よくわかる!車の買い替えで必要な車庫証明のポイント

車の買い替えと車庫証明 車買取の手続き

車の買い替えをすると、車庫証明の手続きが必要になります。

車の買い替えは人生のなかでも楽しいイベントの1つですが、それにともなう書類の手続きはけっこう面倒だったりしますよね。

そんな面倒な手続きの1つに「車庫証明」があります。
車の買い替えにあたって知っておきたい「車庫証明の知識」をわかりやすく解説します。

そもそも車庫証明ってなに?

車庫証明とはカンタンにいうと「車を停める場所をちゃんと決めるための書類」です。

車はたくさん走っていますが、基本的にはすべての車がきちんと車庫証明を取っています。
なぜこんなものを取る必要があるのかというと、きちんと申請して認められないと違法駐車や人の駐車場に不法に停める人が出てきてしまうから。

車の数だけ駐車場がないと、車をドコにでも停められてしまいます。しっかりと届け出をして、違法な車をなくす必要があるわけですね。

この車庫証明は車をあたらしく買ったとき・車を買い替えたときに必要になります。

買い替えの場合の手続き方法は?

実際に車庫証明をとるための手続きについて見ていきましょう。

車庫証明は車の買い替えであれば、販売店にお願いすることもできます。時間が無い人や面倒な人は、こういった販売店に代行してもらうことが多いでしょう。

中古車販売店やディーラーなど、基本的にはどこのお店でも車庫証明は取得してくれます。

意外とバカにならない車庫証明の手数料

しかし、車庫証明を取ってもらうには「代行手数料」が必要になります。
販売店やディーラーによって異なりますが、だいたい1万円ほどの手数料がかかることも。

そのため、費用を少しでも節約したい人は自分で車庫証明をとりましょう。

車庫証明はどこで申請することができる?

自分で車庫証明をとる場合には、駐車場が所在する管轄の警察署に行きます。

基本的に書類は警察署でもらうこともできますが、販売店などからもらうことも可能です。

ただし、販売店によっては「車庫証明は弊社で取得します」と決めているところがあります。わたしが最近買った中古車販売店がそうでした。

理由を聞くと、なかなか申請をしてくれないお客さまがいることがあるから、とのこと。

お店としても手続きで余計なトラブルや納車遅延を起こしたくないですから、心理的にはうなずけます。

車庫証明の手続きに必要な書類とは?

車庫証明をとるのに必要な書類は以下のとおりです。

  • ・自動車保管場所証明申請書
  • ・所在地、配置図
  • ・保管場所使用承諾書
  • ・自認書
  • ・印鑑

基本的に以上の書類があれば手続きできます。
ただし、都道府県ごとにちがいがあることがあります。

なかには住民票や印鑑証明書が必要になることもあるので、事前確認が必要です。

警察署や車の販売店に確認すればすぐに教えてくれますよ。

車庫証明を申請するときの注意点とは?

車庫証明の手続きは素人でもわりとカンタンにできます。
とはいえ、普段ほとんど目にしない書類ばかりなので、油断は禁物です。

車の買い替えで注意したいのは、古い車(買い替え前の車)の扱い方です。

車庫証明は申請をしてから許可が出るまでに何日間か時間を要します。
じつは車庫証明は、申請があってから調査員が実際にその場所まで行って駐車場の状態を確認することがあるからです。

調査員が見るのは、その駐車場にきちんと車を停めることができるか、申請内容に間違いはないか、などです。

もし調査員が現場を見に行ったときに、申請した車(買い替えた新しい車)が止まっておらず、古い車(買い替え前の車)が停まっていた場合は申請が下りないことがあります。

そういった事態を防ぐためにも、車庫証明の申請書には「買い替える前の車のナンバー」も記載しておきましょう。
そして、できることなら納車日を伝えておくと間違いありません。

そうすれば、調査員が間違えることなく、車を買い替えるまでの期間でも車庫証明をもらうことができます。

わからないことは買取業者に相談しよう

車の買い替えによる車庫証明の手続は、はじめての人でも比較的カンタンにできます。
書類さえ準備してしまえば、管轄の警察署の人が流れについて説明してくれるからです。

とはいえ、車庫証明の手続をする時間がなかったり、面倒に感じる人もいることでしょう。
また、いくらカンタンとはいえ、面倒なのは事実ですし、苦手な人は苦手だと思います。

そんなときは車を買い替えるときの買取店に手続きを依頼するのがオススメです。

これから車の買い替えを検討している人は、車の買取業者に必要な手続き内容を相談してみるのもいいでしょう。

車の買取業者は車庫証明やそのほかの手続きについては熟知しています。

買取価格の交渉と合わせて、必要な手続きと書類をひと通り聞いておくだけで、自分で行うときに頭が整理された状態になります。

もちろんそのまま買取店に車庫証明の手続をお願いしてもいいですよね。

わたしは一括査定で車の買取業者を決めましたが、査定してもらうときに必要な書類や手続きを聞きまくりました。
おかげでそのあと自分で行う手続きが非常にスムーズに進みましたよ。

複数の買取店を比べながら、車庫証明などの手続きについても確認してしまいましょう。
車をお得に買い替えることができるので、まずは見積もりを出してもらうと良いですよ。

愛車の最高額がわかれば、買い替えがグッとお得になります。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車買取の手続き
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト