新車は疲れる!思い切って中古車を買うべき2つの理由

新車は疲れる!思い切って中古車を買うべき2つの理由 中古車の購入

ピカピカの新車に乗るのは気分が良いものです。しかし、なかには新車に乗ることに疲れを感じる人も少なくありません。

そんな人におすすめしたいのは、気軽に乗れる中古車です。

「新車は疲れる!」と感じる人に知って欲しい、中古車を買うメリットを5つご紹介します。

1. 新車に乗るプレッシャーから開放される

ピカピカの新車に乗ると「このキレイな状態を維持しなきゃ」という気持ちになります。

それが良い方向に向けばいいのですが、それがプレッシャーになって疲れてしまうこともあるでしょう。

外装はキズもなく、内装もピカピカつるつる。少しでも車をこすったり、室内を汚してしまえば新車としての快適感は薄れてしまいます。

こうしたプレッシャーを感じる人には中古車がおすすめ。中古車の状態にもよりますが、新車よりも気負うことなく乗れるので非常に気軽です。

2. 中古車は新車よりも安く買える

わたしは1年前に中古車でボルボV60というステーションワゴンを買いました。

新車価格だと400万円を超えるのですが、3年落ちで200万円という破格のプライス。

乗ってみた感想は「うん、中古車で十分」。つまり、新車を買うまでもなく中古車でも十分に快適なんですよね。

新車を高い値段で買って「せっかく400万円も出して買ったんだから」と気負うのではなく、「200万円で買ってこれなら最高だよね」という気持ちで乗れたほうが断然ラクです。

新車価格の高さという重圧から逃れることができるのは中古車のメリットでしょう。

新車だからこそ良いこともある

中古車が新車よりも安いのは当然ですし、状態も良くないのはわかりきってることです。

安い車を気軽に乗りたい人は中古車でも良いですが、もちろん新車にもメリットはあります。

  • 1. 欲しい車種やオプションが選べる
  • 2. 車検まで3年間ある
  • 3. 故障しにくい

1. 欲しい車種やオプションが選べる

新車で購入すれば、いま自動車メーカーから売り出されているラインナップから自由に選ぶことができます。

中古車でも好きな車種を選ぶことができますが、欲しい車種がどこの中古車販売店にあるかわかりません。自分でさがさないと出会えないのです。

その点、新車ならディーラーに行けばすぐに商談ができます。

また、自分好みのオプションを付けることもできるので、中古車よりも「自分色」の車にしやすいメリットがあります。

2. 車検まで3年間ある

新車は購入してから丸々3年間は車検を受ける必要がありません。

一方の中古車は、購入してからいつ車検が必要になるかはわかりません。丸々2年間残っていることもありますし、買ってから1ヶ月後に車検切れになることだってあります。

車を買ってスグ車検となると、心理的にも金銭的にも負担になりますから、このあたりは新車購入に大きなメリットがあると言えるでしょう。

3. 故障しにくい

中古車は、誰がどんな状態で運転していたかわかりません。

前の所有者が大切に安全運転していた可能性もありますし、アクセル全開で危険な運転をしていた可能性もあります。

車は運転の仕方によって寿命が変わってきますから、それば故障のしやすさに関係してくるのです。

一方、新車はあなたが最初の所有者です。また、そもそも完璧な状態で納車されるわけで、部品の摩耗も当然ありません。

当たり前の話ではありますが、新車は中古車よりも故障がしにくいので、故障のことを考えれば新車のほうが疲れを感じにくいでしょう。

新車のほうが疲れるとは限らない!良し悪しは人それぞれ

個人的には価格も安く、気軽に乗れるので中古車のほうが好きです。

でも、故障のしにくさや車検までの期間を考えると新車のメリットも捨てきれません。

新車だから疲れる、というのではなく、自分にとって大切なポイントは何か?を考えることで、新車と中古車のメリットを決めるようにしたいですね。