【査定額アップ】雨の日に車を売ると買取額が高くなる理由

【査定額アップ】雨の日に車を売ると買取額が高くなる理由 車の査定・買取

車の査定で、少しでも高く見積もりを出してもらうためには色々なテクニックがあります。
そのテクニックの1つに「雨の日に査定を依頼する」という方法があります。

本当に雨の日に査定をしてもらうと、査定額が高くなるのでしょうか?

結論としては、高くなるときもあれば、低くなるときもあります。ちょっとモヤモヤする結論ですが、くわしく解説します。

\ 45秒のかんたん入力 /

雨の日は車の査定依頼が少なくなる。とういうことは…?

雨の日は車の査定依頼が少なくなる。とういうことは…?

雨の日には車の査定額が高くなるという話を耳にすることがあります。

その理由は、車の買取業者のノルマにあります。

普段の日はある程度の査定件数があるので、じっくり査定をしても問題ありません。
「この車はあまり高く買い取れません」というスタンスでも、十分に買取実績を作れるわけです。

しかし、雨の日は基本的に車の査定依頼件数が少なくなります。
ですから、そのぶん査定をアマく(高く)して、仕入れの件数を稼ごうとする業者がいます。

つまり、ちょっとくらい高く価格で査定を出してでも、買取実績をつくることを大切にするわけです。

そのため、天気の良い日に査定を行うよりも雨の日もほうが査定額が高くなる可能性があります。

極端に高い査定額が望めるわけではありませんが、やり方次第では通常時よりも数万円高くなることがあるので、雨の日を選ぶのは1つの方法です。

雨の日には細かいキズが目立たなくなる

雨の日には細かいキズが目立たなくなる

もう一つ、雨の日に査定額が高くなりやすい理由として、水滴で車のキズや凹みが目立たなくなるというものがあります。

晴れの日では目立っていた細かいキズが、雨の日ではわかりません。
ですから、車の状態にあまり自信がない場合には雨の日を選べば少し高い査定が見込めるかもしれません。

また、査定で本来見るべき車の下回りについても確認がアマくなる可能性があります。

これも大幅な増額は期待できませんが、少しでも有利な状況で査定をしてもらうことは大切です。

天気は選べるものではないですが、もし車の状態に自信がなければ梅雨時などを狙って査定を依頼するのもアリでしょう。

ただし、買取業者によって差があることだけは理解する必要があります。

後日、晴れた日に見て車の査定が減額されることはないの?

後日、晴れた日に見て車の査定が減額されることはないの?

雨の日に高く査定してもらったものの、あとでよく見たら傷が目立っているので車を引き渡したあとに減額となる…。そんな可能性はないのでしょうか?

基本的に、減額はないと考えてください。なぜなら、雨の日に高い査定額がつくのは、そのキズがわずかなものだからです。

言い換えれば「パッと見の印象が良くなる」という程度の話です。

後日、あらためて見た時に大きな差があるほどのちがいはありません。というより、目立つキズは雨ぐらいでは隠れないとも言えます。

ただし、減額が絶対にないとは言い切れません。

もし減額が心配であれば、査定士に「後日の減額はないか?」ということをしっかり確認しておいてください。

また契約書の内容をしっかり読んで、査定後の減額について記載がないか確認しましょう。

雨の日は査定額を低く見積もるケースもある

雨の日は査定額を低く見積もるケースもある

雨の日に車の買取額が高くなるケースもありますが、反対に査定額が低くなるケースもあります。

どういうことかというと、査定士が「雨の日で見落としているキズがあるかもしれないから、少し安く見積もりしておこう」という査定をすることがあります。

雨の日は傘をさしながら車の査定をしなければいけません。ですから、車の足回りや裏側を見ることはできませんよね。さきほど説明したとおり、水滴でキズも目立ちにくい状態です。

つまり、車のマイナスポイントを見落としている可能性があるから、ふだんよりも査定額を低くしておくわけです。

そうなると、雨の日に査定してもらうと損をすることになります。

最初に結論としてお伝えした「高くなるときもあれば、低くなるときもあります」というのはこういうことで、結局のところ査定をする業者次第ということです。

雨の日査定を行動にうつすための3つのステップ

雨の日査定の3ステップ

では実際に雨の日に査定を依頼して、できるだけ有利かつ高い価格で交渉を進めるにはどうすればいいのでしょうか?
3つのステップに分けて手順を進めていきましょう。

  • ①天気予報で雨の日を予測する
  • ②無料の一括査定に依頼する
  • ③業者から連絡が来るので、雨の日を指定して査定をお願いする

①天気予報で雨の日を予測する

雨の日をハズしてしまうと、このやり方は意味をなくしてしまいますが、自分の車の状態に自信がない場合には雨が降るであろう日にお願いしましょう。

②無料の一括査定に依頼する

雨の日に車をお店へ持ち込むのも1つの方法ですが、持ち込み査定はおすすめしませんん。その理由は以下の記事で解説しました。

【損をした話】車を売るときに持ち込み査定は避けるべき3つの理由
車を売るときに車を買取店に持ち込む人は多いと思います。じつは「持ち込み」査定だと、車を高く売るのがむずかしいのが現実です。持ち込み査定のメリットとデメリットをくわしく解説します。

お店へ持ち込むのではなく、ネットの一括査定を使ったほうがラクに高く売れるので断然おすすめです。

③雨の日を指定して査定してもらう

ネットの一括査定を依頼するとすぐに業者から連絡が来ますので、あらかじめ決めた日を指定して業者に来てもらいましょう。自宅でも無料で出張査定に来てくれます。

査定業者は基本的にいつでも動けるようにスケジュールを管理していますので、よほどのことがない限り、指定した日がNGということは起こりません。

さらに一括査定に合わせて複数の業者が同時に査定を行う合同査定を活用すれば、買い取り対策は万全といえるでしょう。

少しでも多くの業者に査定額を競わせることが、見積りを出してもらう上で重要なポイントとなります。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車の査定・買取
この記事を書いた人
車谷よしひこ

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。現在の愛車はボルボ・V60です。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト