修復歴のある車を売却するときの注意点!告知義務は?査定額は下がる?

修復歴のある車を売却するときの注意点!告知義務は?査定額は下がる?

車体の骨格部分の修理をおこなった履歴を「修復歴」と呼びますが、修復歴のある車(修復歴車)を売る場合、はたして告知義務はあるのでしょうか?

また、査定額が下がってしまうのかが気になりますよね。

そうした疑問を抱いている方のために、修復歴車を売る時の注意点について解説します。

修復歴の定義は、3つの組織によりはっきりと定められている

冒頭で、修復歴とは車体の骨格部分の修理をおこなった履歴であると述べました。

しかし、骨格部分とは具体的にどこを指すのか分からない、そもそも修復歴の定義はどこで決めているのか知りたい、という方もいると思いますので、もう少しくわしく解説しましょう。

まず、修復歴の定義は、以下にあげる3つの組織によりルール化されています。

  • ・一般社団法人自動車公正取引協議会
  • ・一般財団法人日本自動車検査協会
  • ・一般財団法人日本中古自動車販売協会連合会

次に、車体の骨格部分とは、以下に示す9つの部位のことを指します。

  • 1.フレーム
  • 2.フロントインサイドパネル
  • 3.ダッシュパネル
  • 4.ルームフロアパネル
  • 5.トランクフロアパネル
  • 6.ルーフパネル
  • 7.フロントクロスメンバー
  • 8.ラジエーターコアサポート
  • 9.ピラー

これらの部位のうち、過去にどこか一箇所でも修復したり交換したことがあれば、修復歴車と見なされます。

逆に、それ以外の部位を何度も修理したとしても、修復歴にはなりません

修復歴にならない(骨格部分ではない)部位には、おもに次のような箇所があります。

  • ・ボンネットフード
  • ・ドア
  • ・フェンダー
  • ・バンパー
  • ・ガラス
  • ・ドアミラー

つまり、フェンダーやドアをぶつけてしまい、少しへこんだので板金修理をした場合や、ガラスに異物が当たってヒビが入ったので交換した場合などは、修復歴は付かない、ということです。

修復歴車を売る時は、告知義務がある

自分の車が修復歴車に当てはまっていた場合、売る時に中古車買取店側に告知する義務はあるのでしょうか?

もし告知義務がなければ、修復歴があることをだまっていてもよい、ということになります。

結論からいうと、修復歴は告知する義務があります。

中古車買取店と売買契約を結ぶとき、売買契約書へのサインが必要になりますが、売買契約書には「買取査定規約」の項目があります。

その項目に、車の事故歴を把握している場合は申告する義務があること、あとで不備が発覚した場合はあとで減額要求ができる旨が記載されています。

通常、担当者がそうした重要項目を声に出して読みあげるので、あとで「そんな規約があるとは知らなかった」と言い逃れをすることもできません。

つまり、嘘をついて車を売却したとしても、発覚してしまえば返金を求められるケースもあるということです。

修復歴車を売る時に、修復歴がないとウソをついてもバレる

売買契約書の規約を無視し、修復歴がないとウソをついてもバレなければ結果オーライ、と思うかもしれません。

しかし、やはり現実は甘くはないもので、プロの査定員は車の修復歴をしっかりと見抜きます。

出張査定の場合、まれに査定員のミスで修復歴を見落とすケースもありますが、のちの精査で分かってしまう可能性があります。

もし、修復歴車を修復歴はないと偽って申告すると、心象が非常に悪くなり、ほかにもなにか隠していることがあるのではと疑われてしまいます。

そうなると、本来は評価されるべきポイントもなくなってしまい、査定額が下げられてしまう可能性が高くなります。

また、規約の不履行は民事法に違反する行為なので、最悪の場合は告訴される可能性さえあります。

したがって、修復歴車を売る時は、必ず事実をつつみ隠さず告知するようにしましょう。

必ずバレる!事故車は嘘をつかずに高く売ろう

修復歴車を売る時は、最低価格が下がってしまう

願わくば修復歴を隠したい・・・という心理の要因は、修復歴車の買取価格が低くおさえられてしまうことが漠然とながら分かるからでしょう。

では、実際に修復歴のない車と比べ、査定の最低価格はどのくらい下がってしまうのでしょうか?

修理した部位や範囲によっても異なるので、一概には言えませんが、平均的に20~30%ほど下がってしまうようです。

これは結構大きい割合で、年式が新しい車ほど影響が大きく出てしまいます。

もし車の年式が古く、もともとの最低価格が20万円程度であったなら、仮に30%減額されてたとしても6万円ほどの損失で済みます。

しかし、年式の新しい車で、本来は最低でも200万円くらいの査定額が望めた場合は、30%減額だと60万円もの損失になってしまいます。

修復歴車を売る時は、多くの中古車買取店から査定を受けることが重要

修復歴車は、修復歴なしの車と比べ査定額が大幅に下がってしまうと述べましたが、その範囲内で少しでも高く売りたいと思うのが人情です。

では、修復歴車をなるべく高く売るためには、どうすればよいでしょうか?

それは、1件でも多くの中古車買取店に査定を依頼することです。

修復歴車の査定基準は買取店によってまちまちであるため、査定額にかなりの差が付くことがあります。

ですから、自宅から一番近い買取店やコマーシャルで有名な買取店などに車を持ち込み、そのまま売ってしまうようなことをせず、1件でも多くの買取店に査定を依頼することが大切なのです。

なぜ?車を売るときに持ち込み査定は避けるべき3つの理由

修復歴車を売る時のベストな方法は、車の一括査定を利用すること

とはいうものの、買取店を1件づつ足を使って回ったり、いちいち電話やメールで査定を依頼したりするのは実際にはかなり大変です。

それに、それだけの労力を使ったとしても、実際に一番高い査定額を付けてくれるはずだった買取店が漏れてしまう可能性もあります。

そこでおすすめなのが、車の無料一括査定というサービスです。

車の一括査定を利用すれば、自分で買取店を回ったり、電話やメールで査定を依頼したりする必要はありません。

なぜなら、買取店の方から連絡を入れてくれるからです。

しかも、多くの買取店が対象になるので、愛車に一番高い査定額を付けてくれるお店が間違いなく見つかるはずです。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。