まだ乗れる?みんなが車を買い替えるキッカケ6選

車を買い替えるきっかけ 車の売却

あなたはどんなキッカケで車を買い替えたいと思いますか?

愛着のある車だとしても、買い替えのキッカケは新しいカーライフの始まりでもあります。
車の買い替えはお金がかかりますが、ワクワクする大きなイベントですよね。

他の人が車を買い替えるきっかけを知ることで、最適なタイミングを見つけることができるかもしれません。
そこで今回は、車を買い替えるタイミングを知るための参考になる「きっかけ」を紹介します。

こんなにある!車を買い替えるキッカケは意外と多い

「いまの車を乗り続けたほうがお得ではないか?」

「家計に余裕もないし…」

「まだ乗れるのにもったいなくない?」

車の買い替えを考えるとき、多くの人は悩みます。大きなお金が動きますし、なにより買った車種の乗り心地が良くなかったときのショックは計り知れません。

そんなときは合理的な結論を出せるような理由(買い替えの動機)が必要です。

車を買い替えをした人は、以下のようなキッカケで買い替えています。

  • ・大きな部品の交換が必要になった
  • ・タイヤがすり減ってきた(溝がなくなる)
  • ・燃費が悪くなり、維持費が高くなった
  • ・車検の交換時期に差し掛かった
  • ・いまの車に飽き、欲しい車が見つかった
  • ・走行距離が長い(値段がつかなくなる恐れ)

故障や修理をキッカケに買い替える人は多い

買い替えのきっかけで、もっとも多いのは維持費をはじめとする費用の問題に直面したときです。
たとえば、以下のような車の故障・不具合が起こると、多くの人が「そろそろ買い替えかも?」と考えます。

  • ・エンジンのかかりが悪い
  • ・エアコンが故障してしまった
  • ・ブレーキの効きが悪い
  • ・オイル交換が必要になった

エンジンが不調になって異音が聞こえたり、ブレーキの効きが悪くなると、修理や部品交換に高額な費用がかかることがあります。

それだけの費用に見合う価値があると思えればいいのですが、「こんな高い金出すなら買い替えた方がいいかな?」と考えるようであれば買い替えどきです。

もし車が故障してしまった場合には、まず修理工場に見積もりを出してもらいましょう。
そのときはあくまでも「修理費用を見てから決めたい」ということを伝えてください。

見積もりを見て、修理にお金をかける価値があればそのまま乗る。そうでなければ、上手に売却して車の買い替え費用に使うようにしましょう。

車の不調をキッカケに買い替える人は多い

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

他の車に目移りしてしまう?それは買い替えサインかも

車を長く乗っていると、知らぬ間に他の車に気移りしていることがあります。

自分の車にはない魅力を、街を走る別の車に求めてしまうのは仕方のないことです。

よほど愛着のある車でないと、この「飽き」は避けられません。それもそのはず、この世にあなたの願望をすべて満たした車は存在しないからです。

一度でも「クルマ欲しい熱」が燃え上がると、なかなか鎮火するのは難しくなります。

愛着がなくなった車に乗っていると、メンテナンスを怠ったり、車にやさしい運転をしなくなりやすいもの。
飽きたのであれば、そこは潔く買い替える決断をしたいところです。

同じ車に長く乗っていると気づきにくいのですが、車の性能は年を追うごとに大きく進化していきます。

以前では考えられなかった装備が当然のように新車の標準装備として付いていることがあるわけです。

最近は自動運転技術の進化が大きいので、事故を未然に防ぐ意味でも思い切った買い替えが必要と言えるかもしれません。

実際、自動運転技術が搭載された車の登場をきっかけにして買い替えをした人はたくさんいます。

他の車が欲しくなったら、買い替えきっかけ

走行距離が長くなると、次の車への買い替え費用が心配になる

年数が浅ければ下取りや買取のときに査定額が高くなるので、資金的な面で負担は少なめです。

しかし、いまの車を乗りつぶしてしまうと、中古車としての価値がなくなってしまうので買い替え費用が高くなります。

もちろん同じ車を長く乗ることで得られるメリットもあるでしょうが、多くの場合は費用負担が増える傾向です。

日本国内では1つの基準として10万キロを超えてくると、中古車としての価値がなくなると言われています。
ですから、あまりに長い距離を乗ってしまうと次の車に買い替えるときのコストが高くついてしまいます。

欲しい車がすでに決まっているのであれば、早いうちにいまの車を査定に出しておきましょう。見積もりを出しておくことで、資金計画も立てやすくなります。

走行距離が長くなった車は買い替えのきっかけになる!

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

車の買い替えのキッカケを逃すとどうなる?

ここまで車を買い替えるキッカケとなるパターンをいくつか紹介してきました。
キッカケは誰にでもあるものですが、そこで行動するかしないかは人によって分かれます。

わたしの経験上、車を買い替えたいと少しでも感じたら購入してしまうべきだと思います。
さきほど説明したように、乗りたくない車に乗り続けるのはストレスにもなりますし、車にとっても良いことはありません。

そして、ズルズル長く乗っていると車の価値は確実に減少していきます。
買い替えるとき、資金的に厳しくなるという現実的な問題も発生します。

愛車の価値が少しでもあるうちにいまの車を買い替えてしまったほうが、車を選ぶときの選択肢がグッと広がるはずです。

とはいえ、買い替えに迷いがある人は、買い替え資金に不安を抱えているのかもしれません。

そんな車の買い替えに対する不安はどうすれば解消できるのでしょうか?
いま乗っている車が高く売れれば、買い替え資金の問題は解消します。

買い替えのキッカケがありながらも、実際に動けない人の多くは「買い替えるお金がない」という資金的な問題に直面しているからです。

複数の業者に見てもらうことで、自分の車の最高額はスグにわかります。
買い替えを少しでも検討している人は、愛車の見積もりを出してもらいましょう。

インターネットの無料一括査定は、その場で査定額が表示されるので非常に手軽に利用できますよ。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却車の査定・買取
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト