走行距離と年式、中古車選びで重視すべきなのはどっち?

走行距離と年式、中古車選びで重視すべきなのはどっち?中古車の購入

中古車を選ぶ場合、走行距離と年式のどちらを重視すればよいのか迷う人も多いことでしょう。

そこで、低年式(年式が古いもの)で走行距離の少ない車と、高年式(年式が新しいもの)で走行距離の多い車の比較も含め、選択のポイントを解説します。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

走行距離と価格は年平均で1万km以上が分かれ目

まず、走行距離と価格の関係について解説しましょう。

同一車種の同一グレード同士で比較した場合、走行距離が多いほど価格は下がる傾向がありますが、走行距離と価格は必ずしも比例関係にあるわけではなく、5万kmおよび10万kmを超えると価格は大きく下がります。

また、年平均で1万km以上走行している車は、過走行として扱われ価格が下がることも頭に入れておいてください。

走行距離の多い中古車は部品交換が必要になることも

次に、走行距離の多さとリスクの関係につい解説します。

走行距離の多い中古車は、たとえ年式が新しくてエンジンや駆動系に問題がない場合でも、ファンベルトやタイミングベルト、エアクリーナーなどの消耗品や、ダンパーなどが劣化している可能性があります。

部品類を交換するとそれなりの出費になるので、結果的に高い買い物になってしまうことを覚悟しなければなりません。

逆に、年式が古くても走行距離が少なければ消耗品が劣化している可能性が低くなります。ただし、ラジエターホースやブレーキホース、ブッシュ類などのゴム製品は走行距離に関わらず経年劣化するので、場合によっては交換の必要が生じます。

また、国産車は耐久性や信頼性が優れているので、消耗品の交換さえ怠らなければ20万kmくらい走行しても大きなトラブルが生じるケースは少ないようです。

年式が古いほど価格が下がる

続いて、年式と価格の関係について解説しましょう。

同一車種の同一グレード同士で比較した場合、年式が古いほど価格が下がることはご存知かと思います。

特に、フルモデルチェンジ以前の旧型は価格がガクンと下がってしまいますし、たとえ小規模なマイナーチェンジであっても、その前後のモデルでは価格が違ってきます。

また、価格に与える影響は、どちらかと言えば走行距離よりも年式の方が大きい傾向があるようです。

年式が古いクルマは部品の入手に苦労する覚悟も必要

次に、年式の古さとリスクの関係について解説します。

まず、あまりにも年式の古い中古車の場合、メーカーや販売店に純正部品のストックがなくなっている可能性が高いので、要注意です。

そんな場合もネットオークションなどで中古部品を探すことは可能ですが、いつでも手に入るとは限りませんし、入手できたとしても高く付く可能性があります。

また、そこまで年式が古くない場合でも、法的に定められた純正部品保持期間を過ぎた中古車を買ってしまうと、部品の入手に苦労する覚悟が必要です。

国産車の場合、一般的に生産終了から10~15年を過ぎた車を買う場合は、部品供給のリスクを覚悟する必要があります。

ただし、輸入車の場合はかなり古い車でも純正部品が供給されているケースがあるようです。

一方、年式が新しい中古車の場合は純正部品がいつでも適正価格で手に入るので、たとえ走行距離が多い場合でも必要以上に故障を恐れずに乗ることができます。

低年式で走行距離の少ない中古車 vs 高年式で走行距離の多い中古車

同一車種の同一グレードで価格も同じである場合、低年式で走行距離の少ない中古車と、高年式で走行距離の多い中古車のどちらを選ぶべきかについて解説します。

まず、予算に制約があるため購入価格を少しでも抑えたい場合は、低年式で走行距離の少ない中古車がおすすめです。

ただし、純正部品の供給の観点から製造されてから10年未満であることと、消耗品の寿命の点から走行距離が5万km未満であることが必須条件になります。

上記の条件を満たしていれば、低年式であることのリスクが最小限に抑えられた車がお手頃価格で手に入るので、ユーザーにとって大きなメリットになるはずです。

また、ワンオーナー車で整備記録が残されている低年式中古車も、比較的安心して乗れるでしょう。

一方、予算にある程度余裕がある場合は、走行距離は多くても高年式の車を選んだ方が、のちのちの安心感が高くなります。

また、同じ車種でも高年式の方がエンジン性能や燃費が優れていたり、安全・快適装備が充実しているケースが多いので、そうした点を重視するなら走行距離を差し置いて高年式を選んだ方が満足度が高くなるでしょう。

結局どっちを重視すればいいの?

これまでに解説したように、走行距離と年式のどちらを重視すればよいのかはケースバイケースになります。

どちらかといえば走行距離にこだわるよりも、性能が優れていて部品供給の心配がない年式が新しい中古車を選んだ方がベター、ということはできます。

もちろん、中古車を選ぶなら年式が新しくて走行距離の少ないものがベストなので、車種のグレードを一ランク落としてでも、そうした中古車を探した方がよいかもしれません。

もし、愛車を手放してほかの中古車に買い替えたいが、「なるべく年式が新しくて走行距離の少ない車が欲しい。でも車のグレードを落とすのも嫌だ!」という場合は、愛車を少しでも高く買い取ってもらう必要があります。

そんな時に強い味方になるのが、車の一括査定です。

手続きが簡単である上、自宅にいながらにして一番高く買い取ってくれる買取店を選ぶことができるなどメリットの多いサービスなので、利用をおすすめします。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
  • 【 ナビクルって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

中古車の購入
サイト運営者
アユム

毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。最近、2012年式のボルボ・V60からN-BOXに乗り換えました。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県生まれ。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ