新車の未使用車ってどうなの?未使用車のメリットとデメリット

新車の未使用車ってどうなの?未使用車のメリットとデメリット

新車の購入を検討していると、「未使用車」という言葉が気になってくると思います。

そもそも未使用車とは何なのでしょうか?

新車の未使用車について、メリットとデメリットをわかりやすく解説します。

未使用車とは?その意味について

まずは未使用車の意味について見ていきましょう。

未使用車とは、新車登録済みだけど走行距離が非常に短く、年式もあたらしい車のことをいいます。

「新車登録済み」なので、厳密にいうと未使用車は新車ではなく中古車という扱いになります。

未使用車は、ほぼ新品の状態の車で走行距離も少なく、なおかつ誰にも所有されていない(正確にはディーラーが所有していた)車なのに、新車価格よりも安く購入できるメリットがあります。

「新車が欲しいけど、ちょっと高いから手が届かない…」という人に、未使用車はピッタリなのです。

なぜ未使用車は生まれるのか?

ここで疑問に思うことがあるはずです。それは「どうして未使用車が発生するのか?」ということ。

じつは市場に流通している未使用車のほとんどは、自動車メーカーのディーラー(販売店)名義として一度登録されたものです。

つまり、新車として販売されていた車を、販売店がみずから新車登録して未使用車にするということです。

販売店が実績をつくるために未使用車が生まれる

なぜそんなことをするのか?それは、ディーラーが売上実績を上げるための裏技だから。

販売店の売り上げというのは、なにで計算されるかというと「新車登録台数」でカウントされます。

新車登録とは、運輸支局に「この車はあたらしく新車として道路を走りますよ」という届け出をすることを指します。

たとえば販売店が「今月の目標は50台。そろそろ月末なのに、まだ40台しか売れてない」という状況になったとしましょう。

そうなると、目標を達成するために残り10台を新車登録して、売り上げを立てなければいけません。さて、どうするか。

そうです、そんなときに販売店は自分たちで新車を10台買って、新車登録するわけです。そうすれば、目標の50台を達成できますよね。

このような理由で未使用車は生まれていくのです。

販売店は自動車メーカーから報奨金がもらえる

シンプルに毎月の目標を達成することも販売店にとっては大切ですが、それ以上に重要なことがあります。それは、自動車メーカーからもらえる「報奨金」です。

販売店は目標台数を達成すると自動車メーカーから報奨金をもらえることがあります。

その報奨金は販売店にとって大きなもので、未使用車をつくってでも手に入れたいものなのです。

ちなみに、未使用車となった車は、ほかの中古車販売店などに売却します。新車よりも少し安い金額で売ることになるわけです。

そうなると販売店が損するだけのようにも思えますが、報奨金はそれ以上に大きいので、未使用車にするメリットは十分にあるわけですね。

未使用車にはどんなメリットがある?

さて、前置きが長くなってしまいました。ここからは未使用車を買うメリットについて見ていきましょう。

  • 1.ほぼ新車なのに数十万円安く買える
  • 2.車検の残りが長い(ほぼ3年間)
  • 3.納期が早いのでスグに乗れる
  • 4.新車と同じようにメーカー保証が受けられる

1.ほぼ新車なのに数十万円安く買える

未使用車を買う最大のメリットは、やはりその安さ、お得感にあります。

たとえば、通常は新車価格で300万円の車でも、未使用車になるだけで270〜290万円程度で買うことができます。

その浮いた分のお金は他のことに使えるわけですから、車用品を買うも良し、生活費に使うのもアリですね。

2.車検の残りが長い(ほぼ3年間)

新車の車検は新車登録日から3年後です。未使用車は、新車登録日からほとんど時間が経っていませんから、ほぼ丸々3年間は車検を受ける必要がなくなります。

中古車だと車検の残りはバラバラで、場合によっては買ってからスグに車検を受けなければいけないケースもあるでしょう。

車検代は10万円以上かかることがほとんどですから、未使用車に乗ることで車検代を節約できるメリットもあるのです。

車検が高い!費用を安くするおすすめの方法とは?

3.納期が早いのでスグに乗れる

新車はボディカラーや内装を自分で決めて、さらにはオプションを付けることもあるでしょう。

そうなると、ほとんどの新車は納車までに時間がかかります。短くて2週間〜1ヶ月。長いと半年待ちなんてこともあります。

せっかく車を買うんだからスグに乗りたいと思うのは誰しも一緒ですよね。

未使用車の場合は納車待ちがほとんどないので、買ってからスグに乗ることができます。

4.新車と同じようにメーカー保証が受けられる

車には大きく分けて以下の2つの保証があります。

  • ・メーカー保証
  • ・販売店保証

このうち、より保証が手厚いのはメーカー保証です。メーカー保証はトヨタ、日産、ホンダなどのメーカーが、万が一の故障時に修理費用を負担してくれるというもの。

未使用車の場合、新車とほとんど同じ状態ですからメーカー保証を受けることができます(ただし、「保証継承」が必要)。

メーカー保証は車全体のトラブルをまとめて保証してくれるうえに、保証期間も長い(たとえば10年間など)ので、安心感があります。

一方、これが普通の中古車だと話は変わって販売店保証しか受けられません

販売店保証とは、いわば中古車販売店が独自に行っている保証です。販売店によって保証内容はちがいますが、正直あまりアテになりません。なぜなら、

  • ・購入してから1000kmまでは保証
  • ・購入してから半年後までのトラブルに対応

といった程度の保証しか受けられないからです。

中古車は故障のリスクが高いですから、保証が受けられないのは少し不安でもあります。

未使用車のデメリットは?

いいことづくめに思える未使用車ですが、デメリットはないのでしょうか?

正直なところ、未使用車のデメリットはほとんどありません。強いて挙げるとすれば以下の2つです。

  • 1.新車のように自分好みに選べない
  • (ボディカラー、内装、オプションなど)
  • 2.未使用車の流通は少なめ

未使用車は、言ってみればすでに完成された車ともいえます。新車のように自分の好みを反映させることはできません。

また、特に人気車種になると未使用車はあっという間に売れてしまうので、手に入れるのがむずかしい場合があります。

いずれも小さなデメリットではありますが、未使用車を買うなら以上の2点には注意したほうが良いでしょう。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。