【最安】新車の軽自動車で1番安い車種をメーカー別に比べてみた

【最安】新車の軽自動車で1番安い車をメーカー別に比べてみた 軽自動車

新車で1番安い軽自動車は、どの車種なのでしょうか?

新車を買うのは何とも楽しいですよね。
でも、予算は限られていますから何でも好きな車を買うのは現実的に難しくもあります。

少ない予算で車を楽しみたい!
そんな人に向けて、今回は「新車の軽自動車で1番安い車」をご紹介します。

結論から言うと、価格と性能のバランスみたときにはスズキとダイハツの二択で考えると良いでしょう。

【アルト】スズキの新車価格が1番安い軽自動車

軽自動車を語る上で欠かせないのがスズキです。

スズキで新車価格が1番安い軽自動車は「アルト」です。
アルトスズキ

  • ・本体価格:847,800円〜
  • ・燃費:37km/L
  • ・エコカー減税対象

モデルチェンジを経て生まれ変わった「アルト」はそのデザイン性も注目されています。

燃費も抜群。安全性能も十分ですが、歩行者への自動ブレーキには対応していません。

新車価格は84万円〜と軽自動車を購入するならぜひ検討したい1台です。

価格、安全性という2つの条件をクリアする、日本を代表する軽自動車といえるでしょう。

【ミライース】ダイハツの新車価格が1番安い軽自動車

ダイハツも軽自動車の人気が高いメーカーの1つです。

ダイハツで新車価格が1番安い軽自動車は「ミラ イース」です。

ダイハツで一番安い軽自動車

  • ・本体価格:842,400円〜
  • ・燃費:32.2〜35.2km/L
  • ・エコカー減税対象

「ミラ es」は”eco”と”smart”の頭文字をとったネーミングだけあってその性能は抜群です。

燃費の良さは言うまでもありませんが、ダイハツ独自の「スマートアシスト」で安全性を追求している点も見逃せません。

前方不注意で前の車とぶつかりそうになると、自動ブレーキで衝突を回避してくれます。

さらに歩行者の認識にも対応しているため、万が一のときも安心です。スズキ・アルトは歩行者への自動ブレーキに未対応なので、比べるとミラースのほうが優位ですね。

新車の価格はスズキ「アルト」とくらべて大きな価格差はありません。

【デイズ(DAYZ)】日産の新車価格が1番安い軽自動車

日産の軽自動車はそこまで種類が多くありません。
日産で新車価格が1番安い軽自動車は「デイズ(DAYZ)」です。

日産デイズ

  • ・本体価格:1,157,760円~(税込)
  • ・燃費:30.0km/L
  • ・エコカー減税対象

燃費や新車価格はスズキやダイハツにおよびませんが、デイズは停車前のアイドリングストップで燃費性能を向上しています。

また、軽自動車で初めて「アラウンドビューモニター」を採用。運転が苦手な人でも車庫入れや縦列駐車がカンタンにできます。

エマージェンシーブレーキを搭載しているので、安全性能もバッチリです。さらに、暗い夜道でも安全に運転できる「ハイビームアシスト」を軽自動車で初採用。ロービームとハイビームを自動で切り替えてくれます。

夜道ではハイビームにすることで歩行者との事故を大幅に減らせることがわかっていますので、ポイントの高い機能です。

ただし、価格は決して安くありません。アルトやミライースに比べると、約30万円高いです。

そのぶん、安全性と走行性能が高いので、「少しだけ良い軽自動車に乗りたい人」におすすめの1台ですね。

【N WGN】ホンダの新車価格が1番安い軽自動車

ホンダはN BOXの大ヒットをはじめ、軽自動車が爆発的に売れています。

ホンダで新車価格が1番安い軽自動車は「N WGN(ワゴン)」です。

N WGN Honda

  • ・本体価格:1,090,000円~
  • ・燃費:29.4km/L
  • ・エコカー減税対象

ホンダには「Nシリーズ」という軽自動車のシリーズがありますが、そのなかで価格が1番安いのが「Nワゴン(N WGN)」です。

軽自動車で初めて、新安全性能評価で「5つ星」を獲得。

燃費や価格面では劣りますが、ホンダの安心感は他車にはない特徴といえそうです。

また、後部座席のスペースの広さは特筆すべきものがあります。家族4人で乗っても比較的快適に過ごせるはずです。

すべてのガラスで、日焼けの原因となるUV(紫外線)を約99%カット。子どもや女性にも嬉しい機能が満載です(タイプ別設定)。

さらにオプション設定にはなりますが「プラズマクラスター技術搭載 フルオート・エアコンディショナー」も搭載しています。

ホンダ車のなかで価格が安いとはいえ、軽自動車で100万円を超えているのは気になるところ。

軽自動車に安さを求めるのであれば、スズキやダイハツを検討したほうがいいかもしれません。

【ekワゴン】三菱自動車の新車価格が1番安い軽自動車

eKワゴン

三菱自動車は、ラインナップは少ないですが軽自動車も用意されています。

価格が一番安いのはeKワゴンです。

  • ・本体価格:1,220,400円〜
  • ・燃費:25.8 km/L
  • ・三菱e-Assist搭載で安全性が高い

スズキやダイハツの車種と比べて地味なのは、ekワゴンの最大の特徴が安全性にあるからかもしれません。」

じつは三菱自動車の安全技術は他のメーカーと比べても高く、それを一番安い車種であるeKワゴンに搭載しているのは大きなポイントです。

踏み間違い衝突防止アシストや衝突軽減ブレーキなど、日常的に運転する人にとっては嬉しい限りですよね。

ただ、やはり価格の高さが気になると思います。燃費も軽自動車のわりに良くないですね。

正直なところ、ekワゴンを一番手に選ぶ理由はありません。

安い軽自動車への買い替えならスズキorダイハツ

  • ・スズキ「アルト」 847,800円〜
  • ・ダイハツ「ミライース」 842,400円〜
  • ・日産「デイズ」 1,157,760円~
  • ・ホンダ「N WGN(ワゴン)」 1,090,000円~
  • ・三菱自動車「ekワゴン」 1,220,400円〜

新車の価格をくらべてみると、やはりスズキ「アルト」とダイハツ「ミライース」が群を抜いています。

燃費性能もこの2社が争っている状況なので、1番安い軽自動車であれば、いずれかの選択になりそうです。

少し前の軽自動車は「安くて乗り心地が良くない」というのが当たり前でした。
しかし、最近は「安くて乗り心地が良い」軽自動車が増えています。

とはいえ、200万円を超える軽自動車が登場するなど、価格帯はピン入りです。

自動ブレーキなどの安全機能はグレード別の設定になるため、低価格を求めるのであればあきらめるしかありません。

デザインなどは好みが分かれるところですが、価格や性能を総合的に見るとダイハツ・ミライースに軍配が上がるでしょう。

軽自動車を少しでも安く買うためのコツとは?

1番安い軽自動車への買い替えであれば、予算面で有利に購入したいところです。
そのためには、いま乗っている車をできるだけ高く買い取ってもらうことも重要。

いま乗っている車が高く売れれば、1番安い軽自動車のグレードを上げることもできます
あるいは、予算が増えれば少し高い軽自動車を買うことも可能になるでしょう。

一括査定を使うと、効率的に査定してもらうことができるのでオススメですよ。

あなたの愛車を最高額で売るために、まずは一括査定で買取店に見積もりを出してもらいましょう。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

なぜ軽自動車はここまで人気が出たのか?

軽自動車は以前にくらべると販売台数が非常に伸びています。

その理由はおもに5つに分けられます。

  • ①燃費が良い
  • ②室内空間が広くなった
  • ③維持費(税金や自動車保険)が安い
  • ④新車でも価格が安い
  • ⑤安全性能が向上した

軽自動車は燃費が良い

軽自動車は燃費が良い

軽自動車がここまで人気を集めている最大の理由は「燃費の良さ」にあります。

メーカによって燃費性能には差があるものの、「20km/L以上」は当たり前。

燃費が特に良い車だと「37km/L」を超えるものすらあります。

軽自動車の燃費が良くなる理由としてはもちろんエンジン性能の向上もあります。

それ以外にも普通車に比べると「車体が軽い」という点もあげられます。

車体が重いと、そのぶんだけ燃費が悪くなりますので、車体が軽い軽自動車は燃費の面で有利です。

ガソリン代が高くなっても家計への影響が少ないところも、軽自動車が支持される理由といえるでしょう。

室内空間が広くなった

室内空間が広くなった

昔は軽自動車といえば「せまい乗り物」というイメージが当たり前でした。しかし、いまの軽自動車は違います。

できるだけ室内空間を削らないように作られたパーツによって、普通車とくらべても負けない、あるいはそれ以上の室内空間を実現しています。

ですから、ちょっとした旅行も軽自動車で行けますし、大きさによっては車中泊も十分に可能です。

室内空間を広くするための工夫として、たとえばピラーレスのスライドドアがあります。ピラーレスをわかりやすくいうと「柱がない」ということです。

前の席と後ろの席にある支柱がなくなるので、乗り降りや荷物の出し入れもラクチンです。

またトールワゴンと呼ばれるような、車高の高い車も多く登場しています。価格は少し上がりますが、室内空間を重視する人は検討する価値があるでしょう。

ファミリーカーとも呼べるほど広く使える軽自動車も多いので、家族や子どもがいる家庭で乗るのにも適しています。

軽自動車で十分!家族にピッタリのおすすめファミリーカー
大人数や子どもがいる家族にもおすすめできる軽自動車をご紹介します。もはやファミリーカーともいえるほど広い室内と、女性でも運転しやすい軽自動車がたくさんあります。

軽自動車は維持費が安い

軽自動車は維持費が安い

軽自動車はお金がかかりません。車両価格の安さもさることながら、トータルの維持費が非常に安い。

特に顕著なのが自動車税(軽自動車税)です。

普通車であれば排気量に応じて自動車税が変わってきます。

排気量が6Lを超えると何と年間111,000円もの自動車税が発生してしまうんです。

以下は普通乗用車の自動車税です。

乗用車の自動車税額
排気量税額
1リットル以下29,500円
1リットル超
1.5リットル以下
34,500円
1.5リットル超
2リットル以下
39,500円
2リットル超
2.5リットル以下
45,000円
2.5リットル超
3リットル以下
51,000円
3リットル超
3.5リットル以下
58,000円
3.5リットル超
4リットル以下
66,500円
4リットル超
4.5リットル以下
76,500円
4.5リットル超
6リットル以下
88,000円
6リットル超111,000円

一方、軽自動車税は1年間で一律7,200円と決まっています。

2015年4月1日以降に新車登録された軽自動車については1年間で一律10,800円に増税されますが、それでも十分な安さです。

どの車種に乗っても税金が安いというのは、軽自動車の大きなメリットといえるでしょう。

新車価格が乗用車よりも安い

新車価格が安い

言うまでもありませんが、乗用車よりも価格の面で優れています
あとでくわしく紹介しますが、軽自動車であればもっとも価格の安いもので80万円台から新車が手に入ります。

乗用車だと100万円台〜が最安となるので、購入費用を抑えたい人にとって軽自動車は魅力です。

軽自動車なら新車が100万円以下で買える!おすすめの人気車種ランキング

安全性能が向上した

安全性能が向上した

車同士や歩行者と衝突したときの、搭乗者の安全性は乗用車にはかなわないのが軽自動車の欠点です。

しかし、最近ではダイハツの「スマートアシスト」に代表される安全機能が軽自動車にも装備され、その機能は年々向上しています。

搭乗者の保護はもちろんですが、万が一歩行者と衝突したときの自動ブレーキシステムなども軽自動車を選ぶときに重視したいところです。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
軽自動車
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト