維持費はいくら?都内で車を持つとお金がかかる

東京都内の車の維持費

車は便利な乗り物ですが、やはり維持費がネックです。
地方に住んでいれば気にならない駐車場代も、東京都内では大きな負担になることがあります。

都内で車を持つと、維持費はどれくらいかかるのでしょうか?
地方から引っ越しをする人や、都内で新生活を始める人はぜひご参考ください。

車の維持費にはどんな費用がある?

まずは車の維持費にかかる費用をおさらいしておきましょう。

車を持つと、以下のお金が必要になります。

  • ・自動車税
  • ・自動車保険料
  • ・ガソリン代
  • ・駐車場代
  • ・高速料金
  • ・車検費用

車の維持費については「車を手放して維持費を節約する3つのメリット」でくわしく解説していますが、ザッとこれだけの維持費が必要です。

自動車税はどれくらい?

自動車税は車の排気量によって税額が変わります。

普通車の場合、1番安い1,000ccでも年間29,500円の自動車税がかかります。

軽自動車の場合は一律7,200円と安くなっているので、都内で車の維持費を安くしたいのであれば軽自動車を選ぶといいでしょう(2015年4月以降に購入した軽自動車は10,800円に増税されます)。

自動車保険料はいくら?

自動車保険は加入する人の条件はもちろんですが、それ以外にも住んでいる地域によって料率が変わってきます。
これを「地域別料率」といいますが、都道府県によって交通量や道路の広さなどが変わってくるため、自動車保険は保険料に差をつけているのです。

東京都は都道府県別料率ランキングで11位にランクインしています。
都内の平均保険料は48,536円となっており、全国的に見ても高い水準といえるでしょう。

ちなみに保険料が最も安いのは沖縄県で、平均保険料は38,770円となっています。

都内はガソリン代が安い?

都内のガソリン代は全国的に見ても安いと言われています。
都道府県別のレギュラーガソリン価格ランキングで東京都は6位にランクインしています。

そのため、ガソリン代だけでいえば東京都は比較的安く抑えることが可能です。

ただし、都内で車を運転すると短い距離を走る機会が多くなります。
また都内は信号が多いこともあり、運転をしているとブレーキと発進を繰り返す回数がどうしても多くなります。

こうした運転スタイルは燃費が悪くなる原因ですので、道路環境でいえば都内の燃費は悪くなるでしょう。

都内の最大のネック、駐車場代

都内における車の維持費でいちばんネックになるのが駐車場代です。
東京都は全国的に見ても圧倒的に駐車場が高いことで知られています。

住む地域にもよりますが、東京都全体の駐車場相場は1ヶ月で30,368円
これが23区内になるとさらに高くなります。

もっとも高いのが港区、中央区、千代田区となっています。
平均で46,000円前後、高いところだと6万円〜7万円もの駐車場代がかかることがあります。

コインパーキングについても同じです。
都内はスーパーや病院ですら駐車場がないことが多く、最寄りのコインパーキングに停めなければいけません。
30分500円といった料金を取られることは日常茶飯事です。

銀座など高いところでは10分600円といったコインパーキングも存在します。

高速料金と車検費用

都内に住むと高速道路に乗る機会は減るかもしれません。
国道が充実しているので、高速に乗る必要性も少ないですし都内はコンパクトに移動できます。

車検費用については都内であってもそこまで費用に差はありません。
自分で車検をする(ユーザー車検)ば、費用を抑えることができるので、維持費を安くしたい人は検討してみましょう。

都内で車を持つべき?手放すべき?

都内で車を維持するときに、もっとも負担になるのが駐車場代です。
さきほど紹介したように、都内で駐車場を借りると1ヶ月5万円前後、安くても2万円は覚悟しなければいけません。

スーパーへの買い物をするにしても、コインパーキングにかかる駐車場代もばかになりません。
それであれば自転車で移動したほうが賢明でしょう。

都内は道が狭く、人通りが多い

都内は道が狭いため、非常に運転がしづらいのも悩みどころです。
慣れてしまえば問題ありませんが、地方から引っ越してきた人は都内の車通りの多さに驚くでしょう。

道が細く、人通りも多いので非常に神経を使います。

子どもがいるなら維持費をかけるべき?

もし子どもがいるのであれば都内でも車があったほうがいいかもしれません。
子どもの送り迎えなど、習い事をするのであれば車は便利です。

とはいえ、これについても交通機関が発達している都内であれば気にならないといえます。
自転車でも移動できるコンパクトな街が多いので、工夫次第で車は不要になります。

車を手放す前に査定を受けよう

都内での車の維持費に悩んでいる人は、車を手放すことも検討しているかと思います。
あるいは、地方からの引っ越しで、都内で複数台所有する人がむずかしいと考えている人も多いはずです。

もし、手放すのであればできるだけ複数の買取業者に査定を依頼することをオススメします。
車買取店への持ち込みでは1社のみの査定となり、買取額が低い傾向にあります。なるべく複数の買取店に査定してもらいましょう。

都内で車を維持することができるかどうか、維持費をトータルで考えて最善の決断をくだせるといいですね。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。