【トヨタ RAV4の評価】燃費、内装、外装、価格および値引き額を徹底分析してみた

4
【トヨタ RAV4の評価】燃費、内装、外装、価格および値引き額を徹底分析してみた SUV

こんにちは、車谷よしひこです。

RAV4(読み方は「ラブフォー」)は、トヨタが2019年に発表した新型車…と若い人は思うかもしれませんが、初代モデルは1994年に発売されていて、じつはかなり歴史の長い車種なんですよね。

RAV4が出た当時は、まだ大衆向けのSUVというものが存在せず、「SUVなのにコンパクト」というのがウケて、めちゃくちゃ売れた車です。

さて、そんなRAV4の評価はいかほどか?ということで、燃費、内装、外装、価格を見ていきましょう。また、目標にしたい値引き額も検証してみました。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

RAV4の外装はゴツゴツしているが愛嬌がある

RAV4

トヨタ公式サイトより

まずは外観を見ていきましょう。

パッと見た限りでは、ゴツゴツした王道のSUVっぽさがありますが、よく見てみると愛嬌があるんですよね。

フロントライトはシャープですが、フロントバンパーとのバランスが取れていて、ニコッと笑っているような愛らしさがあります。

リアについてはCH-Rのようなクーペスタイルではなく、Cピラー(サイドとリアをつなぐ支柱)が立っているので、後ろから見たときも変なクセがありません。

テールライトも水平基調ですね。最近は丸いフォルムの車が多いので、このRAV4のデザインは四角い車が好きな人(おもに僕です)にとっては魅力的に映るのではないでしょうか。

RAV4のボディカラーは2トーンとモノトーンの2種類があり、合計で12色展開です。

RAV4の2トーンカラー

トヨタ公式サイトより

RAV4のモノトーンカラー

トヨタ公式サイトより

ボディカラーの多彩さも注目ですが、じつはフロントグリルの形状も微妙にちがっています。

2トーンカラーのほうはアウトドアな印象ですが、モノトーンカラーのほうはわりと洗練された都会っぽいデザインです。

「もっとカスタムしたい!」という人はTRD Field Monster For Adventureなどのカスタムモデルを選ぶといいかもしれません。

RAV4 TRD Field Monster For Adventure

トヨタ公式サイトより

RAV4はトヨタがかなり推しているだけあって、カスタムも豊富ですし、カラー展開も豊富です。

見た目のデザインにも大きなクセがないので、飽きずに長く乗れそうですね。

販売台数はかなり多くなっていますが、自分好みにカスタマイズすれば他の人とカブる可能性も低くなりそう。

RAV4のボディサイズは全長が平均値、全高はやや高め

RAV4のボディサイズ(Adventure)
全長4610mm
全幅1865mm
全高1690mm
最低地上高200mm

RAV4はミドルクラスSUVなので、サイズは決して小さくありません。

同じトヨタのCH-Rと比べると、RAV4のほうが全長が約30cm、全高が約5cmほど高くなっています。

ライバル車であるホンダ・CH-Rや日産・エクストレイルと比べると、RAV4はほとんど同じサイズです。

ミドルクラスSUVとしては平均的なサイズといえるでしょう。

ただ、当然の話ではありますがコンパクトカーよりもサイズは大きくなりますから、運転しやすい車種とは言えないでしょう。

とはいえ、さきほど説明したとおりリアのCピラーが縦に立っているので、CH-Rよりは後方の視認性がだいぶマシです(CH-Rは後方が見づらい)。

エンジンの排気量は2種類。意外と税金は安め

トヨタRAV4

トヨタ公式サイトより

次はエンジンです。RAV4のエンジンはエンジンは以下の2種類に分かれています。

  • ・ガソリン車 2.0L ( 1986cc )
  • ・ハイブリッド車 2.5L ( 2487cc )

RAV4にはガソリン車とハイブリッド車も用意されていて、いずれもレギュラーガソリンで走ります。

RAV4を買うなら維持費も気にしたいところ。排気量ごとの自動車税は以下のようになっています。

乗用車の自動車税(年額)
排気量税額
1リットル以下29,500円
1リットル超
1.5リットル以下
34,500円
1.5リットル超
2リットル以下
39,500円
2リットル超
2.5リットル以下
45,000円
2.5リットル超
3リットル以下
51,000円
3リットル超
3.5リットル以下
58,000円
3.5リットル超
4リットル以下
66,500円
4リットル超
4.5リットル以下
76,500円
4.5リットル超
6リットル以下
88,000円
6リットル超111,000円

エンジンの種類は直列4気筒といたって標準的な仕様。たとえばトヨタ・ランドクルーザーは4.6L V8エンジンなので本格的なSUVと比べるといたって平凡なエンジンです(当然っちゃ当然ですが)。

また、RAV4には「マルチテレインセレクト」と呼ばれる機能があり、路面の状況に合わせて走行モードを自由に切り替えることができます。

RAV4のマルチテレインセレクト

トヨタ公式サイトより

このあたりは最近増えてきた「なんちゃってSUV」とは一線を画していますね。

運転が好きな人(特に男性)はこういう走行モードの切り替えが付いていると興奮すると思います。

RAV4の燃費はSUVとしては優秀。ハイブリッドは割高

トヨタRAV4の燃費

トヨタ公式サイトより

SUVですから燃費には期待できない…と思いきや、RAV4の燃費は決して悪くありません。

ライバルメーカーのSUVがリッター10kmで伸び悩むなか、RAV4は15.2km/Lという数値を出しています(ガソリン車)。

軽自動車の30km/Lに比べるとまだまだですが、SUVにしては高水準の燃費性能といえるでしょう。

RAV4のハイブリッド車ともなると、燃費は20.6km/Lを超えてきます。

ただ、ハイブリッド車はガソリン車と比べると価格が60万円ほど高くなります。

この価格差だと、ハイブリッド車を選んだとしても、燃料代で元を取るのはなかなか困難かと思います。

僕の場合、買うときのコストよりも毎月のガソリン代のほうが高いと感じるタイプなので、同じような人はハイブリッド車を選んだほうが精神的な面では良いかもしれません。

RAV4の内装はあまりセンスが感じられない…

RAV4の内装とインパネ

トヨタ公式サイトより

車を運転しているときは、当然ながら内装を常に目にしています。ですから、自分が気に入る内装を選びたいですよね。

RAV4の内装は以下の2つのカラーから選ぶことができるのですが、このうち「オーキッドブラウン」がなかなかヒドイです。

  • ・ブラック
  • ・オーキッドブラウン
RAV4のブラック内装

ブラック(トヨタ公式サイトより)

RAV4のオーキッドブラウン

オーキッドブラウン(トヨタ公式サイトより)

いかがでしょうか。ブラックこそいたってシンプルなシート色になっていますが、オーキッドブラウンはなかなか攻めてますよね。好きな人は好きなんでしょうが、僕はまったくダメです。

遊び心という意味では悪くないのかもしれませんが、RAV4の持つアイデンティティと内装が釣り合ってません。

運転席まわりのインフォメーションパネルについては、わりとシンプルにまとまっています。水平基調でクセがないですね。

良くいえばボタンがわかりやすく使いやすいですが、悪くいえば平凡な味付けといえるでしょう。

ラゲッジスペースは容量が大きく荷物がたくさん積める

RAV4の荷室サイズ

トヨタ公式サイトより

SUVを買う以上、やっぱりアウトドアやスポーツを楽しみたいところ。そこで気になるのは荷室容量(ラゲージスペース)だと思います。

荷室容量は580Lもあり、なんとゴルフバッグが4つも積めるサイズになっています。

後席を倒すと、約188cmほどのスペースが生まれます。そのままだとフルフラットではないですが、車中泊も不可能ではありません。というか、1〜2人であれば十分に車中泊は可能でしょう。

また、ラゲッジスペースには家庭用のAC100V電源が搭載しているので、コンセントとしてそのまま使うことができます(オプション)。

RAV4の家庭用のAC100V電源

トヨタ公式サイトより

AC電源がそのまま使えれば、たとえば災害時でも電気を供給することができます。いざというときの備えとして、RAV4が生活を支えてくれる存在になるでしょう。

安全技術は一通り装備しているので安心感あり

RAV4の安全性は?

トヨタ公式サイトより

RAV4はボディサイズが大きく、車重もそれなりに重いため、万が一事故が起きたときの被害を軽減する必要があります。特に歩行者との事故は怖いですからね。

RAV4はトヨタセーフティセンス搭載なので、安全面については大きな不安がありません。

ただ、安全装備はグレードによって差があるため、注意が必要です。たとば下位グレードには「パーキングサポートブレーキ」(踏み間違い防止)が搭載されていません。

その他、自動追従機能やレーンキープアシストなどはすべてのグレードに標準装備されているので、特に問題ないでしょう。

僕の個人的な希望としては、渋滞時でも自動追従する機能が付いてくれるといいなと思ってます。渋滞のときってアクセルとブレーキの操作が面倒ですからね。

価格はやや割高。RAV4のキャラクターが気に入れば買いの車

グレード価格燃費(WLTCモード)
Adventure3,137,400円15.2km/L
G“Z package”3,348,000円15.2km/L
G3,202,200円15.2km/L
X2,608,200円〜15.2〜15.8km/L
HYBRID G3,817,800円20.6km/L
HYBRID X3,202,200円〜21.4km/L〜

価格については、ガソリン車とハイブリッド車のどちらを買うかによってまず大きく値段が変わってきます。

ハイブリッド車は言うまでもなく燃費が良いですが、さきほど説明したようにAC電源コンセントが使える機能をオプションで搭載できます。これはアウトドアや電時に活躍してくれるでしょう。

価格の安さを優先するなら1番安いグレードを選ぶべきですが、僕はHYBRID Xを選びます。

初期費用こそ高くなりますが、僕は日頃のランニングコスト(ガソリン代)を安くしたいと考えるタイプなので、ハイブリッド車を買います。

あと、地震などの災害時にAC電源を使えるのは心強いですね。

ただ、価格に対する評価は決して高くありません。ひとことでいえば、価格は割高です。

たしかに走りも良いですし、外観のデザインは悪くありません。僕が良くないと思うのは内装です。300万円オーバーのSUVにしては、ちょっと内装が安っぽい。これはいただけません。

それであれば、もう少し予算を足して、トヨタ・ハリアーを買ったほうが満足感は高いかなと。

とはいえ、RAV4が身にまとうSUVとしてのキャラクターは決して悪くはないと思うので、このキャラが気に入る人は買いでも良いと思います。

RAV4の目標値引き額は20万円

RAV4の目標値引き額

トヨタ公式サイトより

さて、どんなに良い車でも結局は安く買うのが1番です。

RAV4が新型として出たばかりのタイミングだと、正直値引き額は厳しいでしょう。ただ、時間が経てば当然ながら値引き額は増えてきます。

値引き額は、20万円を目標にしましょう。

RAV4の値引き交渉としては、ネッツ系の店舗とカローラ系の店舗で見積もりを出してもらい、比較することです。

それぞれの店舗の見積額を比較して、少しでも安いお店を選びましょう。余力があれば「他のお店はもう少し安かったんですが…」と直接話を持ち出します(嫌な客に思われる可能性はありますが…)。

あるいは、下記のような競合車種を比較して値引きを狙うのもOKです。

  • ・日産 エクストレイル
  • ・ホンダ CR-V
  • ・マツダ CX-5
  • ・スバル フォレスター

また、自分が乗っている車があるのであれば、下取り額をアップしてもらうのもいいでしょう。

ただし、下取り額は限界があるので、僕は車買取店の比較をおすすめします。

ディーラー1店舗だけで下取りするより、複数の車買取店を競合させたほうが買取額がアップするのは当然ですよね。

ネットの一括査定を使えばかんたんに比較できますから、RAV4を買う前に査定を受けてみるのがおすすめですよ。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

SUVトヨタ(TOYOTA)
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト