中古車のローン金利は相場いくら?自動車ローンでお得に車を買う方法

中古車のローン金利は相場いくら?お得に車を買う方法中古車の購入

中古車の購入を決めたものの、現金一括払いが難しいためローンの利用を考えている人も多いことでしょう。

新車の場合と同じように、中古車の場合もさまざまな種類のローンが用意されています。

カーローンの金利相場はいくらくらいなのでしょうか?お得に車を買うにはどうすればよいのかについて解説します。

中古車のローンの種類

まず、中古車のローンにはどのようなものがあるのか、列記してみましょう。

  • ・ディーラー系のローン
  • ・中古車販売店のローン
  • ・銀行系のローン
  • ・信金・労金系のローン
  • ・自社ローン

ひとくちに中古車のローンといっても、意外に種類があることがお分かりいただけたと思います。

では、次にそれぞれの金利の相場やメリット・デメリットについて解説しましょう。

ディーラー系のローンは意外と金利が高め

新車販売をメインとする自動車メーカー系ディーラーでも、下取りした車を中古車として販売しているケースがよくあります。

もしメーカー系ディーラーで中古車をローンで購入する場合は、ディーラーが契約を結んでいる信販会社のローンを利用することが可能です。

営業マンにすすめられるままにそうしたローンを利用するケースも多いようですが、必ずしもベストな選択肢とは言えません。

まず金利についてですが、自動車メーカーによってまちまちであるものの、国産車の場合でおおむね年率3~7%が相場となっています。

ほかのローンの金利ついては後述しますが、比較してみるとディーラーの金利は高い方です。

ただし、輸入車のディーラーは金利が1~2%に設定されている場合もあります。

また、ローンを完済するまで車の所有権はディーラーもしくは信販会社にあるため、自由に買い替えることができないデメリットがあることも、頭に入れておいた方がよいでしょう。

一方で審査基準が甘く、規程の年齢や年収などを満たしていれば審査に通る可能性が高いことや、審査に掛かる時間が短いなどのメリットもあります。

中古車販売店のローンは8~10%

中古車販売専門店も信販会社と契約しているため、ローンが設定されていますが、金利の相場はメーカー系ディーラーよりも高いケースが多く、8~10%に達することもあります。

一番多いのがオリコのカーローンですが、金利の低さを求めるのであればおすすめはできません。

銀行系のローンは最も金利が低いが、審査は厳しめ

銀行には自動車の購入を前提としたオートローンが用意されていますが、金利が低く設定されているのが特徴です。

実質年率は銀行によって異なりますが、おおむね1~4%が相場となっているので、デーラー系ローンよりもかなり低めになります。

ただし、金利が低いぶん審査が厳しく、消費者金融から借り入れをしていたり、過去にクレジットカードの支払い遅延がある場合などは審査を通らない可能性が高くなるので、要注意です。

また、ディーラー系ローンと比較すると審査にかかる時間が長いので、なるべく早く車を手に入れたい人には向きません。

信金・労金系のローンは銀行よりやや高め

信金(信用金庫)や労金(労働金庫)でも、オートローンを扱っています。

金利の相場は実質年率でおよそ2~5%。銀行系ローンと同じかやや高い程度で、ディーラー系ローンと比べると低めです。

ただし、信金の場合はエリア内に居住していることが前提であったり、労金の場合は労働組合の構成員であることが前提であったりするなど、申請条件が厳しくなっているので、誰もが利用できるわけではありません。

自社ローンは金利が0だがおすすめできない

中古車販売店の一部には、信販会社を通さない独自の自社ローンを扱っているところがあります。

金利が0%であることが特徴となるほか、審査基準が甘く審査に要する時間も短いので、一見メリットばかりのように感じられるかもしれません。

しかし、保証料として購入価格の10~20%を請求されるため、結果として高い買い物になってしまうことや、保証人が必要になることが難点です。

さらに、購入できる車の価格の上限が低い、分割回数の上限が少ないといったデメリットもあるので、あまり積極的にはおすすめできません。

結局、どのローンが一番いいの?

では、結局のところどのローンを利用するのがベストなのでしょうか?

一日でも早く車が手元に届かないと困るという場合は別にして、まず第一におすすめしたいのは銀行系ローンです。

ディーラーや中古車販売店の営業マンに、自店で取り扱っている信販会社のローンの利用をすすめられた場合も、一旦保留して銀行に足を運ぶようにしましょう。

銀行の選択は、安易に近隣の銀行を選んだりせず、インターネットなどで少しでも金利の低いところを探すことが大切です。

また、損保ジャパンのマイカーローンもおすすめです。来店不要でローンを組めますし、金利も低いのでお得に車を買うことができます。

来店不要で借りられるネットマイカーローン

また、申請条件を満たしている場合は、信金・労金系ローンを利用するのもよいでしょう。

もし、銀行系ローンや信金・労金系ローンの審査に落ちてしまった場合は、ディーラー系ローンを申し込むようにします。

ある程度以上の収入があれば審査に通る可能性が高いのですが、もし落ちてしまったときは、最後の手段として割高に付くことに目をつむって自社ローンを利用するしかありません。

そのほか、支払い総額を少しでも少なくするためには、支払い回数を無理のない範囲でなるべく少なく設定することも大切です。

もし頭金が多く用意できれば支払い回数を減らすことが可能になるので、中古車の購入に向けて貯金にいそしむことも必要でしょう。

また、現在持っている車から買い替える場合は、下取り・買取りの金額を頭金にする方法があります。

もちろん、愛車を少しでも高く査定してもらえた方が頭金が多くなり、結果として支払い回数を減らすことができるでしょう。

そんな時に強い味方になるのが、車の一括査定です。

手続きが簡単である上、自宅にいながらにして一番高く買い取ってくれる買取店を選ぶことができるなど、メリットの多いサービスなので利用をおすすめします。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
  • 【 ナビクルって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

中古車の購入
Profile
Ayumu

1988年、千葉県生まれ。小学生の頃からモーターショーに通う車好き。メカよりも外装や内装、車種名にくわしい人です。愛車はN-BOX。車、ファッション、キャンプなど気に入ったものを紹介するライフスタイル系ブログです。



YUALOG / ユアログ