ボルボ・XC60の価格と値引き額はいくら?

XC60 SUV

XC60は価格帯が広く設定されているのが特徴です。

以前までのボルボは角ばったデザインが主流でしたが、流線形の丸みを帯びたボディが採用されはじめました。

その先陣を切ったのがボルボ・XC60。ボルボの車種のなかでは、ミドルグレードの価格帯です。

ボルボ・XC60の価格や燃費性能、そして値引き額はどれくらいなのでしょうか?

\ 45秒のかんたん入力 /

XC60のグレードと価格帯は幅広い

XC60のグレードは以下の6タイプです。

  • ・XC60 D4 AWD Momentum ¥5,990,000
  • ・XC60 D4 AWD R-Design ¥6,490,000
  • ・XC60 D4 AWD Inscription ¥6,790,000
  • ・XC60 T5 AWD Momentum ¥5,990,000
  • ・XC60 T5 AWD Inscription ¥6,790,000
  • ・XC60 T6 AWD R-Design ¥7,240,000
  • ・XC60 T8 Twin Engine AWD Inscription ¥8,840,000

最も安い599万円から、884万円と価格差が約300万円近くあります。

旧型のXC60は「T5」「T5 SE」「T5 R-DESIGN」の3タイプがFF仕様でした。しかし、新型のXC60はすべてのグレードがAWD(四輪輪駆)となっています。

悪路を走行することが多いという人でも、安心してグレード選びをすることができますね。

XC60にSUVとしての悪路走破性を求める人は多くないかもしれませんが、走りの充実度はやはり4WDのほうが上です。

ただし、燃費を重視するのであればFFのほうがメリットは大きいのですが。

エンジンはいずれのグレードにもターボを採用しているので、動力性能は十分なレベルです。

ボディサイズは全長4645mm、全幅1890mmを大きめとなっています。

狭い道を通るときには、想像以上に大きな車体が気になることも考えられます。

XC60のインテリア

欧米のハイセンスさを感じさせるインテリアと、全車に標準装備されているワイドディスプレイのHDDナビが居住空間の質を高めてくれます。

シートは前席・後席ともに広々とした空間が確保されています。

体の大きな欧米人向けにつくられていることもあり、長時間乗っていても疲れを感じさせません。

旅行はもちろん、SUVとしての性能を活用してアウトドアに出かけるのもいいですね。

XC60はあらゆるシーンに対応する能力を兼ね備えた車といえるでしょう。

XC60の安全性能は世界的に見ても優秀

XC60の安全性能は高い

安全性能は、世界的に見ても高い水準です。

最大の特徴は、自転車や歩行者をも見分ける衝突回避支援センサーです。

ぶつかりそうになると自動ブレーキが作動するので、事故を未然に防いでくれる心強い装備。

ブレーキセンサーは国内外問わず多くのメーカーで採用されていますが、歩行者と自転車を見分ける技術はまだ広くは普及していません。

また、車線の逸脱や危険な車線変更を回避するシステムを搭載しています。
長距離の運転で疲れを感じた場合でも、万が一の衝突や接触を防ぎます。

これらの安全装備はXC60はもちろん、全てのモデルに付いています。
グレードを気にすることなく安全性の高い車選びができるのがボルボの魅力といえるでしょう。

新型になって、City Safetyが全車に搭載されました。

  •  ・衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム
  •  ・インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)
  •  ・ステアリング・サポート(衝突回避支援機能)
  •  ・歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能(夜間含む)

シティセーフは世界的に見ても非常に能力の高い安全装置ですが、やはり注目すべきは歩行者や自転車(サイクリスト)を識別することでしょう。

安全性を優先して車選びはしたい人にも、XC60は満を持しておすすめできます。

燃費を優先したければディーゼルモデルを選ぼう

燃費はJC08モードで12.6〜15.7km/Lとまずまず。実質燃費は10km/L前後でしょう。

ハイオクガソリン(無縁プレミアム)を燃料としているので、燃料代が高くつきます。

ガソリン価格が上がると維持費の負担が大きくなるのがネックとなるかもしれません。

さらに、街乗りになるとさらに燃費は悪くなるので、ここを欠点にあげる人も少なくありません。

もし燃料費を安くしたいのであれば、ディーゼルモデルを選ぶと良いでしょう。燃費性能は公表されていませんが、ハイオクよりは確実に燃料費を節約することができます。

なお、XC60の保険料については「ボルボ・XC60の自動車保険料はいくら?」をごらんください。

XC60の値引き額はどれくらい?

ボルボvolvo-xc60

XC60の値引き額は10〜40万円が相場です。
国産車にくらべると、値引きは限られてしまうのが実情です。

そもそもボルボというブランド価値が高いこともあり、ディーラーとしては「値引きに応じなくても買い手はつく」というスタンスをとっている可能性があります。

特に、ボルボのディーラーは値引きに関してそこまで積極的ではありません。

ですから、競合車種を引き合いに出して値引きをすることは必須といえるでしょう。

XC60の競合車種は以下のとおりです。

  • ・アウディ Q5
  • ・フォルクスワーゲン トゥアレグ
  • ・BMW X3

それぞれのディーラーで新車の見積もりをもらい、担当者に値引き交渉をしましょう。

また、車両の値引きは限界があります。

ですので、車の買い替えであれば下取り価格を上げることが重要です。

ディーラーの下取りだけでなく、その他の買取店での査定額を交渉材料に使うと予想以上の下取り額を引き出すことができます。

競争心理を上手く活用することが、新車を安く買うためのコツです。

一括査定を使うと簡単に複数の買取業者から見積もりを出してもらえます。

車を購入する前に、一度活用してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に見積もりを出してもらいましょう。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

SUVボルボ(VOLVO)
この記事を書いた人
車谷よしひこ

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。千葉県在住。現在の愛車はボルボ・V60です。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト