「赤本」を活用して車の査定額をアップさせる方法

「赤本」を活用して車の査定額をアップさせる方法 車の査定・買取

車の査定額を調べる手段のひとつに、通称「赤本」と呼ばれる本があります。

正式な名称を「RED Book(レッドブック)」といい、有限会社オートガイドが発行しています。

今回は、この赤本を活用して車の査定額をアップさせる方法について解説します。

「赤本」は業界のプロ向けの本ながら、一般人でも購入が可能

まずはじめに、そもそも赤本とはどのような本なのかを説明しましょう。

赤本は、基本的には中古車買取店の査定員や、自動車保険会社の社員といった業界のプロを対象に出版されている本になります。

この赤本には、車種やグレードごとの発売時の新車価格と、中古車小売価格の最新情報が記載されています。

業界のプロは、赤本に記載されている中古車価格を参考に査定額を算出したり、損害賠償額を決めたりしています。

赤本は車のカテゴリーごとに分かれていて、下記にあげる4種類があります。

種別 発行時期 価格
国産乗用車 毎月 年間10,300円
商用車(トラック・バス) 隔月(毎奇数月) 年間7,800円
軽自動車・二輪車 隔月(毎奇数月) 年間4,700円
輸入自動車 隔月(毎偶数月) 年間7,200円

赤本は基本的にプロ向けといいましたが、購入者に制限があるわけではなく、自動車業界とは関係のない一般人でも買うことができます。

書かれている内容は、読みものとしては決して楽しいものではありません。

しかし、難しすぎてプロでないと理解できないということはないので、その点は心配する必要はありません。

赤本を購入するためには、オートガイド社の公式ホームページから購入申込書を印刷してファックスするか、電話で注文するかのいずれかの方法があります。

ただ、表をご覧になってお分かりのように、申し込みは年間契約に限られていて、ひと月分だけの赤本を手に入れることはできません。

そのため、車を高く売るために赤本が1冊だけ欲しいと考える一般の消費者にとっては、コストパフォーマンスが悪いかもしれません。

赤本を活用して車の査定額をアップさせる前に注意したい点

赤本を活用して車の査定額をアップさせる前に、注意したい点があるので説明します。

まず、赤本にはすべての自動車メーカーやブランドが記載されているわけではありません。

たとえば、国産車では「ミツオカ」の車種は記載されていません。

また、輸入車では、だいぶ前に正規輸入されなくなった「オペル」や「ビュイック」、マニアックな車を生産している「アルピナ」「ケータハム」「モーガン」などの記載がありません。

そしてグレードに関しても、紙面の都合上あまり人気のないグレードは、省略されている場合があります。

したがって、売りたい車がある程度メジャーなメーカーやブランドのものであることと、人気グレードであることが赤本をムダにしない条件になります。

また、赤本に記載されているのは「中古車の小売価格」であって、「中古車の査定額」ではないことにも留意する必要があります。

つまり、小売価格から中古車買取店の利益分を差し引いた査定額を算出する必要があるということです。

中古車買取店は、消費者から買い取った中古車を売ることでおよそ20~30%の利益を出しています。

したがって、車のおおよその査定額を知るには、赤本に記載されている中古車小売価格から20~30%を差し引く必要があります。

それと、中古車の査定額は日々変動するものですが、赤本は月に1回か2か月に1回しか発行されないので、最新の価格情報を知ることができません。

そうしたことから、赤本に記載されている情報は、あくまでも参考値として割り切る必要があります。

赤本を活用して車の査定額をアップさせる方法とは?

前置きが終わったところで、いよいよ赤本を活用して車の査定額をアップさせる方法について解説しましょう。

方法は簡単で、車を査定してもらう際に、査定員に「赤本を購入して車の価格を調べた」といえばよいのです。

そうすることで、査定員は相場よりも低い査定額を付けにくくなります。

また、名もない中古車買取店の査定員の場合は、赤本の話題を持ち出してもなんのことか理解できないことがあるかもしれません。

そんな査定員は間違いなく「もぐり」の査定員なので、まっとうな査定額を出せるはずなどありません。

赤本には、そうしたレベルの低い査定員を見抜き、損をする売買契約を結んでしまうことを防ぐ効能もあるのです。

さらに車の査定額をアップさせるには、車の一括査定の利用がベター

これまで解説したように、赤本を活用すれば、不当な査定額を付けられてしまうリスクが低くなります。

しかし、車の査定額を限界までアップさせるには、赤本だけでは不十分です。

そこでおすすめしたいのが、車の一括査定です。

車の一括査定とは、簡単な手続きをするだけで、車に一番高い査定額を付けてくれる中古車買取店が見つかるサービスになります。

お金がかからない上、誰もが納得できる結果が得られるメリットがあります。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の査定・買取
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト