スバル車が高いと言われる3つの理由とは?安く買うコツはある?

スバル車が高いと言われる3つの理由とは?安く買うコツはある? スバル(SUBARU)

スバル車は価格が高いと言われることがありますが、その理由は3つあります。

理由が分かれば、安く買うコツもつかめるというものです。

ここでは、スバル車を少しでも安く買いたいと考えている人のために、値引きを引き出す具体的なコツをお教えしましょう。

スバル車が高い理由は車作りの姿勢と企業風土、そして購買者の姿勢

まず、ここで言うスバル車とは、水平対向エンジンを搭載したスバルのオリジナル開発車のことを指します。

「ジャスティ」「ステラ」「プレオプラス」などのダイハツからのOEM供給車は含まないことに、注意してください。

それでは、スバル車が高いと言われる具体的な理由について解説していきましょう。

理由は、以下の通りになります。

  • 1.技術を最優先し、コストを度外視した車づくり
  • 2.販売会社(ディーラー)に、値引きで勝負しようという企業風土がない
  • 3.購買者はスバル車の熱烈なファンが多く、値引きの戦略に熱心ではない

続いて、それぞれの項目についてくわしく解説します。

1.技術を最優先し、コストを度外視した車作りを行っている

スバルは、昔から何はさておき技術を最優先し、コストを度外視した車づくりを行ってきた自動車メーカーです。

低重心化と小型軽量化を実現できる水平対向エンジンや、左右対称設計で重量バランスのよいシンメトリカルAWDなど、スバルのこだわりの技術は数えればきりがありません。

さらに、ボディ剛性や衝突安全性の強化に非常なこだわりを持っているのも、スバルの特徴です。

こうした、商業主義にしばられない理想主義的な車づくりを行っているため、製造コストはかさんでしまいます。

当然、車両価格(メーカー希望小売価格)もあまり下げることはできません。

そのため、平凡なメカニズムを採用した他社の車と比較すると、価格が高く感じてしまうことがあるのです。

販売会社(ディーラー)に、そもそも値引きで勝負しようという企業風土がない

スバルはあくまでも車につぎ込んだ技術で勝負するメーカーであって、価格の安さで勝負しようという企業風土はありません。

スバル車を扱うディーラーも同じで、値引き額の大きさではなく、とにかくスバル車の良さが分かる人に買って欲しいと考えています。

そのため、大幅な値引きを引き出しにくい傾向があるのです。

購買者はスバル車の熱烈なファンが多く、値引きの戦略に熱心とは言えない

スバル車の購買者はとにかくスバル車にほれ込んでいるため、指名買いをするケースが多くなっています。いわゆる”スバリスト”の存在が大きいのです。

もちろん、商談のときにそれなりの値引き交渉はするでしょうが、他メーカーの競合車を交渉に使うことをしないので、大幅な値引きを引き出すことはまず不可能です。

スバルのディーラー側からすれば、100%自社の車を買ってくれることが分かっているのですから、あえて相手の望む値引きに応じる必要もありません。

スバル車が高いと言われるのは、購買者の値引きに対する戦略のなさも一因になっていることは間違いないでしょう。

スバル車を安く買うには、競合車のピックアップや購入時期が重要に

高いと言われるスバル車を少しでも安く買うためには、次にあげる3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 1.ライバル車の見積額を商談に使う
  • 2.別系列のスバル販売店同士で競合させる
  • 3.値引きが甘くなる時期を狙って商談する

競合車をピックアップして商談時に競合させる

さきほどの解説でお分かりいただけたと思いますが、まずは競合車をピックアップし、商談のときに競合させることが重要なポイントになります。

車種の選定は、同じカテゴリーで同じクラス、なおかつ価格も近いものがベストです。

具体的には以下のような競合車を意識すると良いでしょう。

  • 「レガシィ B4/アウトバック
  • → マツダ「アテンザセダン/ワゴン」
  • レヴォーグ
  • → トヨタ「アベンシス」
  • フォレスター
  • → 三菱「アウトランダー」
  • インプレッサスポーツ/G4
  • → マツダ「アクセラスポーツ/アクセラ」
  • XV
  • → 日産「ジューク」

車種が決まったら、実際にその車を扱っているディーラーに足を運び、自分なりの値引き交渉をした上で見積もりを取ります。

もちろん、車の長所と短所を知るために試乗も欠かせません。

また、実際にはその車にあまり興味がなかったとしても、カタログやインターネット上の情報サイトなどから性能や装備などに関するさまざまな情報をリサーチしておくことも大切です。

こうした準備が整ってから、初めてスバルのディーラーに足を運びます。

そして、商談の流れの中で「必ずしもスバル車が本命ではない」という雰囲気を匂わせながら、値引交渉に臨むのです。

試乗やリサーチで分かった競合車の長所を強調し、「競合車を買うかもしれない」という危機感をあおるのもよいでしょう。

そうすることで、競合車なしで指名買いをする場合よりも、大きな値引きが引き出せるはずです。

新車の値引き交渉術!20万円以上安くする方法とは?

別系列のスバル販売店同士で競合させる

しかし、中にはこんなふうに思う人がいるかもしれません。

  • 「本当は欲しくもない車の見積もりを取るのは面倒だ」
  • 「買う気もないのに営業担当者に手間暇を取らせるのは気が引ける」
  • 「根が正直なのでスバル車が大本命であることを見抜かれそうだ」

このような場合は、スバルの販売店同士で競合させる方法がおすすめです。

新車の販売店は、いわゆるフランチャイズのような形態をとっていることが多いのが実情です。

つまり、看板は同じに見えても、じつは運営会社がちがうということがあるわけですね。

スバルの販売店には3種類の会社系列があるので、別の会社が運営する販売店同士で競合させることができます。

自宅から行ける範囲にディーラーがない場合はむずかしいですが、効果的な方法です。

値引きが甘くなる時期を狙って商談する

また、商談をする時期を選ぶこともポイントのひとつになります。

スバルに限らず多くの自動車メーカーの決算時期は、年度末決算が3月、中間決算が9月です。

決算時期は、ディーラーは少しでも販売台数を伸ばして利益を増やしたいので、値引きが甘くなる傾向があります。

新車購入は3月と9月を狙え!新車の値引き額を最大にする方法

また、元手を増やすことができれば、結果的にスバル車を安く買えたのと同じことになるはずです。

元手を増やすには、いま乗っている愛車を少しでも高く買い取ってもらうことが重要ですが、その方法として車の一括査定をおすすめします。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで複数の買取店の中から一番高く買い取ってくれるお店を選べる、大変便利なサービスだからです。