車の出張査定にかかる時間はどれくらい?最短で車を売るコツ

車の出張査定の時間

車を査定してもらうにはお店に持ち込む方法がありますが、それよりも出張査定を活用すると便利です。

わざわざ車を運ぶ必要もないですし、買取店への持ち込み査定はアウェイの空気が漂うので、交渉が難しくなります。

車の出張査定にはどれくらいの時間がかかるものなのでしょうか?

所要時間の目安は10分〜1時間

結論からいうと、車の出張査定に必要な時間は査定業者によって異なります。

おおむね10〜30分で査定が完了する業者がほとんどです。

ただし、車をじっくりと査定をする業者については、コミコミで1時間ほどかかることもあります。

一括査定を使って業者に査定を頼むときは、出張査定の予約を取る前に「所要時間はどれくらい?」と確認しておくことをオススメします。

なぜ査定業者によって時間がちがうのでしょうか?

その理由は、査定をするときのチェックポイントがちがうからです。

車の査定額を決めるときには年式・走行距離などで決まる部分が大きくなります。

査定時間が短い買取店は、そういった数字だけで査定額を決めることがあるので、時間が短くなるのです。

反対に、実車をじっくり見て査定額を出すタイプの買取店は出張査定にかかる時間がどうしても長くなるというわけです。

また、当然ながら自宅や指定した場所が遠い場合には、担当者が来るまでに時間がかかるので、移動時間も頭に入れておくようにしましょう。

なぜ短い時間で査定が完了する?

最短10分で完了する車の出張査定。

車にくわしくない人からすると「そんな短時間で本当に大丈夫なの?」と思うかもしれません。

実際、わずか10分ほどで査定が完了し、あとは細かい価格交渉の時間という業者が多いのが実情です。

なぜ10分ほどで査定が終わるのでしょうか?

その理由は、中古車の買取価格は査定前にほとんど決まっているからです。

出張査定で見るのはプラス評価とマイナス評価

一括査定などを使った場合、車の情報をあらかじめ査定業者に伝えることになります。

また、電話で出張査定を依頼した場合も、口頭で車の年式や走行距離を聞かれることがほとんです。

年式・型式・走行距離などの情報をひととおり査定業者に伝えておけば、その情報だけで、ある程度の中古車相場は固まってくるのです。

車の査定額は車種、年式、走行距離の3点でおおよそ決まります。

また、車買取業者は車をオークションに出品することが多いのですが、オークションには共通する相場というものがあります。

ですから、車種・年式・走行距離といった情報だけで、おおよその査定額は決まってしまうのです。

そのため、出張査定で車を見るときには「マイナス査定にするポイント」「プラス査定にするポイント」を確認することになります。

出張査定に来る査定業者が査定のときに見るポイントは、具体的に以下のとおりです。

  • ・減額になるようなキズや凹みはないか?
  • ・エンジンに不調や不具合がないか?
  • ・室内や内装に減額するポイントはないか?
  • ・エアロパーツやナビなど増額になるところはないか?

減額になるようなキズや凹みはないか?

車種・年式・走行距離などの条件が良くても、キズやヘコミがあるとマイナス査定になることがあります。

キズの度合いにもよりますが、買取店がカンタンに直せるようなキズであれば問題ありません。

1つ注意点してほしいのは、出張査定前に車にキズやヘコミがあっても直す必要はないということです。

かかった費用は査定額に反映されないことがほとんどなので、結果的にあなたの赤字になってしまいます。

これだけ!車の査定前に準備すべき3つのこと

エンジンに不調や不具合がないか?

出張査定をする人によっては、時間をかけてエンジンルームまで点検する人がいます。

エンジン音に異常はないか確認して、エンジンルームを目視します。

ここでは問題なく動いているかチェックするだけなので、プラス査定になることはほとんどありません。

関連: 車のエンジンが掛からない!修理費用と期間はどれくらい?

室内や内装に減額するポイントはないか?

車内のチェックポイントは、おもに運転席まわりになります。

内装に汚れや傷みはないか、ニオイはしないか、など時間をかけて査定が行われることもあります。

洗車や清掃は必要?車の査定前にすべき3つのチェック

備品でプラス査定になることはないか?

最新式のナビやオーディオ、エアロパーツなどが付いているとプラス査定になることがあります。

あまり時間をかけてチェックする人は多くありませんし、場合によっては気づかれないこともあります。

アピールしたいポイントがあれば、あらかじめ査定士に伝えておくようにしましょう。

これらの項目は、実際に出張査定で実車を確認しないことにはわかりません。

ですから、査定業者はあなたからもらった車の情報で、おおよその買取価格を決めた上で出張査定にやってきます。

そして、実際に車を見て買取価格を最終決定するわけです。

出張査定は時間よりも「質」にこだわろう

出張査定に来てもらった時にどれくらいの時間がかかるのかは気になるところです。

しかし、所要時間よりも重視すべきは「査定の質」です。

たとえば10分で査定が完了する業者でも、車の価値をしっかり見極める業者は存在します。

反対に1時間かけても車の良し悪しを見抜けない業者も存在します。

重要なのは、査定業者の質です。

出張査定に来て、ロクに車も見ないで「◯◯万円で買い取ります」というような業者はまず信用できません。

そういった業者は「安く買い叩く」ことしか考えてません。

きちんと査定をした上で、マイナス査定(減額)とプラス査定(増額)をしっかりと説明してくれるのが本当に信頼に足りる業者です。

出張査定はどの業者を選ぶかが重要

出張査定は時間の節約になるだけでなく、高額買い取りを実現するためにもぜひ取り入れたい方法です。

さらに、複数の業者から同時に出張査定を依頼すれば、買取価格を競わせることも可能です。
(⇒車の出張査定を同時に行うときの注意点

複数の車買取店に出張査定してもらえば、査定基準のちがいもわかりますし、なにより最高額で売却できるようになります。

まずは一括査定を使って、だいたいの買取相場をチェックしてみましょう。

出張査定は無料なので、しっかりと比較してから買取業者を決めることをオススメします。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。