買うならどっち?「ギブリ」と「クアトロポルテ」の違いを徹底比較!

買うならどっち?「ギブリ」と「クアトロポルテ」の違いを徹底比較!マセラティ(Maserati)

高級車メーカーとして知られるイタリアのマセラティが生産する高性能GTカーが、「ギブリ」と「クアトロポルテ」です。

ともに4ドアセダン型のボディと、似たようなスタイリングを持っていますが、違いがどこにあるのかを徹底的に比較してみました。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

ギブリとクアトロポルテのボディの違いを比較

まず、ギブリとクアトロポルテのボディの違いを比較してみましょう。

ボディのスペックは、以下のとおりになります。

車名全長(mm)全幅(mm)全高(mm)ホイールベース(mm)車両重量(kg)最小回転半径(m)
ギブリ4,9851,9451,4853,0001,980~2,1005.85
クアトロポルテ5,2701,9501,4703,1702,000~2,0605.9

2台を比べると、クアトロポルテはギブリよりも長く広く、そして低いプロポーションを持っていることが分かります。

ヨーロッパでクラス分けに用いられるセグメントであらわすと、どうなるでしょう。

ギブリは「メルセデス・ベンツ・Eクラス」や「BMW・5シリーズ」などと同じEセグメント、クアトロポルテは「メルセデス・ベンツ・Sクラス」や「BMW・7シリーズ」などと同じFセグメントに属します。

ギブリとクアトロポルテのグレードとエンジンの違いを比較

Ghibli ギブリ

次に、ギブリとクアトロポルテのグレードとパワートレイン(エンジンまわり)の違いを比較します。

まず、ギブリにラインナップされるグレードとパワートレインは、以下のとおりです。

グレード名駆動方式エンジン最高出力(ps)最大トルク(kgm)トランスミッション最高速度(km/h)0-100km/h加速(秒)ヨーロッパ複合サイクル燃費(L/100km)
ギブリディーゼルFR3L V6ディーゼルターボ27561.28速AT2916.35.9
ギブリFR3L V6ガソリンツインターボ35051.08速AT2915.58.9
ギブリSFR3L V6ガソリンツインターボ43059.28速AT2864.99.6
ギブリS Q44WD3L V6ガソリンツインターボ43059.28速AT2864.79.7

一方、クアトロポルテにラインナップされるグレードとパワートレインは、以下のとおりです。

グレード名駆動方式エンジン最高出力(ps)最大トルク(kgm)トランスミッション最高速度(km/h)0-100km/h加速(秒)ヨーロッパ複合サイクル燃費(L/100km)
クアトロポルテFR3L V6ガソリンツインターボ35051.08速AT2705.56.8
クアトロポルテSFR3L V6ガソリンツインターボ43059.28速AT2885.09.6
クアトロポルテSQ44WD3L V6ガソリンツインターボ43059.28速AT2884.89.7
クアトロポルテGTSFR3.8L V8ガソリン直噴ツインターボ53072.48速AT3104.710.7

ディーゼルエンジン搭載の「ディーゼル」はギブリのみに、3.8Lガソリンエンジン搭載の「GTS」はクアトロポルテのみに設定されていることが分かります。

ギブリとクアトロポルテのメカニズムの違いを比較

Ghibli ギブリのエンジン

次に、パワートレイン以外のメカニズムを比較してみると、サスペンション型式に違いがあります。

フロントはともにダブルウィッシュボーン式を採用する一方で、リアはギブリがマルチリンク式、クアトロポルテが5リンク式となっています。

また、クアトロポルテのみに駆動力を高める機械式リミテッド・スリップ・デフが装備されます。

ギブリとクアトロポルテの安全装備の違いを比較

Ghibli ギブリとクアトロポルテ

次に、ギブリとクアトロポルテ・シリーズの安全装備の違いを比較してみましょう。

安全運転支援システムは、ギブリ、クアトロポルテともに全車に標準装備されますが、以下に示すように内容が一部異なっています。

車名レーン・キーピング・アシストストップ&ゴー機能搭載アダプティブ・クルーズ・コントロールアクティブ・ブラインド・スポット・アシスト/リア・クロス・パス機能ブラインド・スポット・アラート/アクティブ・ブラインド・スポット・アシスト道路標識認識前方衝突警告プラス
ギブリ×
クアトロポルテ×

ここで、ギブリに付く「アクティブ・ブラインド・スポット・アシスト」と、クアトロポルテに付く「ブラインド・スポット・アラート/アクティブ・ブラインド・スポット・アシスト」の違いを説明します。

ギブリは車線変更時の警告を選ぶことができる

まず、ギブリのアクティブ・ブラインド・スポット・アシストの機能ですが、ほかの車が死角に入るとドアミラーの警告灯が点灯します。

さらに、ドライバーがその方向への車線変更を開始した場合のシステム動作として、「警告表示を継続」「警告表示に加え警告音でお知らせ」「システムがステアリング補正をおこなう」の3段階の設定を選ぶことができます。

クアトロポルテは他社が死角に入るとドアミラーの警告灯のみ

一方、クアトロポルテのブラインド・スポット・アラート/アクティブ・ブラインド・スポット・アシストの機能は、ほかの車が死角に入るとドアミラーの警告灯が点灯するまでは、ギブリのアクティブ・ブラインド・スポット・アシストと同じです。

しかし、そこから先はギブリと異なり、ドライバーが設定を選ぶことはできません

まず、ドアミラーの警告灯が点灯している状態でその方向にウインカーを出すと、警告音でお知らせします。

さらに、それを無視して車線変更しようとすると、システムがステアリング補正をおこないます。

また、ギブリのみに付く「リア・クロス・パス機能」とは、駐車スペースからバックで出る際に、左右側面から接近してくる車を検知すると警告音でお知らせする機能になります。

ギブリとクアトロポルテの価格を比較

Quattroporte クアトロポルテ

続いて、ギブリとクアトロポルテの各グレードの価格を比較します。

まず、ギブリの各グレードの価格は以下のとおりです。

  • ・ギブリディーゼル 953万円~
  • ・ギブリ 935万円~
  • ・ギブリS 1,093万円~
  • ・ギブリS Q4 1,176万円~

次に、クアトロポルテは以下のとおりになります。

  • ・クアトロポルテ 1,225万5,500円~
  • ・クアトロポルテS 1,420万円~
  • ・クアトロポルテS Q4 1,524万円~
  • ・クアトロポルテGTS 1,970万円~

同じグレード同士で比べると、クアトロポルテの方が3割ほど高価になっています。

ギブリとクアトロポルテでは、どちらがよいのか?

Quattroporte クアトロポルテとギブリ

ギブリとクアトロポルテでは、どちらがよいのでしょうか?

クラスが異なるので優劣を決めるのは難しいのですが、山道などで機敏な走りを楽しみたいなら、ボディがコンパクトなギブリが向いているでしょう。

一方、高速道路を利用して長距離を走るなら、ホイールベースが長いクアトロポルテの方が乗り心地の面で有利になります。

しかし、どちらも非常にコストのかかった高級車なので、満足度に大きな違いはないはずです。

もし、ギブリかクアトロポルテに乗り換えるため、いま乗っている車を手放す場合は、車の一括査定の利用をおすすめします。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで、愛車に一番高い査定額を付けてくれる買取店が見つかる大変便利なサービスです。

マセラティの車種は言うまでもなく高価ですから、少しでも愛車を高く売却して予算を確保したいですね。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
  • 【 ナビクルって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

マセラティ(Maserati) 車の選び方・おすすめ車種
サイト運営者
アユム

毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。最近、2012年式のボルボ・V60からN-BOXに乗り換えました。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県生まれ。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ