洗車や清掃は必要?車の査定前にすべき3つのチェック

洗車や清掃は必要?車の査定前にすべき3つのチェック 洗車・メンテナンス

車を売るときにはいろんな準備が必要ですが、「車の査定前に清掃や洗車は必要?」という疑問を持つ人はたくさんいます。

車の査定では洗車をしておいたほうがいいのでしょうか?結論からいうと、清掃と洗車はするべきです

とはいえ、洗車や清掃は時間や手間をかけすぎる必要はありません。時間をかけても、査定額は上がらないからです。

なぜ車の査定前に洗車や清掃をすべきなのか、そしてなぜ時間をかけすぎる必要はないのか?くわしく解説します。

\ 45秒のかんたん入力 /

査定前に洗車すべき理由とは?

査定前に洗車すべき理由とは?

まずは査定前の洗車についてですが、ふつうに洗うだけであればそこまで時間も手間もかかりません。
自分で洗うのが理想的ですが、場合によっては自動洗車機やガソリンスタンドに頼んでもOKです。

そもそも、なぜ査定を受ける前に洗車をすべきなのでしょうか?その理由は2つあります。

  • ①車を査定する業者の印象が良くなる
  • ②査定額アップが見込める

車を査定する業者の印象が良くなる

洗車したキレイな車のほうが、査定をする業者に良い印象を与えることができるのは言うまでもないですよね。

車の査定額はエンジンや内装の状態、さらには外装の状態などを見て総合的に判断されます。

車が汚い状態で査定に出すと、マイナスポイントを探られやすくなります。心理的に「この車にはなにか不具合があるのではないか?」と考えやすい状態になるからです。

ですから、査定前に洗車や清掃をして、少しでも良い印象を与えることが大切です。

当たり前のことを当たり前にやっておけば、査定額が大きく減ることはありません。

こんな車は要注意!車の査定額が下がる9つのポイント
車を売る場合は、誰もが高い値段で手放したいと思うはずですが、車の状態によっては査定額が下がってしまうことがあります。 ...

査定額アップが見込める

パッと見たときの第一印象はなによりも大切。車を査定するのはあくまでも”人間”です。

キレイな状態のほうが査定士が良い印象を持つので、結果的に査定額アップにつながります。

あなたが車を買う立場になって考えればわかると思いますが、走行距離や年式が同じ車でも、キレイに磨かれた車のほうを高く評価しますよね。

洗車についてはこれだけで査定額が上がる!車の査定前に準備しておくべき3つのことに詳しいですが、査定業者にマイナスポイントを探らせないという意味でも洗車は必須です。

査定前は洗車だけ!車のキズやヘコみはそのままでOK

車の査定前は洗車だけでOK

ワックスをかけて、コンパウンドでキズも隠して…そんな手間をかける必要はありません。つまり、キズやヘコミはそのままで査定に出してかまいません。

キズやヘコミを修理しても査定額アップは見込めない

なぜでしょうか?その理由は、修理にかかった費用は査定額に反映されないからです。
わかりやすく言うと「赤字」になるということ。

費用をかけず簡単にキズを隠すくらいならいいですが、修理工場に持ち込んで直す必要はありません。

車のキズやヘコミの修理は簡単なものでも数万円〜数十万円の費用がかかります。そこにお金をかけても、査定額が高くなることはありません。

ですから、車の査定前は洗車だけでOKなのです。

車のキズやヘコミを業者が気にしない理由

そもそも、車の傷やヘコミがあっても査定業者はそこまで気にしません。なぜでしょうか?
その理由は「自社工場で安く修理出来てしまうから」です。

あなたが自分で工場に出して修理するよりも、はるかに安い金額で修理できてしまうのが業者です。

ですから、あなたがわざわざ時間と手間をかけてこれから売る車の修理をする必要はありません。

【キズやへこみはそのままでOK】車の査定は修理しないで受けるべき理由
車にキズやへこみがあると、査定額はどうしても下がってしまいます。でも、修理をしても査定額が上がるわけではないので、キズやへこみは修理しないで査定に出しましょう。

もし洗車するならココだけはキレイにしておこう

もし洗車するならココだけはキレイにしておこう

洗車をするならできるだけ効率的かつ効果的にキレイにしたいところ。
もし査定前に洗車をするなら、以下のポイントを重点的に磨きましょう。

  • ・タイヤをキレイにする
  • ・車の下回りを念入りに
  • ・エンブレムを磨く
  • ・ガラスの水垢や指紋を拭き取る

タイヤをキレイにする

タイヤの汚れは、車のパッと見の印象を大きく下げてしまいます。

カー用品店に行けば安い価格で「タイヤのツヤ出しスプレー」が売っています。それを吹きかけるだけでも見違えますので試しておきましょう。

また、ホイールは油分が付いているとなかなか汚れが落ちません。
専用のホイール洗浄剤があれば理想的ですが、むずかしければ水拭きだけでもかまいません。

特にブレーキダストの汚れはしっかり落としたいところです。駆動方式にもよりますが、前輪・後輪どちらかが明らかに汚れているケースもあります。

国産車よりも輸入車のほうがブレーキダストの汚れが目立ちますので、査定前だけでもキレイにしておきましょう。

車の下回りを念入りに

車の下回りは気づかない間に汚れが付着しています。
泥汚れや油分の汚れが目立つことも多いので、下回りは念入りに洗っておきましょう。

しっかりと査定をする業者ほど、下回りまで入念にチェックします。ヒザをついて屈み込んで車体の下までチェックされることも少なくありません。

下回りも洗車機で対応可能です。最近の洗車機は「下回り洗車」が追加料金で設定できるので使ってみると良いかもしれません。

査定を丁寧に行って適正な買取額を提示してくれる業者ほど、下回りをチェックするので注意しましょう。

エンブレムを磨く

エンブレムはメーカー名、グレードなどのシルバーで作られた部分です。
細かいところですが、目につきやすいので磨いておきたいですね。

特にトヨタや日産のエンブレムは汚れが溜まりやすいので、査定前にチェックしておくといいでしょう。

ガラスの水垢や指紋を拭き取る

特にフロントガラスの汚れは目立ちますから、水拭きでしっかりと拭いておきましょう。

意外に目立つのが、内側から付いた指紋の汚れです。水拭きでもかまいませんが、専用のガラスクリーナを使うとよりキレイに汚れを落とすことができます。

指紋でベッタリの車では、査定で悪い印象を与えかねません。

無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

車内の清掃には時間をかけずカンタンに

車内の清掃はかんたんに

2つ目のポイントは、車内の清掃に時間をかける必要はないということです。

査定未経験の方はイメージがわかないかもしれませんが、実際に査定をしてもらう時に車内のホコリやゴミはほとんどチェックされません

車内をチェックするときに買取業者が見るところといえば、備品が壊れていないかぐらいのものです。

査定のときに見られる内装としては、たとえば以下の項目などがあげられます。

  • ・車内のスイッチにヒビ割れなどの不具合はないか?
  • ・座席シートや天井に染みなどが付いていないか?
  • ・リクライニングはきちんと作動するか?

これらはあくまでも一例ですが、こうした項目さえきちんと確認しておけば問題ありません。

座席シートや天井のシミは市販の洗剤を使えば落とせることも多いので、これだけはあらかじめ確認しておくべきです。

車の中の清掃はカンタンに済ませましょう。必要以上に時間をかけても査定額は上がりません

もちろん、大切な愛車ですからキレイにしておきたい気持ちが出るのは自然なこと。
車に感謝の気持ちを込めて、最低限の清掃だけはしておきたいですね。

【これで高く売れる】車の査定前に準備すべき3つのこと
車を売る前に必要な準備について解説しています。車の売却はそこまでむずかしくありません。準備をしておくことで、高額で車を売ることができるので、事前準備はしっかりと!

ニオイのある車は査定前に消臭を忘れずに

喫煙車は買い手に敬遠されやすい

3つ目のポイントは車内のニオイについてです。

特に、あなたの車が喫煙車である場合、査定額が下がることがあります(喫煙車は査定額が下がる?少しでも高く売るために知っておくべきこと)。

中古車販売店に行くといろんな車が並んでいますが、そのなかには「禁煙車」というプレートが掲示されていることがあります。

つまり、タバコを吸っていない車であることをアピールしているわけです。これは禁煙車が有利に売買できる証です。

タバコのヤニで車内が変色している場合は仕方ありませんが、ニオイだけが気になるようであればきちんと対策をしておきましょう。

具体的には消臭剤を使うことです。市販の車用消臭剤は進化し続けているので、ほとんどのニオイはこれで解決します。

また、軽度のニオイであれば窓を全開にして運転をすれば空気の循環で消臭することができます。

それ以外にもペットのニオイや長年の使用で染み付いたニオイにも要注意です。

これも査定業者に対する印象の問題ですが、ニオイというのは自分では気づかないものです。
可能ならば自分以外の人に車のなかをチェックしてもらって、ニオイや汚れを見てもらいましょう。

【マイナス査定に注意】車の汚れやニオイは落としてから査定してもらおう
車の汚れやニオイは、査定額にどのくらい影響するのでしょうか? 査定を受ける前には車を清潔にしておくべきですが、汚れ...

これだけ!査定前の洗車・清掃チェックポイント【まとめ】

査定前の洗車清掃チェック

  • ・洗車は最低限でOK!
  • ・キズやヘコミはそのままにしておく(お金はかけない)
  • ・ニオイは車内消臭剤を使って取り除く

ちょっとした手間をかけるだけで、査定額が5万円も変わることがあります。

査定前の洗車・清掃は重要ですが、それ以上に「ドコの査定業者に見積もりを出してもらうか?」というのも大切です。

じつは車を見る査定士はお店によってかなりバラツキがあり、車が汚くてもまったく気にしない人がいるもの事実。

だから、買取店を比較してみないと損なのです。

自分の車を高い値段で売却するためには、複数の買取業者から見積もりを出してもらうことが欠かせません。

一括査定を活用して、少しでも高い買取価格で車を売るようにしましょう。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

洗車・メンテナンス
この記事を書いた人
車谷よしひこ

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。千葉県在住。現在の愛車はボルボ・V60です。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト