態から加速にもっていくための力が強い車といえます。

噛み砕いて言うと、早く走るための力を「出力」といい、何かを動かすための力を「トルク」と言うわけです。

こうして分けることで、車を選んだり比較するときにも役立つでしょう。

出力とトルクのちがい【まとめ】

最大出力、最大トルクはともに車のカタログでよく見かける言葉です。
こうした用語を知っているだけで、車の楽しみ方がグッとランクアップするのではないでしょうか。

いろいろな車の最大出力と最大トルクを比較して、車選びの参考にしたいですね。

愛車を最高額で売るなら一括査定がオススメ

愛車を最高額で売りたい人に最もオススメの一括査定サイトです。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に10万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

クルマの仕組み
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
車の最新情報をお届けします。
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト