いつがベスト?廃車の正しいタイミングはこれだ!

車を長く運転していると、いつかは買い替えや廃車のタイミングがやってきます。

廃車を考えている方は、「どのタイミングで廃車にすればいいのだろう?」と悩んでる人もいることでしょう。

廃車にする前に知っておきたい「適切なタイミング」について解説します。

廃車にはどんなタイミングがある?

人それぞれ、車を廃車にするタイミングがありますが、他の人が何をキッカケにして廃車にしたのかは気になるところです。

ここではランキング形式で、廃車を選んだタイミングについて発表します。

  • 1. 車の買い替えに合わせて廃車
  • 2. 走行距離による廃車
  • 3. 事故による廃車
  • 4. 経年劣化による廃車
  • 5. 引っ越しのタイミング
  • 6. 自動車税の支払い前に

1.車の買い替えに合わせて廃車

やはり最も多いのは「車の買い替えに合わせて廃車にする」というケースです。

車の状態にもよりますが、基本的には車の買い替えに合わせて下取りや売却をすることがほとんどです。

廃車にしなければいけないケースは走行距離や外装の劣化が著しいときなどに限られるでしょう。

廃車にする前に必ず買取業者に査定してもらうことをオススメします。

廃車業者に持ち込んで手数料を払うというの1つの選択肢ですが、車買取店で買い取ってもらうケースもあるので見積もりを出してもらってからのほうが良いでしょう。

持ち込み厳禁?廃車を解体業者に持ち込むまえに試すべき3つのこと

2. 走行距離による廃車

走行距離に限界がくると、エンジンや各種パーツに不具合が発生してきます。

車に愛着があったとしても、やはり現実的なコストを計算しなくてはいけません。

故障の修理に多額の費用がかかるのであれば、廃車もやむを得ません。

エンジンにかんしては「タイミングベルト」の消耗・損傷によって廃車となるケースがあります。

タイミングベルトにはエンジンのピストンとバルブを交互に動かす役目があります。

タイミングベルト

出典:プジョー千里

タイミングベルトが切れると、

  • ・エンジンが動かなくなる
  • ・修理に数十万円かかる

という結果になります。

交換の目安は8万キロ、購入から10年後とされています。

タイミングベルトの交換には多額の費用がかかるため、廃車にするケースが多くなります。

廃車にするまでの走行距離の目安ってどれくらい?

3. 事故による廃車

事故を起こしてしまうと、見た目(外装)はもちろん各部位が大きく損なわれます。

自動車保険を使って修理できればいいのですが、そのぶん等級が下がり翌年の保険料が上がってしまいます

(等級については「初年度でも安い自動車保険を見つける方法」を参照ください)

そのため、新車や高級車でない場合には廃車にしてしまった方が良いケースもあります。

ポイントとなるのは、高い保険料を払ってまで乗る価値があるかどうか、ということです。

低年式車(乗ってから5年以上経っている)の場合には廃車を考えても良いでしょう。

事故で車が使えなくなったタイミングで廃車にする人は多くなっています。

4. 経年劣化による廃車

厳密に言うと、車庫などで放置されている車のことです。

車を買ったものの乗る機会がほとんどなく、放置されている車がある場合にはエンジンが動かなくなっていることもあります。

車検が切れてしまうと公道を走ることができなくなるので、廃車にしようとしても解体屋に持ち込むことができません。

その場合にはレッカーを使うことになるので、廃車にかかる費用は割高になるので注意が必要です。

放置している廃車をお得に処分する方法とは?

5. 引っ越しのタイミング

転勤や転職などさまざまな都合で引っ越しをするタイミングでも廃車にすることが多いです。

特に転勤や出張で長い期間車に乗っていない場合には、所有しているだけで費用がかかります

自動車税、保険料、駐車場代などのコストがかかるので廃車にすればムダな費用を節約できます。

一時的に登録を消す「一時抹消登録」という方法もあります。

使わない車を保管するときの注意ポイントとは?

タイミングとしては申し分ありませんが、本当に車が不要なのかをよく検討する必要があります。

もし転勤が短い期間であったり、将来的に結婚したり、子どもが生まれる可能性もあるからです。

いまだけではなく将来的な面も意識しながら廃車のタイミングを考えましょう。

6. 自動車税の支払い前で廃車

自動車税は毎年かかる税金です。

車の車種や排気量によっても変わりますが、その税負担はなかなかのものです。
(⇒車の税金は排気量で変わる!自動車税・超入門)。

自動車税は毎年4月1日時点の車の所有者に対して支払い義務が発生します。

そのため、4月1日前に車を手放そうとする人が多くなるので2月・3月は中古車市場が活況です。

同じように廃車もこの時期に合わせて増加する傾向にあります。

2月3月は車が高く売れるタイミングでもあるので、廃車の前に査定してもらうようにしましょう。

いかにして廃車を回避するか?

ここまで廃車のタイミングについて紹介してきましたが、どんなタイミングであれ廃車には費用が発生することがほとんどです。
廃車にする車を解体屋に持ち込む前に!

仮に廃車と引き換えにお金がもらえたとしても、その金額は多いとはいえません。

もっともコワイのは買取業者に査定に出せば値段がつくのに、廃車だと思って解体業者に持ち込んでしまうことです。

数万円から場合によっては10万円以上のお金になるはずだった車は、廃車に出してしまうと逆にお金を払わなければいけなくなるのです。

まず廃車という結論を出す前に、ぜひ一括査定などを使って愛車の査定を頼んでみてください。

1社や2社の査定では見つからない買い手も、一括査定で数十社にまとめて見積りを出してもらえるので、見つかりやすくなります。

廃車前にぜひ一度活用してみることをオススメします。

廃車費用を払わなくて済むうえに、車を売却することで手元に現金が入る可能性も十分にありますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。