【個人情報なし】住所、氏名、電話番号なしで車の査定をする方法

車の査定・買取

査定を受けるときに住所、氏名、電話番号などの個人情報を業者に伝えることがほとんどです。

わたしは「査定を受けるだけなのに、なんで個人情報を伝えないといけないのかな…」と思っていて、同じ考えの人も多いと思います。

個人情報なしで査定を受けることは可能なのか?そのあたりを検証してみました。

結論からお伝えすると、完全匿名(個人情報一切不要)で査定を受けることはできません

ただし、個人情報の漏れを最小限する方法があります

記事でくわしく紹介していきますが、個人情報をなるべく漏らさずに査定を受けたいならユーカーパックが1番おすすめです。

\ 45秒のかんたん入力 /

個人情報なしで車の買取査定をすると損をする?

個人情報なしで車の買取査定をすると損をする?

車の査定を個人情報なしでしてもらうことは可能なのでしょうか?

最初に伝えたとおり、個人情報なしで査定を完結させることはできません

個人情報なしで車の査定をしてもらうには、いくつか方法があります。ただし厳密に言うと、最初は「匿名」というだけで最終的に住所や電話番号が求められます。

わたしなりにいろいろ調べてみたのですが、車を売るときは個人情報のことを気にしすぎると損をすることも多いことに気が付きました。

ようするに、個人情報が少なくて済む査定業者は買取額が低くなりやすいということです。

「個人情報なし」で車を売るメリット

「個人情報なし」で車を売るメリット

個人情報なしで査定を受けられる代表的な業者として、査定バンクなどの「個人情報保護型」の査定サービスがあります。

「個人情報保護型サービス」のメリットは、最終的に査定をしてもらう買取店だけに個人情報を伝えれば良い点です。つまり、複数の買取業者に個人情報を伝えずに済みます。

むかしに比べると、個人情報の取扱いは厳しくなっています。それでも、情報漏洩などのニュースは少なくありませんよね。

ですから、結果的に買取をしてもらう買取店だけに個人情報を伝えればいいので、流出する心配が減ります。これが個人情報なしで受けられる車査定のメリットです。

個人情報を守ろうとすると、車が売りにくくなる

しかし、個人情報保護型の査定サービスは一般的な一括査定とはちがって特殊なため、デメリットも少なくありません。

  • ①入札制のため買い手がまったくつかないことがある
  • ②匿名のため高額査定してくれる大手買取店の参加が望めない
  • ③「とりあえずWebで見積り」ができない(査定士が必ず来る)
  • ④選択した買取店には個人情報を求められる

①買い手がつかないと車が売れない

個人情報保護型の査定は、基本的に入札制です。
わかりやすくいえば、オークションみたいなもの。どこかの業者が「ウチが買います」と手を挙げない限りは車は売れません。

そのため、必要時間に時間がかかったり、結果的に車が売れずに他の業者をさがすハメになることもあります。

買取業者に直接見積もり査定をしてもらえる一括査定などは、即日で買取額がわかるなどスピーディな対応が期待できます。

②匿名なので大手買取店が参加しにくい

個人情報保護型の査定は、あまり有名ではないので大手買取店が参加しない傾向があります。

そのため、いわゆる”悪徳業者”が出てくる可能性も否定できません。

一括査定などは基本的に安心できる上場会社などが多く、加盟業者も公表されています。

あやしい業者を排除するという意味では、個人情報なしの車査定では不十分です。

③ネット上で見積もりができない

当サイトでも紹介している一括査定は、カンタンな情報を入力するだけで”その場”で見積もり額を見ることができます。つまり、スマホやパソコンの画面に査定額が表示される仕組みです。

スマホやパソコン上に査定額が出るということは、実車査定を受けることなく買取額の目安を知ることができるのは安心感があります。

一方の個人情報保護型は、査定士に見積もりをしてもらうまで査定額がわかりません。つまり、実車査定なしでは愛車の金額がわからないのです。

④選択した買取店には個人情報を求められる

個人情報なしとはいっても、買取店が決まって実際に売却するときには住所や氏名、電話番号などの記入が求められます。

これはどんなクルマ買取を利用しても同じで、最終的に個人情報は業者に伝える必要があります。そうしないと、代金の振込や名義変更の手続きができないからです。

満足度では「個人情報保護型 < 一括査定」

満足度では「個人情報保護型 < 一括査定」

メリットは多少あるかもしれませんが、わざわざこうした「匿名系」の査定サービスを活用するのであれば、通常の一括査定を使ったほうが明らかに効率的に高く売却できます

個人情報の取扱いについては、査定情報の入力のときにくわしい説明を見ることができます。査定業者も個人情報の扱いには厳しくなっているため、情報流出の心配はありません。

そしてなにより、入力する個人情報の項目は非常に少なくなっています。

かかる手間はほとんどありませんので、わずわらしさはほとんど感じられません。

わたしも住所や電話番号をなるべく人に教えたくない性格なのですが、車の売却についてはちょっと割り切ってます。というのも、車は業者によって買取金額に大きな差が生まれるからです。

当たり前のように数十万円単位で差がつくので、個人情報は伝えて高く売れる業者を選ぶようにしています。

最初に紹介したユーカーパックは、個人情報をユーカーパック1社にしか教えなくていいので、住所や氏名の入力が最小限で済むためおすすめです。

個人情報不要の「下取りシュミレーション」は参考になるの?

個人情報不要の「下取りシュミレーション」は参考になるの?

これまでの説明のとおり、実際に車を売ることになった場合は、どんな業者であれ個人情報を伝えないで査定を完了させることはできません。

しかし、なかには「とりあえず買取価格の概算だけでも知りたい」という方もいらっしゃることでしょう。

そんなときに活用したいのがメーカーの下取りシュミレーションです。

たとえばトヨタ自動車の公式サイトには「下取り参考価格シミュレーション」というサービスがあります。

これはメーカー・車名・年式を入力するだけで参考下取り価格を調べることができるもの。
愛車のザックリとした価値を知るには便利かもしれません。

しかし、本当に車を売りたいと思っている人にとっては、残念ながらあまり役に立つとは言えないものです。

その理由は大きく分けて3つあります。

  • ①「下取り」と「買取」は別物である
  • ②走行距離やグレードが考慮されてない
  • ③事故歴、キズ、時期で査定額は大きく変わる

①「下取り」と「買取」は別物である

そもそもメーカーの下取りシミュレーションは下取り価格を調べるものなので、買取査定の概算を知りたいときには向きません。

ディーラーの下取りというのは買取価格よりも安くなるので、基準が全然違います。ですから、下取りシミュレーションで出た金額よりも、買取業者の買取金額のほうが高くなります。

車を売りたい人がディーラーの下取りを避けるべき3つの理由とは?
車を売りたいと思ったとき、あなたはドコで売却しますか? 新車に買い替える人はディーラー、中古車に買い替える人は中古車販...

②走行距離や車のグレードが考慮されてない

中古車の査定で最も重要な項目の1つである「走行距離」が、下取りシミュレーションでは考慮されません。

車の価値は走行距離で決まる部分が大きいため、走行距離によっては相場価格とは大きくかけ離れることになります。

年式と走行距離、中古車の査定で重要なのはどっち?
車の査定を受けるとき、年式と走行距離はどちらが重要なのでしょうか? 車の査定は、さまざまな項目から中古車としての価...

③事故歴、キズ、売る時期によって査定額は大きく変わる

また、キズや事故歴がある車の場合には実車を査定してもらわない限り、正確な見積額はわかりません。

言うまでもありませんが、車に大きなキズがあったり、事故歴(修復歴)があると査定額が下がるので、車を実際に見てもらう必要があります。

たとえ下取りシミュレーションで高い金額が出ても、実際には減額されてしまう可能性も大いに考えられるわけです。

【事故車でも高く売れる】事故車の買取額が低い理由と高く売る3つのポイント
事故車の査定額および買取額が低い理由をわかりやすく解説。事故車は査定額が安くなるのが現実ですが、じつは高く売るためのコツがあります。事故車を最高額で売る方法も解説しますね。

結果的に、個人情報を伝えて正解だった話

結果的に、個人情報を伝えて正解だった話

わたしが以前、車を手放したときの話です。

最初の説明のとおり個人情報をむやみに伝えることに抵抗があったので、ひとまずシュミレーションで下取り価格を調べてみました。

そこで出た金額は62万円。まずまずかなと思い、実際にディーラーに行って下取りの見積りを依頼しました。驚いたことに、なんと51万円しかつかなかったのです。

シュミレーションで調べた価格よりも低くなるのは覚悟していましたが、まさか11万円もマイナスになるとは。正直落ち込みました…。

もちろんあくまでもシミュレーションですから、実車査定を受けて減額となるのは仕方ありません。

とはいえ、やはり査定額が下がるという心理的なマイナスは覚悟しておく必要があります。

意外なのは、個人情報を伝えても全然平気だったこと

個人情報なしのディーラー下取り査定には満足できなかったので、そのあと意を決して一括査定に申し込みます。

申し込む前は「個人情報を伝えると電話がなりまくって家に押しかけられるのではないか…」という恐怖がありました。

しかし、実際に使ってみるとそんなことはありませんでした。

担当者とやり取りをして、出張査定の日取りを決める。あとは当日、車を見てもらうだけです。

ユーカーパックを使うと、電話がユーカーパック1社からしかかかってきません。個人情報も最小限で済むのでおすすめです。

+38万円の査定には正直、半信半疑だった

業者の入札で少しずつ金額がせり上がっていくのですが、最も高い査定額はなんと89万円

記事の最後でもふれていますが、ディーラーの下取り見積りが51万円でしたので、プラス38万円にもなりました。

実際に一括査定を使ってみて、個人情報なしの「完全匿名」で車を高く買い取ってもらうなんて上手い話はないんだなと思いました。

個人情報を伝えて、現物の車を査定士に見てもらわないことには本当の見積額はわかりません。

結果的には高く売却できたので、個人情報を伝えて正解だったなと思います。

なぜ個人情報を入力しないといけないのか

なぜ個人情報を入力しないといけないのか

よく考えると「個人情報なしでも現物の査定ぐらいできるのでは?」を思う人もいるのではないでしょうか。

のちほど紹介する「かんたん車査定ガイド」は個人情報の入力が必要です。
入力が必要な項目は以下のとおり。

  • ・名前
  • ・電話番号
  • ・郵便番号
  • ・住所
  • ・メールアドレス

これだけの項目を見ると、つい「面倒だな…」と思ってしまいます。なぜこまかい住所の入力が必要なのでしょうか?

それは、あなたに最適な車買取店を見つけるためです。

車買取店はその地域にさまざまなタイプがあります。
ガリバーラビットのような大手から、特定のジャンルに特化した専門店もあります。

これらの買取店のなかから、あなたの車が最も高く売れるような買取店をお住まいの住所から厳選してくれるわけです。

つまり、個人情報を入力することであなたの車はより高く売ることができるようになるといえます。

住所や電話番号の入力に抵抗がある人も、まずは一括査定を試してみてはいかがでしょうか。

個人情報なしの査定より、買取額が数十万円も高くなることがあるので、活用しない手はありません。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

車の査定・買取
この記事を書いた人
車谷よしひこ

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。千葉県在住。現在の愛車はボルボ・V60です。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト