水没車の修理にかかる費用はいくら?廃車にする前にチェックしたいこと

水没車の修理費用 廃車・事故車

水没車の修理にかかる費用は、どれくらいなのでしょうか?

車を乗っていると、時にとんでもな事態に巻き込まれることがあります。

車がもし水没してしまったら、どのように対応すればいいのでしょうか?

水没車にまつわる疑問と、修理にかかる費用についてわかりやすく解説します。

車はどれくらいの水没で故障するの?

水没とはいってもその種類はさまざま。

車が置かれている状況によっては水没とはいえ、まだまだ修理で直せる可能性があります。

まずは水没で車が動かなくなる原因について見ていきましょう。

マフラーに水が入ると車は動かなくなる

水没で車が動かなくなる理由として、マフラーに水が入ってしまうことが挙げられます。

水による車の故障はエンジンまわりが原因かとおもいきや、じつは多くの原因はマフラーにあるのです。

厳密にいうと、エンジンが停まった状態でマフラーに水が入ると動きません。

理由はシンプルで、マフラーに水が入ると排気ガスを排出できなくなるからです。

そのため車が停止している状態でマフラーが水没してしまうと、車は動かなくなります。

もし運転中に冠水しそうになったのであれば、アクセルを踏んでマフラーに水が入らないようにする必要があります。

そうすれば一定の排気量が保てるので、マフラーへの水の侵入を防ぐことが可能です。

ただし、もし水没してマフラーに水が浸入してしまったら、修理工場に持ち込む必要があります。自力で直すことはむずかしいでしょう。

駐車中の車が水没してしまったら

エンジンが止まっている状態でマフラーはおろか、シートの高さまで水没してしまったらどうすればいいのでしょうか?

この場合、まずエンジンは動きません。

ですので、車のところに言って復旧を試みてもほとんどが失敗に終わります。

まずは身の安全を守ることを第一に考えましょう。

台風前など、水没する危険性が予測出来る場合には、あらかじめ車を高台などに移しておくこともお忘れなく。

車が水没している状態では車内に入ることもできません。

というより、車内に入ろうとするのは非常に危険です。

必ず水が引くのを待ってから対処するようにしましょう。

ちなみに、車を駐車するときは、必ずサイドブレーキを引いておくことをおすすめします。

洪水などで水の流れが発生したときに、サイドブレーキを引いておけば流される可能性を低くできるからです。

車内に閉じ込められたときの対処法

車内にいる状態で車が水没してしまい、扉が開かずに閉じ込められてしまうケースもあります。

その場合、真っ先にすべきことは扉のガラスを割ることです。

運転席の近くに緊急用のハンマーを積んでおくことがベストです。

もし準備していなかったら、ヒジでガラスを割りましょう。

人間のヒジは身体のなかでも硬い骨と言われていて、拳で割るよりもヒジのほうが安全で確実です。

水没車の修理費用はどうすればいい?

もし車が水没してしまった場合は、修理に出すか廃車に出すかになります。

車の状態によりますし、修理費用にどれくらい必要かで判断は分かれるでしょう。

車両保険に加入している場合、未加入の場合それぞれの修理費用を見ていきます。

車両保険を使うことを考えよう

車の水没には「車両保険」を使うことができます。
車両保険は自動車保険のなかの補償の1つ。車にキズが付いたり、水没した場合に利用できます。
(※車両保険の条件によっては「水没」が対象外になっていることもあります)

車両保険は保険料が高いせいもあり、加入率は全体の4割程度です。
もし加入しているのであれば、率先して保険会社に保険金を申請しましょう。

水没車の修理費用は車の状態によって変わってきます。

  • ・シートの上まで水没 50万円〜
  • ・シートの下まで水没 25万円〜
  • ・フロアマットまで水没 5万円〜

これらはあくまでも一例ですが、シートの上まで水没していると車両保険は「全損」として処理されることがあります。

全損とは、もう修理がむずかしく使えない状態のこと。
この場合には、車両保険を使って車を買い替える方が良いでしょう。

まずは保険会社に連絡を入れて、どれくらい補償してもらえるかチェックしましょう。

車両保険に入っていない場合は?

先ほど説明したように、車両保険の加入率は4割にすぎません。

ですから、車が水没しても多くの人が自腹で修理費用を負担することになります。

車両保険を使う場合も、そうでない場合も、まずは修理工場に費用の見積りを出してもらいます。

もし自腹で修理するのであれば、できるだけ状態を悪化させないための工夫が必要です。

具体的には、以下のことを修理工場に持ち込む前に行っておきましょう。

  • ・できればバッテリーは外しておく
  • ・車内の水は抜いておく
  • ・窓ガラスを開けて湿気を逃がす

できればバッテリーは外しておく

車は細かい電気系統が集まっています。
ですから、少しでも水分から遠ざけることで、車の故障を軽減することが可能です。

また、車のバッテリーはエンジンをかけるときに不可欠なものですので、可能であれば外しておきましょう。

車内の水は抜いて、湿気を逃がそう

車内の水を抜いて、湿気を逃してあげることも大切です。

オーディオやカーナビなど、車内には電気機器が多くあるので、水分は大敵。

なるべく修理がしやすい状態にしておくことが大切です。

水没車は中古車として売却できるの?

車が水没して全損になってしまうと、買い替えを検討する必要が出てきます。
あるいは、水没によって車の調子が悪くなって買い替えを検討することもあるでしょう。

水没車に考えられる車の不具合には以下のようなものがあります。

  • ・電気系統の不調
  • ・バンパーのサビつき
  • ・車内の金属部分のサビ
  • ・ブレーキペダルなどのサビ
  • ・そのほか金属部品のサビ、腐食

水没した車を買取ってもらうことは果たして可能なのでしょうか?

こうした状態が見られると、水没車は中古車としての価値が下がってしまいます。

しかし、あくまで水没車であって事故車ではありません

事故車には明確な査定の減額基準があります。
よくわかる!車の事故歴が査定額に与える影響

しかし、水没車は修理が上手くいったり、状態が良ければ大きな減額はありません。

買取査定は業者によってやり方・査定基準が大きく異なります。

なかには水没車や廃車を買い取ることを専門にしている業者もあるくらいです。

水没車なんてどうせ高く売れないのでは?

どんなに高い車であっても、水没してしまった時点で車の買取額は下がってしまいます。むしろ、廃車になる可能性も高くなるでしょう。

たしかに、車を高く売れる可能性は低くなります。水没車を高く売れるお店をさがすのはむずかしいですよね。

しかし、水没車であっても、まずは買取業者に一括査定してもらうことで愛車の最高額をスグに知ることができます。

水没車の査定額を知ることができれば、修理すべきか買い替えるべきか計画を立てやすくなりますよね。

修理費用をかける or 買い替えるかは査定額を確認してから判断しましょう。

そうすれば水没車にかける費用を軽くすることにつながります。

一括査定では水没車であっても見積りを出してもらうことが可能です。

まずは水没車の見積もりを出してもらいましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
廃車・事故車
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト