歩行者検知できるコンパクトカーありますか?

歩行者検知できるコンパクトカーはありますか?コンパクトカー

最近は、コンパクトカーにも衝突被害軽減ブレーキが装備される車種が増えてきましたが、車両だけにしか対応しないのか、歩行者も検知できるのかが気になる方も多いはずです。

結論を言いますと、歩行者検知機能付きのコンパクトカーがいくつか存在します。

では、具体的にはどんな車種があるのでしょうか。

歩行者検知警報機能のみが備わる車種は?

ダイハツ・ブーン&トヨタ・パッソ

パッソ

ダイハツのコンパクトカー「ブーン」と、そのトヨタ版である「パッソ」には、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた安全運転支援システム「スマートアシストⅡ」を搭載するグレードが設定されています。

その機能のひとつとして、約4~50km/hで走行中に前方の歩行者と衝突する危険性があると判断すると、ブザーと警告灯で注意を促す「衝突警報機能」が備わります。

ただし、あくまでも警報機能に過ぎません。自動ブレーキとしての役割はありませんので、注意が必要です。

衝突被害軽減ブレーキに歩行者検知機能が備わる車種

スズキ・スイフト

スイフト

スズキのコンパクトカー「スイフト」には、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた安全運転支援システム「デュアルセンサーブレーキサポート」装着車が設定されています。

前方の歩行者を検知して衝突の危険性があると判断した場合、まず「前方衝突警報機能」によりブザーとメーター内の表示により注意を促します。

そしてドライバーが強くブレーキを踏むと、「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」の働きによりブレーキアシストが作動し、制動力を高めます。

なおも衝突の可能性がある場合は、「自動ブレーキ機能」が働いて強い緊急ブレーキがかかり、衝突回避をサポートします。

作動の条件は、前方衝突警報機能と前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能は約15~約60km/hで、走行中に自車と歩行者の速度差が約15km/h以上あることです。

また、自動ブレーキ機能は約5~約60km/hで走行中に自車と歩行者の速度差が約5km/h以上あることが作動の条件となります。

安全性能が作動するための条件が多いので、どんな場面にも対応するわけではありません。

スズキ・イグニス

スイフトよりも一回り小さい個性派コンパクトカー「イグニス」には、ステレオカメラ方式の安全運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」がメーカーオプション設定されています。

約5~約100km/hで走行中、前方の歩行者を検知して衝突の危険性があると判断すると、まず「前方衝突警報機能」によりブザーとメーター内の表示により注意を促します。

万が一ドライバーが十分減速できなかった場合、「前方衝突警報ブレーキ機能」が働き、自動で弱い緊急ブレーキをかけます。

その状態でドライバーが強くブレーキを踏むと、「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」の働きによりブレーキアシストが作動し、制動力を高めます。

なおも衝突の可能性がある場合は、「自動ブレーキ機能」が働いて強い緊急ブレーキをかけ、衝突回避をサポートします。

BMW・1シリーズ

BMW1

BMWのボトムレンジを受け持つコンパクトカー「1シリーズ」には、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた安全運転支援システム「ドライビング・アススト・パッケージ」がオプション設定されています。

その機能のひとつである「衝突回避・被害軽減ブレーキ」は、前方の歩行者を検知して衝突の危険性があると判断すると、自動で緊急ブレーキをかけるものです。

衝突被害軽減ブレーキ以外にも歩行者検知機能付きの装備を搭載する車種

日産・ノート

安い新車の日産ノート

「e-POWER」シリーズの追加でベストセラーカーの座に踊り出た日産のコンパクトカー「ノート」には、マルチセンシングカメラを用いた衝突被害軽減ブレーキ「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」搭載グレードが設定されています。

約60km/h未満での走行中、前方の歩行者を検知して衝突の危険性があると判断すると、まずブザーとメーター内の警告灯で注意を促し、万が一ドライバーが十分減速できなかった場合は自動で緊急ブレーキをかけて衝突回避をサポートします。

また、そのほかの機能として、車両の周囲にいる歩行者を検知するとブザーとルームミラー上のディスプレイ表示により注意を促す「インテリジェント アラウンドビューモニター」が設定されています。

ホンダ・フィット

フィット

ベストセラーを続けるホンダのコンパクトカー「フィット」には、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた安全運転支援システム「Honda SENSING」搭載グレードが設定されています。

その機能のひとつである「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」は、前方の歩行者を検知して衝突の危険性があると判断した場合、まずブザーとメーター内の警告灯で注意を促します。

万が一ドライバーが十分減速できなかった場合は自動で軽い緊急ブレーキをかけ、それでも衝突の可能性がある場合は強い緊急ブレーキをかけて衝突回避をサポートします。

同機能の作動には、約5~約80km/hで走行中に自車と歩行者の速度差が約5km/h以上あることが条件となります。

また、車線を逸脱して路側帯にいる歩行者との衝突の危険性が生じると、音でメーター内の表示で警告するとともに、ステアリング操作を車線内に戻るようアシストして衝突回避をサポートする「歩行者事故低減ステアリング」が備わります。

ステアリングのアシストは約10~約40km/hでの走行中に有効であるほか、ドライバーが加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合や、ウインカーを作動している場合は作動しません。

選択肢が増えている歩行者検知できるコンパクトカー

つい2~3年前までは、歩行者検知機能付きの衝突被害軽減ブレーキを搭載する車種は高級車などに限られていました。

しかし、現在はコンパクトカーにも少なからぬ選択肢があることがお分かりいただけたと思います。

小さくて軽い車でも、万が一歩行者をはねてしまったら大きなダメージを与えてしまうことに変わりはないので、喜ばしい傾向です。

古い車に乗っている方は、こうした歩行者に優しいコンパクトカーへの買い替えを検討した方がよいかもしれませんが、価格がやや高めの設定になっているのがたまにきずです。

しかし、そうした高い車に買い替える場合でも経済的負担を減らす方法があります。

それは、愛車をディーラーに下取りに出すことを避け車の一括査定を利用することです。

その理由は、複数の車買取店の中から一番高い金額を提示してくれるお店を選択できるので、ディーラーよりも高値で買い取ってもらえる可能性が高まるからです。

また、手続きも簡単で、査定も自宅にいながらにして行ってもらえる「出張査定」など、多くのメリットがあります。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
  • 【 ナビクルって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

コンパクトカー
Profile
Ayumu

1988年、千葉県生まれ。小学生の頃からモーターショーに通う車好き。メカよりも外装や内装、車種名にくわしい人です。愛車はN-BOX。車、ファッション、キャンプなど気に入ったものを紹介するライフスタイル系ブログです。



YUALOG / ユアログ