アウトドアにおすすめの軽自動車5選!正しい車の選び方とは?

アウトドアにおすすめの軽自動車 車の選び方・おすすめ車種

アウトドア車といえば、大型のワゴン車やSUVが主流でした。

しかし、最近は軽自動車の大型化や高性能化によって、アウトドアタイプも非常に増えてきています。

そんな背景もあって、アウトドア向きな軽自動車が欲しいという方も多いと思います。

コンパクトで燃費が良いのは軽自動車の必須条件となりつつありますが、アウトドアでも活用できれば車の楽しみが広がりますよね。

今回はアウトドア向きなおすすめの軽自動車を5車種ご紹介します。正しい車選びのコツもチェックしていきましょう。

アウトドア向きの軽自動車の条件とは?

アウトドアに向いている軽自動車をさがす前に、アウトドア車に欠かせない条件を知っておく必要があります。

どういった車がアウトドアには必要なのでしょうか?

  • ・荷物がたくさん積める
  • ・長い距離でもガソリン代が安くすむ
  • ・悪路走破性が高い
  • ・シートが撥水加工

荷物がたくさん積める

アウトドア向きの軽自動車を語る上で、荷室スペースは欠かすことができません。

荷室に限らず、車内空間が広いことも重要な要素です。

アウトドアの種類はさまざまですが、バーベキューやスポーツを楽しむのであれば荷物はどうしても多くなります。

たとえば、

  • バーベキューコンロ
  • テントやタープ
  • 折りたたみ自転車
  • スキーやスノーボード
  • サーフボード

ザッと挙げただけでも、これだけの道具があります。

もちろんすべてを積むことはないでしょうが、大量の荷物に対応できるのはアウトドア向き軽自動車に必須の条件といえるでしょう。

軽自動車は基本的にコンパクトなものが多いので、しっかりと選ばないとアウトドアには不便になってしまいます。

ただし、最近は軽ハイトワゴンと呼ばれる天井が高いタイプの軽自動車も増えていますので、選択肢は広がっています。

また、室内のスペースが大きければ車中泊をすることも可能です。

いま軽スーパーハイトワゴンが熱い!おすすめの車種ランキング【最新版】
好調な販売をキープしている軽自動車ですが、中でも全高が1,700mmを超えるスーパーハイトワゴンと呼ばれるタイプは、室内の広さや使い勝手の良さから大人気になっています。 そんな軽スーパーハイトワゴンの中から、特におすすめできる車種ベス...
アウドドアや災害時にも活躍!車中泊ができるオススメのSUV 4選
車中泊ができるSUV車種を特集。フルフラットになる車種やシートアレンジが多彩な車種など、アウトドアや災害時にも活躍してくれるSUVを紹介。

長い距離でもガソリン代が安くすむ

キャンプ場まではほとんどが長距離ドライブになるでしょうから、アウトドアは長い距離を走ることが多くなります。そのときにどうしても気になるのがやはり燃費性能です。

普通車のSUVや4WDは基本的に燃費がいいとはいえません。アウトドア向きの車はどうしても車体重量が重くなるため、仕方ないともいえます。

アウトドア車の代名詞ともいえるトヨタのランドクルーザーはリッターわずか4km前後。さらにハイオク車となるため、ガソリン代は高額です(ただし、ガソリンタンクは100L程度と大容量)。

その点、軽自動車は燃費性能が非常に優れています。アウトドア向きの軽自動車であれば、ほとんどの車種で燃費を気にすることはないでしょう。

軽自動車は20km/L以上の車種がほとんどなので、車選びには困ることも少ないといえます。

軽自動車の維持費が驚くほど安い3つの理由とは?
軽自動車の維持費は、かなり安いことで知られています。 車を運転する人にとって気になるのは、やはり維持費です。 住んでいる地域や、車の種類によって維持費はまちまちですが、それでも多くの人にとって車の維持費は大きな負担です。 維持...

悪路走破性が高い車

アウトドアですから、オフロードはつきものです。

また、山道を通ることが多くなりますから坂道でも力強い走りをしてくれる車が望まれます。

冬のスポーツを楽しむのであれば、雪道でも安全な車を選びたいところ。スノボやスキーは自分のアイテムで楽しみたいですよね。

車の床高も重要です。床高が低いと、ちょっとした悪路でも思うように車が動かなくなってしまいます。

こういった悪路を考えると、やはり走破性の高い4WDの車(四輪駆動)が必要になってきます。

アウトドアを重視するなら、駆動方式は四輪駆動(4WD)が必須です。四駆であれば、坂道や雪道でも安全に走行できるでしょう。

たとえば「ぬかるみ」にハマってしまうと、前輪駆動・後輪駆動(2WD)だと大変です。

ただし、軽自動車はどうしてもエンジンのパワーに不安が残ります。ですから、各社が発売している「ターボタイプ」を選ぶと安心です。

軽自動車でも4WDを選ぶこともできる車種は多いので、カタログでチェックしておきましょう。

シートが撥水加工

サーフィンやスノーボードに限らず、キャンプなどアウトドアには水滴が関係してきます。

きちんと道具をキレイにして車内に積み込めればいいですが、場合によっては時間や手間をかけられないことがあるでしょう。

そういったときに座席が撥水加工になっていると非常に便利です。

サーフボードやキャンプ用品を、気にせずに積み込めるのはアウトドアにおいては助かります。

水で濡れてしまっても、サッと拭き取れば済むのでラクチンです。

軽自動車でも車内のシートを選ぶことができますし、撥水タイプのシートも増えています。

ただし、撥水加工などが期待できるシートはおおむね乗り心地が良くありません。このあたりは乗り心地と利便性のバランスを考える必要があるでしょう。

アウトドアにおすすめの軽自動車5選

アウトドア向きに欠かせない車の条件を確認したところで、実際におすすめしたい車をご紹介します。

あなたが欲しい車の条件を考えながら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スズキ「ハスラー」

スズキハスラー

いま売れに売れている軽自動車がスズキ「ハスラー」です。

これまでスズキのアウトドア向きの軽自動車といえば「ジムニー」でしたが、ハスラーは大衆向けSUV軽自動車というあらたな売れ筋を確立しました。

キュートな見た目とはちがい、走りはアウトドア志向。4WDの力強い走りは、外遊びの強い味方です。

乗ってみるとわかりますが、室内空間が非常に広いので、荷物をたくさん積むことができます。

外からの見た目以上に天井が高く、開放感があります。

燃費もJC08モード燃費で29.2km/Lと申し分ありません。

  • 新車価格:1,078,200〜1,717,200円
  • 燃費:29.2km/L

ダイハツ「ウェイク」

ダイハツウェイク

あらゆるアウトドア向けの条件を満たしているのがダイハツ「ウェイク」です。

室内空間は圧倒的な広さを誇り、キャンプ用品であればゆうに4人分が詰め込めます。

外部からの専門家に意見を聞き、登山用品やアウトドアメーカー、プロのサーファーなどからの意見も取り入れてつくった車。

フルフラットシートで車中泊はもちろん、自転車(折りたたみでないタイプ)をも積める車です。

価格は135万~187万3,800円と高めですが、燃費性能や使い勝手を考えると十分に検討する価値のある車です。

  • 新車価格:135~1,873,800円
  • 燃費:25.4km/L

ホンダ「N BOX」

N BOX

NBOXの自動ブレーキ

燃費性能、走行性能、運転のしやすさ、室内空間、どれをとっても十分すぎるのがホンダ「N BOX」です。

N BOXとN BOX Customという2種類のデザインに分かれています。どちらも性能に大きなちがいはありません。

軽自動車トップレベルのエンジンは、ホンダのレース技術が感じられるハイパワーを実現。

坂道でも十分な力強さがあるので、アウトドアでも安心です。

荷室の開口部が非常に広いので、荷物の出し入れもスムーズ。

外装や内装もさまざまなバリエーションから選べるので、車にこだわりたい人にもオススメです。

JC08モード燃費で24.0km/Lと十分な燃費性能を誇ります。

アウトドアに活用するのであれば、FF(前輪駆動)よりも4WDモデルを選んだほうが良いでしょう。

  • 新車価格:1,385,640~1,809,400円
  • 燃費:25.6〜27.0km/L

スズキ「ジムニー」

ジムニー スズキ

軽自動車のなかで、もっとも本格的なアウトドア車とも言えるのがジムニーです。

走行中に2WDから4WDの切り替えを、手元のスイッチで簡単にできる「ドライブアクション4×4」を搭載しています。

悪路のときは4WDで、街乗りでは2WDというふうに使い分けることが可能です。

2018年に4代目新型モデルとなり、自動ブレーキやクルーズコントロールなどの先進技術も装備されています。

室内のインテリアは非常にシンプルで最低限といった感じですが、そこに”粋”を感じられる車種でもありますね。

JC08モード燃費で14.8km/Lと、まずまずの燃費性能です。ちなみにATだけでなく、MT(マニュアル車)を選ぶこともできます。

  • 新車価格:1,458,000〜1,841,400円
  • 燃費:13.2〜16.2km/L

ダイハツ「キャスト アクティバ」

キャストアクティバ

スズキ・ハスラーを強くライバル視した外観で、個性的なデザインです。

ハンドルに付いたスイッチでパワーモードスイッチのON-OFF切り替えができるので、道の状態に合わせた走行を楽しむことができます。

シートアレンジのバリエーションは良いのですが、後席がフラットにならないのでやや使いづらい印象です。

さきほど説明したように、アクティバはハスラーと真っ向からぶつかるライバル車なので、比較して検討したほうが良いでしょう。

価格と燃費を考えると、わたしはハスラーのほうが”買い”かな、と思います。

  • 新車価格:1,220,400〜1,647,000円
  • 燃費:30.0 km/L

アウトドア向けの軽自動車はライトユースが増えている

アウトドア向けの軽自動車はライトユースが増えている

こうしてアウトドア向けの車種を見てみると、軽自動車としての気軽さを持ちながら、走破性を意識した車が増えています。

以前までの軽自動車といえば、「安くて手軽で走りはイマイチ」というのが常識でした。

しかし、ハスラーの登場でSUVを意識した軽自動車が多く登場します。

ここで紹介した本格的なアウトドア向けは、唯一スズキ・ジムニーだけです。

選び方としては、アウトドアを中心に車を使うのであればジムニーやパジェロミニ(現在は中古車のみ)などのSUVタイプ軽自動車を選んだほうが安心です。

一方で、普段は街乗り(アスファルト中心)で使うのであれば、ハスラーやN-BOXなどの車種で十分です。

あなたがどのくらいアウトドアやレジャーで車を使うのかが、車選びの1つの基準になるでしょう。

アウトドア向きの軽自動車をお得に安く購入する方法とは?

アウトドア向けの軽自動車

いざアウトドア向きの軽自動車を買うことに決めたなら、まずは資金計画を立てましょう。

用意できる予算によっては、購入できる軽自動車も変わってくるからです。

そのためには、いま乗っている車がどれくらいで売れるか?をチェックしておくことが重要。
あなたが乗っている車が高く売れれば、軽自動車の購入予算もグッと上がります。

また、資金に余裕があればアウトドアに向いたオプションを付けることも可能です。

複数の買取店に見積もりを出してもらうと、最高額で買い取ってくれるお店がスグに見つかりますよ。

まずはインターネットの無料一括査定を活用して、あなたの車がいくらになるかチェックしてみましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の選び方・おすすめ車種軽自動車
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト