走りを楽しむ!スポーツグレードのおすすめコンパクトカー4選!

ノート NISMO コンパクトカー

「家族ができたけど、スポーツカーに乗りたい!」

そう考えてる男性は少なくないと思います。

しかし、現実は2ドア、2シーターなんてもってのほか。

MT車の購入を検討することすら許されない家庭もあるでしょう。

では、コンパクトカーのスポーツグレードならどうでしょうか。

燃費もそれなりに良く、5ドアハッチバックであれば家族全員が乗ることも可能です。

MTがダメなら、パドルシフトで楽しむことだってできます。

今回は悩めるお父さんのために、コンパクトカーのスポーツグレード5選を紹介します。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

ヴィッツ GR SPORT

ヴィッツ GR SPORT

トヨタを代表するコンパクトカー、ヴィッツ。

最近のトヨタはWRC参戦を機に、ヴィッツに本格的なスポーツグレードを展開しています。

過去には台数限定でハイパフォーマンスなスポーツモデルを発売したこともありました。

現在は”RS”に代わって、”GR SPORT”というスポーツグレードがラインナップされています。

ヴィッツ”GR SPORT”の特徴は、ベース車両がヴィッツとは思えないほどの大胆な変更。

攻撃的なエクステリアとスポーティーな内装は、過去にスポーツカーに乗っていた人をワクワクさせるはず。

ボディやエンジンにも手が加えられており、ヴィッツはもはや本格的なスポーツカーとして変貌を遂げていることがわかります。

エンジンの最高出力は109馬力と少し非力な印象を受けますが、車両重量は1,030kgと軽量。

パワーウェイトレシオは9.45kg/psと、コンパクトカーのスポーツグレードとしては十分すぎる数値を誇っています。

価格は2,303,640円〜です。

ノート NISMO

ノート NISMO

続いて紹介するスポーツグレードは、日産・ノート”NISMO”です。

ノート”NISMO”には、エンジンを利用して発電したエネルギーでモーターを駆動させるEVモデル”e-POWER NISMO”、ノートのスポーツグレードのベースとなる”NISMO”、エンジンに専用チューニングが施された”NISMO S”の3種類のグレードがラインナップしています。

私が最もオススメするグレードは”NISMO S”です。

”NISMO S”に搭載された1.6L直列4気筒エンジンは、140馬力もの最高出力を発生。

車両重量も1,080kgとボディサイズからは想像できない軽さを実現しています。

パワーウェイトレシオは7.71kg/psと非常に優れた数値。

そのスポーツカー具合は中身だけではありません。

ノート”NISMO”は派手なフロントバンパーとカラーリング、スポーティーなサイドステップなど、スポーツカーとしての資質を十分に感じられるグレードとなっています。

価格は2,100,600円〜です。

フィット RS

フィット RS

ホンダからは、フィット”RS”を選出。

まず前提として、フィット”RS”はヴィッツ”GR SPORT”やノート”NISMO”ほど本格的なスポーツグレードではありません。

上記の2台はスポーツカーらしい内外装とチューニングが施されています。

ノーマルグレードと並べてチェックすると、その違いは一目瞭然でしょう。

しかし、フィット”RS”の内外装はノーマルグレードと比べ、これと言って大きな違いはありません。

パッと見た限りで、それがフィット”RS”だということに気づく人は多くないと思います。

また、エンジンや足回りも独自のチューニングが施されているワケではなく、あくまでガソリンモデルの上級グレード”15XL”に6MTを採用しただけ。

もちろん、”RS”専用の装備もありますが、ヴィッツ”GR SPORT”やノート”NISMO”と比べると、それほど本格的なスポーツグレードではない、という印象を受けました。

決してフィット”RS”の評価が低いと言っているワケではありません。

ただ、本格的なスポーツグレードとしてはヴィッツ”GR SPORT”やノート”NISMO”に1歩譲ります。

ベースとなるフィットがコンパクトカーとして非常に優れた車なので、気軽に運転を楽しめるスポーツグレードとしては最適な車だと思います。

スイフトスポーツ

スイフトスポーツ

最後に紹介するのはスズキが誇るコンパクトカー、スイフトスポーツです。

この車はもはや、スポーツグレードの域をとっくに通り越し、スポーツカーと呼べるスペックを備えています。

搭載しているエンジンは1.4L直列4気筒ターボエンジンで、最高出力は140馬力。

車両重量は970kgと、1,000kgを下回る数値です。

パワーウェイトレシオは6.93kg/psと優秀で、今回紹介したスポーツグレードの中では最も良い数値となっています。

ノーマルグレードのスイフトの愛嬌を持ち合わせながらも、大きく開口したグリルはまさにスポーツカー。

スイフトから全幅が拡大されたことによる、コーナリング性能や直進安定性の向上など、スポーツカーとしての資質を感じざるを得ない1台です。

コンパクトカーのスポーツグレードでも走りは楽しめる

今回はトヨタからヴィッツ”GR SPORT”、日産からノート”NISMO”、ホンダからフィット”RS”、スズキからスイフトスポーツを選出しました。

実用性のあるコンパクトカーとしても、運転を楽しむスポーツカーとしても、非常に高い魅力を持った車たち。

奥さまがAT限定免許しか持っていないならば、パドルシフトを装備したAT(CVT)モデルを購入すればいいだけの話。

近年のパドルシフトは本当に精度が高く、バリバリ運転を楽しむことができると思います。

これら車の唯一のネックは、ノーマルのグレードと比べ、車両価格が高価になってしまうこと。

ノーマルグレードが予算の範囲内だとしても、スポーツグレードは予算の関係で購入することができない人もいるでしょう。

スポーツタイプのコンパクトカーを安く購入する方法

現在車を所有している人は、所有している車を下取りに出して、新たに新車を購入すると思います。

新車を乗り継いでいる人ならおわかりだと思いますが、ディーラーの下取りは本当に安いですよね。

まともな査定価格を提示してくれた覚えが一切ありません。

ディーラーの下取りに苦い思い出がある人は、車の一括査定サービスを申し込んでみてはいかがでしょうか。

複数の買取り業者がオークション形式で競合し、査定価格を高く提示してくれるので、あなたは最も高い査定価格を提示した買取り業者に車を買い取ってもらえばいいだけ。

たったそれだけで、ディーラーより十数万円以上は高く買い取ってくれること間違いなしです。

興味のある人はぜひ、車の一括査定サービスを試してみてくださいね。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

コンパクトカースポーツカー
この記事を書いた人

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト