新車で買える国産スポーツカー9選!おすすめランキング

新車で買える国産スポーツカー9選!おすすめランキング

スポーツカーの人気は相変わらず健在です。

中古車で買うこともできますが、やっぱり買うなら新車が良いですよね。

新車で国産のおすすめスポーツカーを紹介し、特徴、価格、目標値引き額まで解説します。

トヨタのスポーツカー:86(ハチロク)

トヨタ86

86はトヨタとスバル(旧・富士重工業)が共同開発したスポーツカーです。

FRでハンドリングを楽しめるフィーリングと、高出力かつハイトルクなスポーツエンジンが乗る楽しさを最大限に引き出してくれます。

マニュアルシフトにも徹底的にこだわっており、ギアの噛み合う瞬間が手に伝わってくる快感を得ることができる構造です。

さらにサーキット走行向けの「TRACKモード」を搭載し、より本格的なドライビングを楽しみたいときにも活躍してくれます。

  • トヨタ:86(ハチロク)
  • 新車価格:2,623,320〜3,423,600円
  • 燃費性能(JC08モード):12.4km/L
  • 目標値引き額:5〜20万円

日産のスポーツカー:GT-R

日産GTR

日産が誇る最上級スポーツカーに君臨するGT-R。その完成度の高さとブランド力はスポーツカー好きなら誰もが認める存在です。

フロントデザインは好き嫌いが分かれますが、4連の丸いテールランプはGT-Rらしさを十分に発揮しています。

価格帯はもはやスーパーカーの域で、インテリアは上質そのもの。本革シートを採用し、極上の室内空間を演出しています。

エンジンについては気筒別点火時期制御を採用し、気筒別に点火時期を制御することで最大燃焼能力を高め、さらに燃費の向上にもつなげています。

新車価格で1000万円クラスなので、買える人は限られるでしょうが、スポーツカーを語るうえで欠かせない存在であることは確かです。

  • 日産:GT-R
  • 新車価格:9,960,840〜18,700,200円
  • 燃費性能(JC08モード):8.8km/L
  • 目標値引き額:0〜5万円

日産のスポーツカー:フェアレディZ

フェアレディZ

フェアレディZも日産のスポーツカーでは長い歴史を持つ車種です。

エンジンには「VVEL」というシステムを組み込んでおり、これによりアクセルの加減をダイレクトにエンジンに伝えることができます。つまり、運転する人のフィーリングを車がすぐに感じ取ってくれるわけです。

スポーツカーの楽しみの1つがマニュアル操作です。ギアをいかに操るか。これが運転の醍醐味でもあります。
フェアレディZはEXEDY社製のクラッチを採用し、ギアの操作性向上を狙っています。

車のデザインもクーペのような上質感があり、”乗ることを楽しむ車”という言葉がピッタリです。

価格、燃費ともにまずまずですが、コンパクトで操りやすいスポーツカーとしては高い価値を持つ車といえるでしょう。

  • 日産:フェアレディZ
  • 新車価格:3,907,440〜6,401,160円
  • 燃費性能(JC08モード):9.0km/L
  • 目標値引き額:10〜20万円

ホンダのスポーツカー:S660

S660

個性的なフォルムとスポーツカーとは思えないコンパクトさ。これこそ、ホンダが大きな話題を呼んだ軽自動車スポーツカー「S660」です。

一時期は販売が追いつかないほどの人気で、予約待ちとなりました。特に現役を引退した世代が、”手軽にスポーツカーを楽しむ”目的で購入しているようです。

コンパクトでありながら、走行性能は本格的。軽自動車で初めて6速マニュアルトランスミッションを採用し、高速巡航するときの快適性を高めています。

スポーツカーは燃費が悪いというイメージはどこへやら、S660はJC08モード:24.2km/Lという低燃費を実現。

軽自動車にしては価格が高いですが、気軽にスポーツカーを所有したい人にはピッタリの車種です。

  • ホンダ:S660
  • 新車価格:1,980,000〜2,280,000円
  • 燃費性能(JC08モード):24.2km/L
  • 目標値引き額:0〜10万円

ホンダのスポーツカー:シビック タイプR

CIVIC TYPE R

日本からは撤退したものの、北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど着実に実績を重ねてきたシビック。そんな名車が、ついに日本国内で復活を果たしました。

先代のタイプRは台数限定で注文が殺到するほどの人気でしたが、今回は通常のラインナップとして取り扱われています。

タイプRには高出力・高レスポンス2.0L VTEC TURBOエンジンが搭載されていて、アクセルを踏んだ瞬間から加速を感じられます。

また、3つのドライブモード([Rモード]、[SPORT]、[COMFORT])を搭載しているので、サーキットでの機敏な走りはもちろん、街乗りやロングドライブの快適性能を使い分けることができます。

スポーツカーとしても普段乗りとしても使うことができるのは、嬉しいですね。

  • ホンダ:シビック タイプR
  • 新車価格:4,500,360円
  • 燃費性能(JC08モード):12.8km/L
  • 目標値引き額:0〜10万円

ホンダのスポーツカー:NSX

NSX

日本が世界に誇るスーパーカーとして確固たる地位を築いてきたNSX。
マクラーレンを彷彿とさせるデザインは、乗る人はもちろん、見る人も魅了します。

徹底的に低重心にこだわったボディは空気抵抗を最低限に抑制し、走行性能を高めています。

3.5L V6 DOHC ツインターボエンジンはコンパクト設計でエンジンスペースの有効活用と低重心化を図っています。

走行性能や見た目のデザインは素晴らしいのですが、「内装がイマイチ」という声が聞かれるのも事実。

実際、アルミペダルはオプションで追加しなければいけませんし、室内のインテリアも2000万円クラスの車には見えません。

  • ホンダ:NSX
  • 新車価格:23,700,000円
  • 燃費性能(JC08モード):12.4km/L
  • 目標値引き額:0〜5万円

マツダのスポーツカー:ロードスター

ロードスター

2015-2016 日本カーオブザイヤーを受賞した車です。

質感の高い内外装とオープンカーという刺激的なジャンルでありながら、価格を200万円台〜と求めやすい設定になっていることが大きな強みです。

RSグレードにはRECARO社製シートも採用されているので、乗り心地と満足感を味わいたい人におすすめ。

また「幌はちょっとイヤだな」という人は、リトラクタブルハードトップのロードスターRFという選択肢もあります。ボタン1つで約13秒でルーフトップが開閉します。

FRということもあり、リアの収納もそこそこあるので長距離ドライブもけっこう快適です。

  • マツダ:ロードスター
  • 新車価格:2,494,800〜3,196,800円
  • 燃費性能(JC08モード):17.2km/L
  • 目標値引き額:5〜30万円

スバルのスポーツカー:WRX STI

WRX STI

スバルが世界誇るスポーツカー、WRX。そのSTIモデルです。

水平対向エンジンを採用し、コンパクトかつ揺れの少ない快適な乗り心地を味わうことができます。また、直列型・V型エンジンに比べて低重心になるので、サーキット走行におけるハンドリングもスムーズに進みます。

ステアリングの制御も抜群で、”シンメトリカル AWD”を採用することにより低重心かつバランスの取れたボディを実現。コース上でハンドルを切ると、即座に反応するレスポンスの高さを実感できます。

注意したいのは、スバルの真骨頂とも言える「アイサイト ツーリングアシスト」がWRX STIには未搭載だということです。

スポーツカーに乗る人は頓着しないかもしれませんが、安全性のことを考えるならSTIモデルではなく、アイサイト ツーリングアシスト搭載のWRX S4を選びましょう。

  • スバル:WRX STI
  • 新車価格:3,866,400〜4,060,800円
  • 燃費性能(JC08モード):9.4km/L
  • 目標値引き額:15〜40万円

スバルのスポーツカー:BRZ

BRZ

最初に紹介した86と見た目は一緒のBRZ。トヨタと共同開発したので、当然ながら同じ顔つきです。

86とBRZのちがいについては、まず価格。BRZのほうが少し価格帯が広く設定されていて、少し高めです。

デザインについては、フロントのバンパーの形状がちがいます。86は波打っていて、BRZは直線的。これは好みで選べばいいと思います。

インテリア、とりわけシートについては86のほうが”走り”を意識していて、BRZは乗り心地重視という印象。

また、サスペンションにもちがいがあります。86は前輪へのサスペンションをやわらかくしていて、後輪は滑りを重視しています。一方のBRZは後輪へのサスペンションがやわらかく、乗り心地が良いです。

デザインと内装については大きなちがいはありませんが、走行性能については明確なちがいがあります。

このあたりはトヨタ or スバルのどちらが好きかといったブランドの選択で選んでも問題ないでしょう。ドリフトなどのアクティブな走行を楽しみたいなら、86のほうが良いかもしれません。

  • スバル:BRZ
  • 新車価格:2,430,000〜3,375,000円
  • 燃費性能(JC08モード):11.8km/L
  • 目標値引き額:10〜30万円

新車で買えるスポーツカーおすすめランキングTOP3

  • 1位 ホンダ シビックタイプR
  • 2位 スバル WRX STI
  • 3位 マツダ ロードスター

わたしは走行性能よりも見た目のカッコよさを重視してスポーツカーを選びたい派です。そのため、デザインで選ぶと圧倒的にシビックタイプRが好み。

WRXもゴツゴツ感をスマートさが混在しているデザインが良いですね。オープンにして楽しむなら、ロードスターかS660という選択になります。

実用性はないけど、走りとスタイリングを楽しむという意味ではクルマ好きの目的を多いの果たしてくれるスポーツカー。

ちょっとお高いクルマが多いので、きちんと予算計画を立ててからじっくり選びたいですね。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。