車の査定でしつこい電話を上手く交わす方法とは?

しつこい電話勧誘 車の査定・買取

車を売ろうと考えている人にとって、効率的な方法として人気が高い一括査定。
わざわざ色んなお店に持ち込む必要がなく、時間と手間がかからないので非常に便利です。

しかし、査定業者を利用した人の中からは「しつこい電話勧誘が多くて困る」といった声も聞かれます。

実際にあった事例を紹介しながら、電話勧誘を上手く交わす方法について解説します。

査定後にすぐに業者からしつこい電話がかかってくる

インターネットで、無料で自動車を査定するサイトがあったので、現状の車の評価をしてもらうために依頼したら、多数の業者から買い取りの勧誘電話がかかってきて困っている。後日サイトの詳細を見たら、6社に対して同時に査定依頼する仕組みになっており、依頼した以外の業者から電話がかかって来る場合があるとの記載があった。

文字が小さく、目につきにくいので気がつかなかった。こんなに勧誘の電話があることがわかっていたら査定は依頼しなかった。

(2011年10月受付 40歳代 男性 給与生活者 大阪府)

これは実際に国民生活センターに寄せられた相談内容です。

車の買取価格の目安と相場を知りたいだけだったのに、申し込み後にしつこい電話がかかってきたという事例です。

一括査定は文字通り、複数の業者に「一括」で依頼をする仕組みです。そのため、住所や地域によっては多くの業者から査定の依頼がきます。

一括査定はまとめて見積りを取れるメリットがありますし、複数の業者が競って見積りを出すので高く買い取ってもらえる可能性があります。

しかし、査定後に電話がかかってくることを理解しておかないと、電話の多さに驚いてしまうことでしょう。

すべての一括査定でしつこい電話がかかってくるわけではありません。
のちほど紹介しますが、査定額をネットで確認するだけの一括査定も存在します。

しつこい電話がかかってこないようにするには、そもそも一括査定の選び方に注意しましょう。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

なぜ業者は電話をしてくるのか?

車の買取業者は、査定の依頼があると競うように電話をかけます。なぜそこまでして電話をかけてくるのでしょうか?

その理由は、他の業者よりも早く車を査定して買い取るためです。

車の買取業者は、とにかく車を仕入れることにすべてがかかっていると言っても過言ではありません。

車を仕入れて業者間オークションに出品すれば、売れ残りの心配もなくなります。ですから、たくさん仕入れることを重視するのです。

こうした事情があるため、業者はしつこくお客さんに電話をかけて車を買い取ろうとするわけですね。

査定業者からの電話を上手く交わす方法とは?

一括査定サイトには申し込みについての説明書きがあります。

そこには電話が来ることが記載されていますが、小さくて読みづらいことがほとんどです。

ですから、査定を申し込む前には面倒でもどんな流れで査定が進むのか説明をきちんと読みましょう。

しつこい電話営業を交わしたければ以下のような方法を取ると効果的です。

  • [1] 「電話番号欄」に「0」などの数字を入力する
  • [2] 業者に「すでに車を売ってしまった」と伝える
  • [3] 電源を切っておく

一括査定は基本的に電話でやり取りが進みます。ですから電話で査定日時などを決めた方がスムーズなのは言うまでもありません。

しかし、中には電話ではなく、メールで見積りを出して欲しい方もいるかと思います。

そういった場合に上記の方法を取ることをオススメします。

番号を入力しないで電話を交わす方法

まず[1]の方法は、やや裏ワザ的なやり方です。

申し込みフォームは「電話番号」の入力が必須になっていることが多いため、空欄では申し込みができません。
そのため、とりあえず適当な数字を入力して申し込みを済ませます。

このとき、適当な電話番号を入力してしまうと知らない人に電話がいってしまいますので、あくまでも数字を入力してください。

ただし、査定サイトのなかには正しい電話番号を入れないと利用できない場合があります。

すでに車を売ってしまったと伝える方法

業者に対して「すでに車を売ってしまった」という[2]の方法も有効です。
しかし、中には売却額や売った先の買取店名を聞いてこようとする業者もいます。

そういった場合でも「伝える必要はない」と割りきって対応するようにしましょう。

基本的に一括査定は電話がかかってきますので、あらかじめ理由を決めておけばスムーズに断れます。

一括査定サイトで見積もりを確認して、査定してもらう業者に目星をつけましょう。
そのあと、あなたが気になった業者に自分から電話をかければ最低限のやり取りで済みます。

ただし、この方法は電話がかかってくることは避けられないので、根本的な解決とはなりません。

そもそもの電話を断つ方法

[3]の電源を切るのは最も手っ取り早い方法です。

電話で連絡がつかないとき、メールで見積りが届くはずです。
メールで査定額を確認することもできるので、電話は必ず必要なわけではありません。

ですから、メールで感触をたしかめてから、高く買い取ってくれそうな業者を選ぶと良いでしょう。

こんな面倒な思いまでして一括査定する必要ある?

これまでの説明の通り、一括査定に申し込むと電話がかかってきますし、中にはしつこい業者もいます。

そのために電話を上手く交わす3つの方法をご紹介しました。
でも、そんな面倒なことまでして一括査定を使う意味はないのではないか?そう思われる方もいるでしょう。

わたしは、そこまでして一括査定を利用する価値はあると思っています。

それは過去の経験から断言できることです。
車を手放してから後悔した3つのこと」でも取り上げていますが、買取店への持ち込みと一括査定では38万円もの差がありました。

たとえば【[1] 「電話番号欄」に「0」などの数字を入力する】などのズルいやり方であってもかまいません。
一括査定に申し込むことで数十万円も得することができるのです。

最もオススメできる方法としては、電話は上手く交わして、メールでの見積りを待つこと。
メールで届いた見積りの中から、上位3社くらいに出張査定を依頼しましょう。

そうすれば、しつこい電話勧誘を避けながら、かしこく効率的に一括査定を活用できます。

査定してもらう業者を選べばムダな電話はカットできる

一括査定といっても、種類さまざま。

入力した情報が候補業者すべてに伝わる仕組みもあれば、査定する業者を自分で選択できる一括査定もあります。

査定依頼先を自分で選択できるということは、必要以上に多くの電話がかかってくる心配がありません。

自分で査定依頼先を選べるのがズバット車買取比較です。

下記はスマホから利用したときの画面ですが、申し込みの途中で「査定依頼先」を自分でチェックすることができます

査定依頼先の選択

この候補は、あなたが住んでいる地域のなかから自動的にピックアップされます。ですから、多いときもあれば少ないときもあります。

「できるだけ多くの業者に依頼したい」ということであれば、すべてにチェックを入れましょう。

反対に、「しつこい電話がいやだ」という人は、必要最小限のチェックでOKです。そうすれば電話がしつこくて困ることもありません。

ズバット車買取比較をチェックしてみる

車査定のしつこい電話を交わす方法【まとめ】

  • ・電話番号の入力欄に「0」などの数字を入力する
  • ・業者に「すでに車を売ってしまった」と伝える
  • ・電源を切っておく
  • ・査定依頼先を選べる一括査定を使う

このうち、おすすめなのは「電源を切っておく」「査定依頼先を選べる一括査定を使う」のどちらかです。

一括査定を使うと電話が来るのは確かですが、それでも高く売れる可能性がグッと大きくなることを考えると、わたしは一括査定を使うと思います。

愛車を最高額で売るなら一括査定がオススメ

愛車を最高額で売りたい人に最もオススメの一括査定サイトです。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に10万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

車の査定・買取
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
車の最新情報をお届けします。
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト