人気のジープ(Jeep)にはどんな車種がある?おすすめモデルを紹介

人気のジープ(Jeep)にはどんな車種がある?おすすめモデルを紹介Jeep(ジープ)

フィアット・クライスラー社の一部門である「ジープ」は、老舗SUVブランドとして高い人気を持ち、日本での販売も好調です。

ジープにはいくつかの車種がありますが、それぞれの特徴を解説するとともに、おすすめモデルを紹介します。

ジープのラインナップは、いずれ劣らぬ個性を持った5車種

ジープの現行ラインナップは、以下の5車種です。

  • 「レネゲード」
  • 「コンパス」
  • 「ラングラー」
  • 「チェロキー」
  • 「グランドチェロキー」

いずれの車種も、「7スロット」のフロントグリルや台形のフェンダーアーチなど、他社のSUVにはない独自の特徴を備えています。

また、それぞれの車種が異なる個性と魅力を持っています。

それでは、各モデルの詳細について解説していきましょう。

ユニークなスタイリングが魅力のジープ最小モデル「レネゲード」

レネゲード

ジープの中でもっとも小さく、もっとも安価な車種が「レネゲード」です。

単に安くてコンパクトなだけが売り物ではなく、ほかのジープ車にはないユニークなスタイリングが魅力になっています。

ひと目でジープ車と分かるアイコン性と、ポップなテイストを兼ね備えているので、ジープに興味がなかった人をも引き付けることでしょう。

駆動方式は、FFと状況に応じて自動で2WD/4WDを切り替えるオンデマンド式4WDが設定され、それぞれで異なるパワートレインが搭載されます。

走破性を高める機構としては、4WD車に5段階の走行モード切替ができる「セレクテインシステム」や、急な下り勾配でブレーキを踏まずに一定の低速を維持できる「ヒルディセントコントロール」が装備されます。

また、自動ブレーキ機能付きの「前面衝突警報」や車線逸脱警報の「レーンセンス」が設定されるなど、予防安全装備にも抜かりはありません。

グレード体系とスペック、および価格は以下のとおりです。

グレード名全長(mm)全幅(mm)全高(mm)ホイールベース(mm)最低地上高(mm)最小回転半径(m)駆動方式エンジン使用ガソリン最高出力(ps)最大トルク(kg・m)トランスミションJC08モード燃費(km/L)サスペンションブレーキタイヤ価格(万円)
ロンジチュード4,2551,8051,6952,5701705.5FF1.4L直4ターボ
(アイドリングストップ機構付)
ハイオク14023.56速DCT15.54輪マクファーソンストラット式4輪ディスク式
(前輪のみベンチレーテッド型)
215/65R16 3シーズン299
リミテッド4,2551,8051,6952,5701705.5FF1.4L直4ターボ
(アイドリングストップ機構付)
ハイオク14023.56速DCT15.54輪マクファーソン
ストラット式
4輪ディスク式
(前輪のみベンチレーテッド型)
215/60R17 3シーズン322
トレイルホーク4,2601,8051,7252,5702005.54WD2.4L直4NAレギュラー17523.59速トルコンAT10.44輪マクファーソン
ストラット式
4輪ディスク式
(前輪のみベンチレーテッド型)
215/60R17
マッド&スノー
350

エアロダイナミクスを追及したスタイリングが特徴の「コンパス」

ジープコンパス

ジープのラインナップの中で、レネゲードとチェロキーの間に位置するのが「コンパス」です。

外観面では、レネゲードともチェロキーとも異なる、エアロダイナミクスを追及したフォルムが持ち味です。

駆動方式は、レネゲードと同じようにFFとオンデマンド式4WDが設定されています。

エンジンは全車2.4L直4で、走破性を高める機構として、4WD車に4段階の走行モード切替ができる「セレクテインシステム」が装備されます。

また、予防安全システムはレネゲードと同じように、「前面衝突警報」や「レーンセンス」などが設定されています。

グレード体系とスペック、および価格は以下のとおりです。

グレード名全長(mm)全幅(mm)全高(mm)ホイールベース(mm)最低地上高(mm)最小回転半径(m)駆動方式エンジン使用ガソリン最高出力(ps)最大トルク(kg・m)トランスミションJC08モード燃費(km/L)サスペンションブレーキタイヤ価格(万円)
スポーツ4,4001,8101,6402,6351805.7FF2.4L直4NA(アイドリングストップ機構付)レギュラー17523.46速トルコンAT11.94輪マクファーソンストラット式4輪ディスク式(前輪のみベンチレーテッド型)215/65R16323
ロンジチュード4,4001,8101,6402,6351805.7FF2.4L直4NA(アイドリングストップ機構付)レギュラー17523.46速トルコンAT11.94輪マクファーソンストラット式4輪ディスク式(前輪のみベンチレーテッド型)225/60R17351
リミテッド4,4001,8101,6402,6351805.74WD2.4L直4NAレギュラー17523.49速トルコンAT9.64輪マクファーソンストラット式4輪ディスク式(前輪のみベンチレーテッド型)225/60R17419

初代ジープの流れをくみ、高い走破性を誇る「ラングラー」

Wrangler and Wrangler Unlimited(ラングラー アンリミテッド)

ジープのラインナップの中で、初代ジープの流れをくむモデルが「ラングラー」です。

独立したフロントフェンダーを持つ無骨なスタイリングは、まさに初代ジープを彷彿とさせます。

ボディタイプは、4ドアの「アンリミテッド」シリーズのほかに、ジープ唯一の2ドア車「サハラ」も用意されます。

駆動方式は、手動で2WD/4WDを選択するパートタイム式4WDで、搭載されるパワートレインは3.6L V6エンジンと副変速機付5速トルコンATの組み合わせです。

強固なラダーフレームやタフな4輪リジッドサスペンションと相まって、悪路走破性はジープの車種の中でもナンバーワンです。

また、水洗いできるフロアを持つことも、ラングラーならではの特徴となっています。

ただ、基本設計が古いこともあり、最新の予防安全システムは用意されません。

グレード体系とスペック、および価格は以下のとおりです。

グレード名全長(mm)全幅(mm)全高(mm)ホイールベース(mm)最低地上高(mm)最小回転半径(m)駆動方式エンジン使用ガソリン最高出力(ps)最大トルク(kg・m)トランスミションJC08モード燃費(km/L)サスペンションブレーキタイヤ価格(万円)
サハラ4,1851,8801,8452,4252256.0パートタイム4WD3.6L V6NAレギュラー28435.45速トルコンAT+副変速機7.94輪コイルリジッド式4輪ディスク式(前輪のみベンチレーテッド型)255/70R18396.36
アンリミテッドスポーツ4,7051,8801,8452,9452207.1パートタイム4WD3.6L V6NAレギュラー28435.45速トルコンAT+副変速機7.54輪コイルリジッド式4輪ディスク式(前輪のみベンチレーテッド型)255/70R18412
アンリミテッドサハラ4,7051,8801,8452,9452207.1パートタイム4WD3.6L V6NAレギュラー28435.45速トルコンAT+副変速機7.54輪コイルリジッド式4輪ディスク式(前輪のみベンチレーテッド型)255/70R18445

モダンなスタイリングを持つジープの主力モデル「チェロキー」

チェロキー

ジープのラインナップの中で、主力モデルとなるのが「チェロキー」です。

スタイリングは、伝統の7スロットグリルを受け継ぎながらも、LEDヘッドランプや「ウォーターフォールフード」と呼ばれるボンネットの採用などにより、モダンな雰囲気を醸しています。

駆動方式は全車オンデマンド式4WDで、パワートレインは3.2L V6エンジンと9速トルコンATの組み合わせです。

走破性を高める機構としては、5段階の走行モード切替ができる「セレクテインシステム」や、上り坂や下り坂で自動で低速を維持する「セレクスピードコントロール」が設定されます。

また、予防安全システムとして全車に「前面衝突警報」や「レーンセンス」などが標準装備されます。

グレード体系とスペック、および価格は以下のとおりです。

グレード名全長(mm)全幅(mm)全高(mm)ホイールベース(mm)最低地上高(mm)最小回転半径(m)駆動方式エンジン使用ガソリン最高出力(ps)最大トルク(kg・m)トランスミションJC08モード燃費(km/L)サスペンションブレーキタイヤ価格(万円)
トレイルホーク4,6301,9051,7402,7202205.8オンデマンド4WD3.2L V6NA(アイドリングストップ機構付)レギュラー27232.19速トルコンAT10.1前:4輪マクファーソン式/後:マルチリンク式4輪ディスク式245/65R17オールシーズン494.1
リミテッド4,6301,8601,7252,7202055.8オンデマンド4WD3.2L V6NA(アイドリングストップ機構付)レギュラー27232.19速トルコンAT10.1前:4輪マクファーソン式/後:マルチリンク式4輪ディスク式225/55R18 3シーズン499.5

堂々たるボディを持つジープの旗艦モデル「グランドチェロキー」

グランドチェロキー

ジープのラインナップの中で最上級に位置する旗艦モデルが、「グランドチェロキー」です。

スタイリングは、弟分のチェロキーよりも無骨でたくましいイメージにまとめられています。

また、旗艦モデルにふさわしく、ほかのどのジープ車よりも豪華な内装が備わります。

駆動方式は、弟分がオンデマンド式4WDであるのに対し、常時4輪を駆動するフルタイム式4WDを採用するのが特徴です。

エンジンは3.6L V6のほかに、非常にパワフルな6.4L V8も用意されます。

また、ジープのラインナップで唯一エアサスペンションが設定されるのも、旗艦モデルならではです。

機構・装備面では、路面状況に応じた走行モードが選べる「セレクテインシステム」または「セレクトラックシステム」が備わるほか、予防安全システムの「前面衝突警報」や「レーンセンス」などが設定されます。

グレード体系とスペック、および価格は以下のとおりです。

グレード名全長(mm)全幅(mm)全高(mm)ホイールベース(mm)最低地上高(mm)最小回転半径(m)駆動方式エンジン使用ガソリン最高出力(ps)最大トルク(kg・m)トランスミションJC08モード燃費(km/L)サスペンションブレーキタイヤ価格(万円)
ラレード4,8351,9351,8252,9152305.7フルタイム4WD3.6L V6NA
(アイドリングストップ機構付)
レギュラー29035.48速トルコンAT9.6前:4輪ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
4輪ディスク式(前輪のみベンチレーテッド型)265/60R18499
リミテッド4,8351,9351,8052,9152105.7フルタイム4WD3.6L V6NA(アイドリングストップ機構付)レギュラー29035.48速トルコンAT9.6前:4輪ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
4輪ディスク式(前輪のみベンチレーテッド型)265/60R18610
サミット4,8801,9451,8052,9152105.7フルタイム4WD3.6L V6NA(アイドリングストップ機構付)レギュラー29035.48速トルコンAT9.6前:4輪ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
4輪ディスク式
(前輪のみベンチレーテッド型)
265/50R20675
SRT84,8501,9851,8002,9151955.7フルタイム4WD6.4L V8NAハイオク46863.68速トルコンAT前:4輪ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
4輪ディスク式
(前輪のみベンチレーテッド型)
295/45ZR20810

ジープでおすすめナンバーワンの車種は「チェロキー」

これまで解説したジープ各車種の特徴やスペックを踏まえた上で、おすすめ車種を1台あげるとすれば、「チェロキー」です。

伝統とモダンが調和したスタイリングが魅力的ですし、ボディサイズも持て余すほど大きくはありません。

走行性能の面でも、オンロードでの快適性とオフロードの走破性が両立しています。

さらに、快適装備や安全装備も充実しているなど、大きな死角は見当たりません。

グレードの選択は、よりオフロード性能を重視した「トレイルホーク」と、快適装備を重視した「リミテッド」のどちらも甲乙つけがたいので、お好み次第になるでしょう。

もし、チェロキーなどジープの車種に買い替える場合は、愛車を車の一括査定を利用して手放すことをおすすめします。

なぜ車の一括査定がおすすめなのかと言うと、簡単な手続きをするだけで愛車に一番高い査定額を付けてくれる中古車買取店が見つかる、大変便利なサービスだからです。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
  • 【 ナビクルって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

Jeep(ジープ)
Profile
Ayumu

1988年、千葉県生まれ。小学生の頃からモーターショーに通う車好き。メカよりも外装や内装、車種名にくわしい人です。愛車はN-BOX。車、ファッション、キャンプなど気に入ったものを紹介するライフスタイル系ブログです。



YUALOG / ユアログ