不人気車を高く買い取ってもらう方法とは?

不人気車の買い取り 車の査定・買取

不人気な中古車を高く売るにはどんなコツがあるのでしょうか?

車を手放すときに、愛車がいくらで売れるのかは誰でも気になるところです。

不人気といわれる車は中古車市場でどうしても買取額が低くなる傾向があります。
しかし、不人気車でも高く売る方法を実践することで、予想以上の高値が付くこともあるので見逃せません。

中古車市場で不人気なのはどんな車?

まずはどんな車が不人気なのかを知っておく必要があります。
特徴をおさえておくことで対策がとれますし、今後車を買うときにも値崩れの激しい車を買ってしまうリスクがなくなるはずです。

不人気には以下のような特徴があります。

  • ・販売台数が伸びなかった車
  • ・パーツでカスタム(改造)されている
  • ・走行距離が多い
  • ・ボディーカラーが派手(黄色やオレンジ)
  • ・燃費が非常に悪い
  • ・セダン

新車の販売台数が伸びなかった車

発売しても売れない車は中古車市場でもやはり売れない傾向があります。
たとえば以下のような車種は不人気車に分類されます。

  • ・日産 デュアリス
  • ・スズキ ランディ
  • ・トヨタ アベンシス
  • ・日産 ラフェスタ
  • ・トヨタ アリスト
  • ・トヨタ アリオン

これらは一例ですが、新車発売に販売台数が伸びなかった車は不人気車として中古車相場が下がる傾向にあります。

ただし、例外があるので注意が必要です。
その例外とは、新車販売時には売れなかったものの、何らかのキッカケで人気が出るパターンです。

たとえば日産・キューブは以前まではまずまずの売れ行きでした。
しかし、フルモデルチェンジによってデザインを大幅に変更したことで売り上げを飛躍的に伸ばしたのです。

新車で不人気だった車は基本的に安くなりますが、例外があることを覚えておきましょう。

好き嫌いが分かれるカスタムは敬遠される

改造というと大げさですが、パーツでカスタムしている車は人気がありません。
スポイラーを付けたり、車高を低くしたりといったカスタムは好みが分かれます。
そのため、査定業者としても買い取りづらいのが実情です。

ちなみに特別仕様車の買取額はどうなのでしょうか?
不人気車であれば、特別仕様車でも大きな変化はありません。

車を高く買い取ってもらうために、派手なパーツは外しておくというのも1つの方法です。

走行距離が多い車は当然不人気

走行距離が多い車も不人気車となります。

走行距離は乗った分だけ数字にあらわれるので、ある意味公平ですがやはり高値はつきません。
目安としては1年で1万キロを超えてくると、中古車市場での相場は下がります。

また、日本では10万キロを目安に中古車価格が大きく下がります。
よほどの希少車であれば別ですが、走行距離は買取額にモロに表れる項目です。

ボディーカラーが派手な車は不人気

街を車で走っているとわかりますが、やはり車のボディカラーには多数派があります。

黒や白、シルバーはやはり人気があり、買取のときにも高く評価されます。
一方、赤・黄色・オレンジなどの派手な車は買い手がつかないリスクがあり、買取額は下がりやすくなります。

ただし、新車の販売時にモデルカーとして使われた色であれば派手でも高く買い取ってもらえる可能性があります。
ポスターやCMなどで使われるので、認知度が上がり人気が出てくるからです。

エコカーが主流のいま、低燃費の車は不人気

エコカー減税などの影響もあり、自動車はいまハイブリット車など燃費の良い車が人気です。
そのため、仮に希少性が高い車であっても、以前ほど人気が出ません。

燃費が1リッターあたり10キロを切ってくると、不人気車として分類されてしまいます。

また、ハイブリッドカーが幅広い車種に登場しています。
そのため、ガソリン車・ハイブリッド車の2種類が発売されている車種ではガソリン車のほうが不人気となりやすくなるでしょう。

ミニバンが増え、セダンは減っている

トヨタのクラウン、日産のスカイラインなどセダンには往年の名車が数多く揃っています。
しかし、時代の流れはいまやミニバンなどのコンパクトカーが人気です。

使い勝手や乗車人数を考えると、今後ますます不人気車になっていくことでしょう。

不人気車を高く売る方法ってなに?

こうしてまとめてみると、不人気車と呼ばれてしまう要因はたくさんあります。
そのため、これらの車を売ろうと考えている人にとっては耳が痛い話にちがいありません。

ここからが本題ですが、こうした不人気車を少しでも高く買い取ってもらうための秘訣があります。

たとえ、不人気車であっても、その車が中古車市場すべてで相場が安くなるわけではありません。

それはなぜでしょうか?

車にはたくさんの種類があるように、車買取業者にも種類があります。
取業者には当然、得意・不得意が出てくるのです。

人気がある大衆車を買い取って売るお店もあれば、需要が少ない中古車を買い取って上手く販売するお店もあります。

需要が少ない中古車(不人気車)を買い取って販売するお店は、その車を必要としているお客さんを見つけるのが巧みです。

ですから、不人気車であっても、相場よりも高く買い取ってくれる買取業者は必ず存在します

それさえ見つけることができれば、不人気車だからといって悩む必要はないのです。

高く買い取ってくれる買取店を見つけるには一括査定がもっとも効率的です。
不人気車でも高く売れる経験を、ぜひあなた自身で体感してください。

愛車を最高額で売るなら一括査定がオススメ

愛車を最高額で売りたい人に最もオススメの一括査定サイトです。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に10万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

車の査定・買取
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
車の最新情報をお届けします。
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト