スポーツカーに買い替えよう!おすすめの8車種【人気の名車から軽自動車まで】

スポーツカー

こんにちは、車谷よしひこです。

車好きなら一度は憧れるのがスポーツカーですよね。

買い替えでスポーツカーの購入を検討しているのであれば、人気の車をチェックしておきましょう。

今回は僕がおすすめしたいスポーツカーを8車種ご紹介。買い替えの参考にしてみてくださいね。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

トヨタ・86【手頃な価格でスポーツカーに乗れる】

スポーツカーならトヨタ86

86はトヨタが開発したスポーツカーで、もともとは若者向けにつくった車です。

しかし、蓋を開けてみればおじさん世代の食いつきがスゴく、またたく間に人気車種となりました。

本格的なスポーツカーでありながら、価格を抑えてあるのが魅力でして新車でも1番安いグレードなら200万円台から購入可能です。

ちなみに、初代のAE86ではエンジンがFR仕様でしたが、リニューアルに伴ってFF仕様に変更となりました。

燃費や排ガス性能は非常に高く、走行性能と合わせて高い評価を得ています。燃費はおおむね10km/Lとスポーツカーとしては悪くない燃費性能です。

グレードと価格帯は以下のとおりです。なお、同じ車種がスバル・BRZとして販売されています。

  • ・GR 5,060,000
  • GT“Limited・Black Package” 3,487,000
  • ・GT “Limited”  3,173,237円
  • ・GT 2,987,673円
  • ・G 2,488,909円
新車で買える国産スポーツカー11選!おすすめランキング
国産車にも、新車で買える魅力抜群のスポーツカーはたくさんあります。おすすめの新車で買える国産スポーツカーをご紹介!国産車ならではのメリットも多いんですよね。

マツダ・ロードスター【オープンも楽しめる大人の車】

スポーツカーならロードスター

走行性能の高さもさることながら、燃費がJC08モードで17.2km/Lと高水準を誇るロードスター。

2016年には日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、さらにはワールド・カー・オブ・ザ・イヤーまで獲得。名実ともに、トップの車となりました。

モデルチェンジによってデザインが洗練され、国内のみならず海外からも高い評価を得ているスポーツカーです。

外装のデザインに目が行きがちですが、じつは内装が非常に良い。直線基調で質感が高く、無駄のない直線基調が大人の雰囲気を醸し出しています。

気になるグレードと価格帯は以下のとおり。

なお、ルーフが幌ではないタイプのRFもあります。

  • ・S ¥2,494,800〜
  • ・S Special Package ¥2,700,000〜
  • ・S Leather Package ¥3,034,800〜
意外と知らないオープンカーのメリット・デメリット【雨や高速道路での注意点】
オープンカーのメリットとデメリットをわかりやすく解説します。オープンカーは雨や風の影響を受けやすく、高速道路で走るのも危険です。オープンカーの魅力はどこにあるのか?おすすめ車種とあわせて解説します。

ホンダ・S660【本格的なスポーツ軽自動車】

S660│Honda

軽スポーツの世界に約20年ぶりに戻ってきたホンダ・S660。

ボディサイズがコンパクトながら、オープンカーであることを感じさせない剛性が心強い。

路面が荒れていても、十分な快適性を味わうことができるのも大きな魅力です。

ルーフトップは自動開閉ではなく、手動で取り外しをしなければいけないのが面倒なのでそこだけ注意したほうがいいかも。

内装は目立った特色はありませんが、シンプルで飽きが来ないデザインで統一されています。

軽自動車ながら価格は高めですが、その特異性は注目に値します。

グレードと価格帯は以下のとおりです。

  • ・β 2,017,400円〜
  • ・α 2,226,400円〜
初心者におすすめ!維持費が安い軽自動車のスポーツカー3選
トヨタ・86/スバル・BRZの発売以降、日本のスポーツカー市場は少しずつ活気が蘇っています。 今回は、スポーツカー...

日産・フェアレディZ【歴史の長い、スポーツカーの名車】

フェアレディZ

初代フェアレディZが発表されてから、早くも50年が経とうとしています。

デザインが過去のモデルよりもさらに洗練され、ステアリングは運転する人の喜びを考えたつくりになっています。

構造そのものもドライブフィールを重視しており、ワイドトレッド化させることで高速域での操縦安定性を高めています。

また、ショートホイールベース化を図ることで、ドライバーとリアタイアの距離を短くして安定性を増しているのも特徴です。

ただし、現行型はかなり古くなっているので、新型モデルの登場にも期待がかかります(2020年には新型が登場する噂)。

グレードと価格帯は以下のとおりです。

  • ・フェアレディZ [6MT] 3,979,800円
  • ・Version S 4,848,800円
  • ・Version T 4,802,600円
  • ・50th Anniversary 4,673,900円
  • ・NISMO 6,519,700円

ダイハツ・コペン【着脱可能な外板でデザインを変えられる】

スポーツカーならコペン

コペンは軽スポーツカー市場を代表する一台で、ホンダS660と真っ向からのライバル関係にあります。

燃費性能はJC08モードで22.2km/Lとなっており、スポーツカーとして楽しむには十分すぎる低燃費ですね。

コペン最大の特徴は、外板の着脱が可能なDRESS-FORMATIONです。パーツを組み合わせることで、外装のデザインを丸っきり別の車に変えることができます。

ダイハツコペンのDRESS-FORMATION

パーツの組み合わせ次第で金額は変わりますが、20万円〜のオプション費用で購入可能です。

また、コペンは電動開閉式ルーフ「アクティブトップ」を採用しており、ルールの開閉はすべて自動で行われます。S660が手動ということを考えると、優位性がありますね。

コペンのグレードと価格は以下のとおりです。

  • ・GR SPORT 2,380,000
  • ・セロ 1,941,500
  • ・ローブS、エクスプレイS 1,886,500
【軽自動車は赤が人気!】かわいい赤色が選べるおすすめの車種21選
軽自動車にはボディカラーが赤色の車種がたくさんあります。ワインレッドや鮮やかなレッドなど、軽自動車の赤色は多彩です。おすすめの赤い軽自動車をメーカーごとにご紹介します。

プジョー・RCZ

スポーツカーならRCZ

その見た目は、400万円台から購入できるデザインにはとても見えません。

プジョー・RCZは見た目はもちろん、スーパーカー並みの高回転域のエンジンを持っており高揚感を与えてくれます。

燃費も13.7km/Lとまずまずの水準なので、トータルの維持費を考えても検討したい1台です。

プジョーのなかでも、特に見かける機会のないデザインなので「他の人とはちがうスポーツカーに乗りたい」という人にもおすすめです。

グレードと価格帯は以下のとおり(新車販売は終了しているので、中古車での購入となります)。

  • ・RHD 433万円〜
  • ・LHD 460万円〜
  • ・RCZ R 540万円〜
【フランス車の特徴は?】オシャレで人気!おすすめ車種を徹底比較してみた
フランス車の特徴をわかりやすく解説します。フランス車はオシャレで人気の車種が多いですが「壊れやすい」という声も少なくありません。おすすめの車種も合わせてチェックしておきましょう。

フォード・マスタング【世界を代表するスポーツカー】

スポーツカーならマスタング

1964年の誕生から、長年にわたり人気を獲得しつづけいている「名車」がフォード・マスタングです。

ステアリングのレスポンスが非常に良く、サスペンションの感触は非常にハードになっています。

マスタングといえば馬のエンブレムが印象的ですが、これは車名が北アメリカ大陸で野性化した馬に由来するところからきています。

残念ながらフォードは2016年に日本から撤退してしまったので、正規ディーラーからの購入はできません。並行輸入に頼るか、国内流通の中古車を買うしかありません。

価格とラインナップは以下のとおりです。

  • ・V8 GT Convertible Premium 5,862,857円〜
  • ・Mustang V8 GT Coupe Premium 5,142,857円〜
  • ・V6 Coupe Premium 4,422,857円〜
アメリカ車(アメ車)の特徴は?おすすめの人気車種を徹底比較!
アメリカの自動車メーカーといえば、「GM」「フォード」「クライスラー」のビッグスリーや、EVを専門とする「テスラ」が有名...

ポルシェ・911 カレラ【人生で一度は乗りたい高級スポーツ】

スポーツカーなら911カレラ

911シリーズのなかでも、もっともベーシックなモデルがカレラです。

ベースグレードは排気量2,981 cm³の水平対向6気筒エンジン搭載で、先代モデルよりもダウンサイジングが図られています。

価格は1000万円を超えますし、中古車のリセールバリューも高いので安く買うにはかなり古いモデルを購入する必要があります。

スーパーカーの水準とも言える高級車で、多くのスポーツカーファンの憧れです。

  • ・カレラ RR 1178万円〜
  • ・カレラ4 4WD 1301万円〜
  • ・カレラ カブリオレ 1434万円〜
  • ・カレラ4 カブリオレ 1526万円〜
ポルシェはいくらから買える?中古車を含めた最低価格を調べた結果
「ポルシェが欲しいけど高いから手が出ない」。そんな人のために新車と中古のポルシェがいくらから買えるのか、相場価格と最低価格を調査しました。

スポーツカーを安く買い替える方法

【どっちがお得?】「年式が古くて走行距離が少ない車」 vs 「新しくて走行距離が多い車」

いわゆるコンパクトカーなどに比べると、スポーツカーはブランド価値が高くなります。

そのため、ディーラーとの価格交渉はむずかしいといえるでしょう。そもそも値引きせずとも買い手がつく「特異性」の強い車種が多いからです。

スポーツカーを出来るだけ安く買い替えるには、いま乗っている車を高く売却することが欠かせません。

スポーツカーはオプションを付けることで内装や性能を充実させることが肝になることも多いため、他の車に比べると費用が高くつきやすいんですよね。

ですから、最初のうちになるべく潤沢な予算を用意しておくのが理想です。

交渉して下取り額をアップしてもらうのも1つの方法ですが、僕の経験では下取り額で満足したことはありません。

それよりも、買取専門店に査定をしてもらって売却したほうが、愛車の値段は高くなります。

複数の業者に見てもらうことで、適正な買取価格を知ることができるから当然ですよね(下取りは1社の判断にすぎない)。

複数の買取店へ査定してもらうには、一括査定を活用するのがおすすめです。

僕も車を売るときは必ず使っていまして、過去には38万円もの差がついたことがあります

スポーツカーの買い替えをお得にするためにも、できることはやっておきたいですね。

まずは、いま乗っている車の査定をしてもらうことから始めましょう。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

スポーツカー新車の購入・買い替え
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト