雪道ではスタッドレスタイヤは必須?夏タイヤとの違いを解説

車の部品・オプション

雪道ではスタッドレスタイヤを履いた方が良いと分かっていても、「法的に履くことが義務づけられているの?」という疑問をいだいている人も多いはずです。

今回は、そんな疑問にお答えすると同時に、夏タイヤとの違いはどこにあるのかについて解説します。

雪道走行時には、滑り止めの措置が義務づけられている

まず、「雪道では絶対にスタッドレスタイヤを履かないといけないの?」という疑問にお答えしましょう。

結論から言いますと、雪の降らない沖縄県をのぞき、各都道府県の条例により雪道や凍結路では「滑り止めの措置」を取ることが義務付けられています。

「滑り止めの措置」とは、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤを含む)やタイヤチェーンを装着することを指します。

つまり、夏タイヤのままでもタイヤチェーンを装着すれば問題ないので、絶対スタッドレスタイヤを履かないといけないわけではありません。

ただ、タイヤチェーンは着脱作業が面倒であるうえ、乾燥路での走行や高速走行に不向き、振動・騒音が大きいなどの欠点があるので、スタッドレスタイヤの方が一般的でしょう。

もし、雪道・凍結路を走行する際にスタッドレスタイヤやタイヤチェーンの装着をおこたると、法令違反により反則金を取られてしまうので要注意です。

スタッドレスタイヤのメリットは?

続いて、スタッドレスタイヤは夏タイヤと比べてどんな違いがあるのか、雪道・凍結路でどんなメリットがあるのかを解説します。

夏タイヤとの違いは、溝とゴムの素材にあり

スタッドレスタイヤは、トレッド面(路面と接する部分)の溝が深いことに加え、サイプと呼ばれる細かい溝が刻まれているのが夏タイヤとの違いです。

さらに、夏タイヤの素材よりも柔らかく、低温時でも柔らかさを保ちやすいゴムが使われていることも、特徴のひとつです。

こうした構造・素材面での特徴が、雪道や凍結路で高い性能を発揮する要因になっています。

3つの効果により、雪道・凍結路で高い駆動力を発揮

トレッド面の深い溝は、雪や氷を強くひっかく「エッジ効果」や、雪を踏み固めてけり出す「雪中せん断効果」を生み出します。

また、柔らかいゴムは路面に密着する「接地面効果」を生み出します。

この「エッジ効果」「雪中せん断効果」「接地面効果」の3つの効果が相まって、雪道や凍結路で高い駆動力を生み出すのです。

そして、サイプには、タイヤに踏まれ氷から解け出した水分を吸い取る効果があります。

それにより、路面に生じた水膜によりタイヤが滑ってしまうことを防いでくれます。

スタッドレスタイヤを装着すれば雪道・凍結路で安全な走行ができるのは、こうしたさまざまな工夫がこらされているからです。

スタッドレスタイヤの威力は、加速時や巡行時だけでなく、ブレーキをかけて減速するときにも発揮されます。

雪道や凍結路での制動距離は、夏タイヤの3分の2以下で済むので、万が一のときでも事故を回避しやすいのです。

スタッドレスタイヤのデメリットは?

雪道や凍結路でスタッドレスタイヤを履くメリットについて解説しました。

長所の一方で、スタッドレスタイヤにはデメリットもあります。

ウェット路面や乾燥路に弱い

スタッドレスタイヤは雪や氷に強いので、雨に濡れた道路にも強いと思っている人がいるかもしれません。

しかし、実際はスタッドレスタイヤは濡れた道路が苦手です。

柔らかいゴムが用いられているスタッドレスタイヤは、夏タイヤと違い路面に溜まった雨水を押しのけることが苦手です。

そのため、雨天時のハンドル操作やブレーキ操作には注意が必要になります。

特に怖いのは、タイヤが路面から浮いてハンドル操作がきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起きやすいことです。

また、乾いた路面においても、溝が変形しやすいため制動距離は夏タイヤよりも長くなってしまいます。

つまり、スタッドレスタイヤは雪の上で最も高い効果を発揮するということです。

タイヤチェーンの併用が必要な場合もある

雪道や凍結路で夏タイヤよりもはるかに優れた性能するスタッドレスタイヤですが、万能ではありません。

深雪や雪の積もった急こう配などでは、スタッドレスタイヤを履いていても進みにくいことがあります。

そんな場合には、より強い駆動力を発揮できるタイヤチェーンを併用する必要があります。

また、降雪量が多いときは高速道路で「全車両チェーン装着規制」がしかれることがあります。

その際は、たとえスタッドレスタイヤで問題なく走行できていると感じていても、必ずタイヤチェーンを装着しなければなりません。

性能を過信してしまうことも

スタッドレスタイヤを履いていれば、一般的な雪道や凍結路では不安なく走れてしまうので、つい油断してしまいがちです。

もし性能を過信して、急発進・急ハンドル・急ブレーキといった運転をしてしまうと、思わぬ事故につながる可能性があります。

これはスタッドレスタイヤ自体のデメリットではなく、ドライバーの意識の問題ですが、こうしたリスクがあることも頭に入れておいた方がよいでしょう。

少しでも雪が降る地域に住んでいるなら、冬場はスタッドレスタイヤを

これまでの解説で、スタッドレスタイヤの必要性や夏タイヤとの違い、メリット・デメリットなどを理解いただけたと思います。

もし、少しでも雪の降る地域に住んでいて、なおかつ雪の日でも買い物や送迎などで車を使う必要がある場合は、ぜひともスタッドレスタイヤを装着して欲しいものです。

購入のためにお金が掛かりますし、置き場所の問題も生じます。しかし、安全には替えられません。

スタッドレスだけでなく、雪道では四輪駆動車のほうが安心

また、雪道を安全に走行するには、スタッドレスタイヤの装着はもちろんのこと、車の駆動方式も重要なポイントになります。

雪道を安全に走るためには、やはり前輪 or 後輪駆動よりも、全輪駆動(4WD・AWD)が欠かせません。

中には、FF車やFR車から、より雪道に強い4WD車への買い替えを検討している方も多いと思います。

4WDは価格が少し高めに設定されているので、予算を多めに確保しなければなりません。

車を買い替える場合は、車の一括査定の利用をおすすめします。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで愛車に一番高い査定額を付けてくれる中古車買取店が見つかる、大変便利なサービスです。

少し高い四輪駆動車であっても、一括査定なら愛車が高く売れるので予算に余裕が生まれます。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の部品・オプション
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト