やらなきゃ損!ディーラーの廃車費用を無料にする方法

廃車・事故車

いま乗っている車を買い替えたり、売却するときには買取業者に買い取ってもらうのがキホンです。

しかし、車が動かなかったり、走行距離が多すぎるために廃車を検討している人もいることでしょう。

廃車は専門業者だけでなくディーラーにお願いすることも可能です。

ディーラーに廃車手続きを頼むと、どれくらいの費用と手間がかかるのでしょうか?

また、ディーラーに廃車費用をかけることなく車を処分する方法についても紹介します。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

ディーラーによっては廃車費用を0円にしてくれることも

売却手数料が無料

車の買い替えに合わせてディーラーに廃車をお願いする場合、商談の流れで手続きをすることになると思います。

ディーラーで新車を買う場合、いま乗っている車を下取りに出すのが一般的です。しかし、なかには値段がつかないケースもあります。

あとで紹介しますが、ディーラーでの廃車には数万円の費用が発生することがあります。

下取りで値段がつかないうえに廃車費用もかかるとなると、車の買い替えにかかるお金が余計に増えてしまいますよね。

もしディーラーで廃車をすすめられたなら、廃車費用を0円にできないか交渉してみましょう。

その費用をカットできれば、見積書に出てくる金額を少なくすることが可能です。

ただし、ディーラーのほとんどは廃車に費用がかかることがほとんどですので、その場合には別の方法で廃車をするほうが安上がりです。

廃車にするべきかの判断はむずかしい

車買取査定

じつは廃車にするという判断は、すべてのケースで必ず正しいとは限りません。というより、答えを出せないというのが正しい言い方になります。

なぜなら、あるディーラーでは廃車にするしかなかった車も、別のディーラーに出すと「◯万円で下取ります」といったことが起こりえるからです。

つまり、ディーラーや買取店によって基準・目安がちがうので差が生まれているわけです。

ですから、もしディーラーに「廃車にするしかない」と言われても素直に受け入れるべきではありません。

その理由はしつこいようですが、ディーラーや車買取店によっては「まだまだ価値のある車」である可能性があるからです。

お店によって基準がちがう、たったこの一言に尽きます。

まだ価値のある車(売れる車)を廃車にしてしまうほどもったいないことはありません。

廃車にはお金がかかることがほとんどですが、車が売れれば数万〜数十万円のお金が手元に入ってくるわけですからね。

あまり考えたくないことですが、廃車で車を引き取っておいて、裏では値段をつけて販売するなんていう業者も一部に存在するようです。

ディーラーの廃車に出す前にまず他の車買取店にも査定をしてもらう。これが基本的なスタートになるので覚えておきましょう。

【廃車にすべきか迷う】廃車にするまでの走行距離の目安ってどれくらい?
車に長いこと乗っていると「そろそろ寿命かな…?」と感じることがありますよね。 そのとき、車を売るべきなのか、あるい...

永久抹消登録と一時抹消登録のちがいを知っておこう

車売買のメリット・デメリット

ディーラーによる廃車とひとくちに言っても、じつは厳密には2つの種類があります。

  • ・永久抹消登録
  • ・一時抹消登録

それぞれのちがいについて確認していきましょう。

永久抹消登録とは、その車を二度と使えなくすること

事故車と不動車など、その車を二度と永遠に使えなくするのが永久抹消登録です。

いわゆるスクラップにするなどして、解体をすることをいいます。

永久抹消登録は普通自動車であれば運輸支局でおこなう必要がありますが、こういった手続きをディーラーにお願いする(代行してもらう)ことが可能です。

ただし、ディーラーに手続きをお願いすると諸費用が発生します。

  • ・引き取り代(レッカー)
  • ・書類作成費用
  • ・スクラップ(解体)の費用

おもにこれらの費用がディーラーで手続きをするときに発生します。

車が動く状態であれば引き取り代は不要ですし、そのディーラーによって価格も異なります。

目安としてはトータルで1〜7万円くらいの手続き費用がディーラーにお願いするとかかります。

ただし、もし車が動く状態であれば「永久抹消登録は損をするだけ」になってしまいます。

よほどヒドい状態でない限り、廃車ではなく買取店に査定してもらうことをオススメします。

放置している廃車をお得に処分する方法とは?

長期的に乗らないときは一時抹消登録

一時抹消登録はその名の通り、一時的に車を使えなくするための手続きです。

その車の登録を消す手続きなので、抹消登録のあいだは公道を走らせることができません。

どういった時にこんな手続きが必要になるのでしょうか?

これはたとえば「長期で海外に移住する」「入院や治療でしばらく車に乗れない」といった場合です。

一時抹消登録をしているあいだは自動車税や自賠責保険・任意保険を支払わなくて済みます。

ですから、車を使わない期間の費用をムダにしないで済むのです。

手続きにかかる費用ですが、だいたい1〜5万円が相場といわれています。

これも引き取り代や書類作成費用などを含めた金額になり、ディーラーによって料金は異なります。

長く車に乗らない事情がある場合には、思い切って車を手放すのも1つの方法ですが、ムダな費用をなくすことができる一時抹消登録もオススメです。

ディーラーでの廃車を急がないほうが良い理由

車のチェックポイント

このように廃車には2種類あり、それぞれ費用がかかります。

廃車にした車を業者はいったいどうやって処分しているのでしょうか?

じつは廃車になった車は資源として外国にリサイクルされています。

そのため、わたしたちには不動車としか思えない車であっても、業者にとっては十分に価値のある資源。

ということは、廃車を引き取った業者はそれをもとにお金を儲けているのです。

そう考えると、廃車を無料にしてもらうどころか、私たちが少しお金を受け取ってもいいのでは?と考える人もいると思います。私がそうです(笑)

じつは、廃車は依頼する買取業者によって扱い方がちがいます。つまり、廃車を買い取ってくれる業者があるのです。

ディーラーに廃車依頼すると私たちがお金を払っていたのに、きちんとした業者に依頼すると「数万円」で買い取ってもらうことが可能になります。

ですから、ディーラーから「廃車にするしかない」と言われても結論は急がないほうがいいと思います。

ディーラーの廃車を選ぶまえに、必ずほかの買取店に査定してもらうようにしてください。

持ち込み厳禁?廃車を解体業者に持ち込むまえに試すべき3つのこと
「廃車にするから解体業者に持ち込む」というのは、じつは損をすることになりかねません。廃車を業者に持ち込むまえに、まずはやってほしい3つのポイントを解説します。これをやれば、廃車同然の車が「売れる」可能性があります。

廃車はディーラーではなく業者を比較してみるのがおすすめ

【コレだけで準備OK!】車

時間がなくて忙しい人にとっては、ディーラーの担当者に手続きをお願いできると非常にラクかと思います。

しかし、もし時間に余裕があるのであれば、比較サービスを活用して業者を見比べてみることをオススメします。

廃車手続きでお金を払わなければいけなかったはずが、わずかな手間をかけるだけで反対にお金がもらえるようになるからです。

繰り返しになりますが、車の査定は買取基準が業者によって異なります。

そのため、廃車にするしかないと思われる車であっても、比較してみるだけで値段がつく可能性が高くなるのです。

とはいえ、自分でいろんな業者を比べるのはなかなか面倒なのも事実。時間と手間がかかりすぎます。

そんなときは、ネットの無料一括査定サービスを使いましょう。一括査定を使えば、1回45秒程度の入力で最大10社の査定額がわかります。

ネットの無料の一括査定サービスを活用して、ぜひ廃車をお得なものにしましょう。

一括査定では無料の出張査定も行なっているので、動かない車でも気にせずに査定してもらうことができますよ。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

廃車・事故車
この記事を書いた人

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。1988年生まれ。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト