ランドクルーザーの走行距離と寿命目安はどれくらい?ランクルが長く走れる理由

ランドクルーザーとランクル・プラドのちがい

トヨタのクロスカントリー型SUV「ランドクルーザー」は、国内で「ランクル」の愛称で親しまれているほか、海外でも大人気です。

また、信頼性や耐久性には定評がありますが、具体的な走行距離と寿命の目安はどれくらいなのでしょうか?

ランクルが長く走れる理由を解説します。

中古車市場に出回っているランドクルーザーのタイプと走行距離は?

BJ・FJ型

最初に、現在の中古車市場に出回っているランドクルーザーのタイプと走行距離をチェックし、具体的な寿命を探っていくことにしましょう。

まず、初代のBJ・FJ型と2代目の20系は、あまりにも古いのでさすがに中古車市場に出回ることは稀です。

中古車市場でよく見かけるのは3代目にあたる40系からで、年式は古いもので1970年代後半の個体も出回っています。

つまり、製造されてから40年ほども経っているランドクルーザーが、立派に商品として成り立っているわけです。

また、走行距離は多いもので20万キロを大きく超えています。

そして、60系も中古車市場で比較的ポピュラーな存在で、古いものではデビュー間もないころの1981年代前半の個体も少なくありません。

走行距離は20万キロを超える個体はざらで、多いものでは30万キロを超えています。

そして、40系の後継モデルである70系となると中古車市場に流通している数がぐっと多くなり、その中でも初期型となる1980年代後半の個体も珍しくありません。

走行距離は30万キロを超えている個体も多く、中には50万キロを超えているものもあります。

その後のモデルである80系や100系に関しては、年式こそ比較的新しいものの、走行距離20万キロを超える個体が多く存在するのが特徴です。

ランドクルーザーは走行距離20万キロ、寿命30年を余裕でクリア

ランクル20系

ランドクルーザーは走行距離が20万キロ~30万キロくらいであれば、日常の足替わりに使う道具として立派に成り立つことが分かります。

しかし、こうした走行距離の目安はあくまでも日本国内でのことで、海外では50万キロを超える個体も珍しくありません。

また、寿命に関しても、製造されてから30~40年ほど経過してもボディがひどく痛んだり、エンジンの調子が悪くなったりすることはないようです。

ランドクルーザーが長寿命である理由は、堅牢なラダーフレームにあり

では、これほどランドクルーザーが寿命が長いのは、なぜなのでしょうか?

それは、もともとが警察予備隊(現在の陸上自衛隊)への納入を目的に開発された歴史を持っているからです。

事実上「軍用車両」として使われるわけですから、当然ながら民間向けモデルよりも、過酷な状況で使われることを前提に開発しなければなりません。

そのため、悪路を走ってもボディにゆがみが生じない頑丈なラダーフレームや、トラック用をベースに強化を図った4輪リジッド・アクスル式サスペンションなど、耐久性を重視した設計がおこなわれました。

20系ランドクルーザー以降は民間向けモデルとして開発されましたが、設計ポリシーが大きく変わることはありませんでした。

堅牢なラダーフレームや悪路に強い4輪リジッド・アクスル式サスペンションなどが脈々と受け継がれたのです。

その後、100系ランドクルーザーではフロント・サスペンションが乗り心地の面で有利な独立懸架式に変更されましたが、技術の進歩によりリジッド・アクスル式並みの強度が確保されたので、特に問題は生じませんでした。

ランドクルーザーはきわめてタフで末永く乗れる車

日本車は、世界的に見て信頼性や耐久性に定評があります。

その中でも、ランドクルーザーは過酷な条件でもサバイバルできるよう、特別タフに設計されているのです。

これまでの解説からも、実際にランドクルーザーが寿命の長い車であることが、お分かりいただけたことでしょう。

しかし、いくらタフなランドクルーザーとはいえ、長年乗っていれば部品交換を必要とすることもあります。

もしランドクルーザーを中古で購入した場合、部品の供給が心配になるかもしれませんが、実は心配する必要はまったくありません。

ランドクルーザーは国内外で非常にポピュラーな存在です。そのため、トヨタは数多く存在するユーザーに向けて、少し古いモデルでも交換用部品の供給を続けているからです。

現行200系はもちろんのこと、1世代前の100系や2世代前の80系なら新品の純正部品が手に入るので、安心して乗り続けることができます。

さらに古い60系ともなると、さすがにすべての純正部品が新品で手に入るわけではありませんが、社外品やリビルト(再生)品で代用できるため、問題なく維持していくことが可能です。

したがって、新車は予算面できびしい、または古いタイプの方が好みだという理由で中古車の購入を検討する場合も、年式をあまり気にせずに自由に選ぶことができます。

ランクルの欠点は価格と維持費の高さ

ただ、ランドクルーザーはそうしたメリットのある車だけに売る側も強気です。

新車で買う場合の値引き額は大きいとはいえませんし、中古車で買う場合も年式や走行距離のわりに高めの価格が付けられているのがたまにきずです。

そのため、ランドクルーザーに買い替える際に出費を抑えるためには、愛車を少しでも高く買取ってもらうことが重要なポイントになります。

そこでおすすめしたいのが、車の無料一括査定です。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで愛車を一番高く買取ってくれる買取店を見つけられる、大変便利なサービスになります。

ランクルを少しでもお得に購入するためにも、なるべく愛車を高く売却するようにしたいですね。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。