お得な車買取査定ナビ

アウドドアだけでなく災害時にも活躍!車中泊ができるSUV 4選

  カテゴリ:SUV
アウドドアだけでなく災害時にも活躍!車中泊ができるSUV 4選

悪路や雪道などでも高い走破性を発揮するSUVは、アウドドア用途に最適です。

さらに車中泊もできれば、レジャーだけでなく災害時にも役立つなど、鬼に金棒です。

そこで、車中泊にも対応するおすすめSUVを4台、選んでみました。

完全にフラットな床で車中泊ができるトヨタ「ランドクルーザー」

ランドクルーザー

本格クロカン4WDの代名詞的存在として、世界中で人気の的になっているトヨタ「ランドクルーザー」は、車中泊にも対応できる1台です。

ボディサイズが大きいだけに荷室スペースも広く取られています。

2列目シートと3列目シートを折りたたむことで長さ1,685mm、幅990mmの空間が確保できます(「GX」グレードをのぞく)。

3列目シートのないGXなら、幅がさらに大きくなります。

しかも、床面がほぼフラットというメリットがあるので、マットを敷けば快適な車中泊が可能です。

車中泊できる人数は、小柄な人なら2人でも大丈夫ですが、大柄な人だと斜めに寝ないと足がぶつかってしまうので、1人限定になりそうです。

しかし、大柄な人が2人で車中泊するための裏技として、前席と2列目シートの背もたれをフルリクライニングしてつなげる方法があります。

ただし、その場合は座面がフラットにならないので、マットを敷いたとしても寝心地は劣ってしまいます。

もし車中泊のためにお金を掛けられるなら、「工房リンクス」が製造しているベッドキット(78,000~118,000円)がおすすめです。

これを使えば、長さ1,820mmの完全にフラットなスペースが確保できるので、大柄な人が2人で車中泊することができます。

ランドクルーザーとランクル・プラドの違いは?スペックを比較!

広いスペースで車中泊ができるマツダ「CX-8」

CX-8

マツダのクロスーバーSUV「CX-8」は、走行性能の高さやミニバンに迫る室内スペースなどから大ヒットしていますが、車中泊にも向いたモデルになっています。

ボディサイズはランドクルーザーよりも一回り小さいものの、荷室スペースは2/3列目シートを折りたたんだ状態で長さ2,200mm、幅1,015mmとはるかに広大です。

ただ、ランドクルーザーと異なりフロアが斜めになってしまうので、寝心地の点では一歩を譲るでしょう。

それでも、ディーラーオプションのベッドクッション(※ベンチシート車専用、1枚39,960円)を2枚使用すれば、大柄な人が2人余裕で車中泊できるメリットがあります。

コンパクトSUVで車中泊がしたいならホンダ「ヴェゼル」

ヴェゼル

ランドクルーザーやCX-8が車中泊に合うことはお分かりいただけたと思いますが、ボディが大きいので万人向けとは言えません。

もっとコンパクトなSUVで車中泊に対応できるモデルとしては、ホンダ「ヴェゼル」があげられます。

ヴェゼルは、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトの採用により、多彩なシートアレンジが可能。このクラスとしては広い荷室スペースを実現しています。

後席を格納したときの荷室スペースは、長さ1,550mm、奥行き1,000mmです。

さすがに長さに余裕はないので、小柄な人でも2人での車中泊は難しそうですが、1人なら斜めに寝ることで問題なく対応できます。

また、フロアには段差ができてしまいますが、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が段差が小さいので、車中泊を目的に購入するならハイブリッド車がベターです。

マットはオプションでは用意されていないので、市販の汎用品から選ぶ必要があります。

軽SUVながら快適な車中泊が可能なスズキ「ハスラー」

オレンジ色のハスラー

ベストセラーを続けているスズキのクロスオーバーSUV「ハスラー」は、軽自動車ながら車中泊にベストなモデルに仕上げられています。

これまでに紹介した3車種と異なり、前席の背もたれを前に倒せるのがハスラーの大きなメリットです。

同時に後席の背もたれも前に倒せば、長さ1,930mm、幅1,010mmのほぼフラットなスペースが出現します。

ディーラーオプションのベッドクッション(※G/X/Jスタイル用、1セット39,960円)を2セット用意すれば、完全にフラットな2人分の車中泊スペースを確保できます。

ただ、最廉価グレード「A」の場合はシートアレンジに制約があるので、車中泊できるのは1人です。

また、オプションのベッドクッションは使えないので、市販のマットで対応する必要があります。

また、ハスラーに似た普通車として、クロスビーを選択するのも1つの方法です。

激売れしてるクロスビーとハスラーの違いは?メリットとデメリットを比較

車中泊ができるSUVは、ある意味で車の理想形

今回紹介したような、どんな道路も走破できるうえに車中泊にも対応するSUVは、ある意味で車の理想形と言えるでしょう。

日常ユースで何の問題もなく使えるのはもちろんのこと、車中泊をしながらのドライブ旅行にうってつけですし、万が一災害により自宅に被害があったときは、車内で過ごせるメリットがあります。

1台であらゆる用途に対応できる車が欲しいなら、候補にあげる価値は十分あります。

今回取り上げた4台は、クラスやキャラクターが異なるので優劣を付けるのは難しいのですが、あえてイチオシをあげるとすればハスラーです。

理由は、車中泊に最適なシートアレンジを備えていることと、車体がコンパクトなのでどんな道でも自信を持って入っていけることです。

ファーストカーとしては物足りないなら、セカンドカー、サードカーとして購入しても良いでしょう。

もし、いま乗っている車から車中泊ができるSUVに買い替える場合は、車の無料一括査定の利用をおすすめします。

車の一括査定は、愛車に一番高い査定額を付けてくれる中古車買取店が見つかるうえ、手続きも簡単という大きなメリットがあるからです。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1
  • 書いている人【YAS やす】

    1988年生まれの30歳。フリーランスのライターをしています。
    現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます(くわしいプロフィールはこちら
    車が好きな人つなぐ”サークル”のような場所をつくるのが、このWebサイトの目的です。ぜひ車について語らいましょう!

  • 私が乗ってきた愛車遍歴

    トヨタ・クレスタ

    三菱自動車・デリカ CHAMONIX

    トヨタ・bB

    フォルクスワーゲン・ゴルフ

    ボルボ・V60 【現在】

  • いま欲しい車!(憧れ込み)

    ポルシェ・パナメーラ
    マセラティ・ギブリ
    スバル・レヴォーグ