車検が切れた車の自動車税は払う必要がありますか?

車検が切れた車の自動車税は払う必要がありますか? 車検・メンテナンス

毎年4月1日付の車検証の所有者に対して課せられる自動車税は、車検の残っている車の場合は必ず払う必要があるのはご存知のことでしょう。

しかし、車検切れした車の場合はどうなるのかは、知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで、さまざまなケースについて検証してみました。

車検切れのあと何も手続きをしない場合は、自動車税が課せられる

一度ナンバー登録をした車は、たとえ車検切れになって駐車場で保管しているだけの状態になっても、何の手続きもしなければ自動車税の納税義務から逃れることはできません。

「抹消登録手続き」を行えば、自動車税の納税義務はなくなる

車検切れになった車を保有し続けたいが、自動車税は払いたくないという場合は、車の「抹消登録手続き」を行う必要があります。

この手続きには「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類があり、将来的にまた車検を受けて車に乗りたい場合は「一時抹消登録」の選択が必要です。

しかし、今後一切車検を受ける可能性がない場合は、「永久抹消登録」を選択するとよいでしょう。

この手続きを行うことで自動車税の納税義務がなくなり、自動車税の還付が受けられます。

現在付いているナンバープレートに特にこだわりがない場合はこの方法がおすすめです。

「自動車税課税保留制度」が適用されれば、納税義務が保留される

自動車税を払わずに車検切れになった車を保有し続けるもうひとつの方法に、「自動車税課税保留制度」があります。

自動車税課税保留制度とは、文字通り自動車税の課税が(一時的に)保留される制度で、納税義務が免除されるわけではありません。

その種類は次にあげる3つがありますが、いずれかの条件に適合すれば制度が適用され、自動車税の支払いが保留されます。

定期保留とは?

定期保留とは、4月1日現在において車検証の有効期限が満了している車に対して適用される制度のことです(※ただし、4月1日現在において使用の意思があることを確認済のものなどを除く)。

この場合、抹消登録手続きを行った場合と異なり自動車税の還付は受けられないので、単純な損得勘定からすれば「損」ということになります。

しかし、その一方で現在のナンバープレートを付けたまま保管できるメリットがあるので、ナンバープレートの表記に特別の思い入れがあって手放したくない場合などは、こちらの方法がおすすめです。

ただし、すべての自動車所有者がこの制度を利用できるわけではありません。

自動車税は地方税なので、この制度を適用するかどうかは各都道府県の裁量にゆだねられているからです。

したがって、適用されない都道府県でナンバー登録している場合で、なおかつ車検切れの車の自動車税を払いたくない場合は、抹消登録手続きをするしかありません。

一方、制度が適用される場合は、納税通知書を発行する時点で一律に課税が保留されるケースもあれば、事情届の提出が必要なケースもあるなど、都道府県により対応がまちまちなので注意が必要です。

また、保留から抹消登録するケースでも都道府県により対応が異なり、1~3年度分の自動車税が課せられる場合もあれば、自動車税が課せられない場合もあります。

一方、保留を解除して車検を受けるケースでは自動車税の納付義務が生じますが、都道府県によって1年度分の場合もあれば2年または3年度分の場合もあるなど、こちらも対応がまちまちです。

くわしくは、各都道府県の自動車税の担当窓口に問い合わせるようにしてください。

譲渡先不明保留とは?

自動車を譲渡した後で移転などの登録がされず、その車を譲り受けた人と自動車の所在が不明な場合に適用される制度が譲渡先不明保留です。

不明となっていた自動車または自動車の譲受人の所在が判明した場合などは、保留が解除され課税処理が行われます。

一般的には、あまり適用される機会がない制度でしょう。

盗難保留とは?

盗難や詐欺、横領によって自動車の所在が不明になった場合に適用される制度です。

自動車が発見された場合は保留が解除され課税処理が行われます。

万が一愛車が盗難に合ってしまっても、取り合えず自動車税は払わずに済むわけです。

一般的には一時抹消登録がおすすめ

これまでの説明で、車検切れの車の自動車税を払わずに済む方法と手続きは、登録をしている都道府県によって異なることがお分かりいだけたと思います。

もし定期保留が適用される都道府県で登録している場合は、選択肢が多いので得したような気分になるかもしれません。

しかし、どの都道府県で登録している場合でも、一般的には自動車税の還付が受けられる一時抹消登録がおすすめです。

ところで、愛車が車検切れになって一時抹消登録または定期保留を行ったものの、手放してほかの車に買い替えたい思いがわいてくるケースもあることでしょう。

その場合、愛車がいくらくらいで売れるのか気になるのではないでしょうか。

もし、車検切れになっている車をディーラーに下取りに出した場合、査定額はかなり低くなってしまうかもしれません。

一方、買取専門店なら、思っていた以上に高い査定値を提示してくれるところもあるはずです。

しかし、1件1件電話やメールで連絡して査定を依頼するのも手間と時間がかかるので、億劫になってしまうことでしょう。

そこでおすすめなのが車の一括査定で、このサービスを利用すれば、いちいちこちらから依頼することなく複数の買取専門店から査定を受けられるので、絶対のおすすめです。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車検・メンテナンス
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト