ボルボXC90の値引き額はいくら?長所・短所を徹底解説!

ボルボXC90の値引き額はいくら?長所・短所を徹底解説! SUV

ボルボのプレミアムSUV「XC90」は、2014年にスウェーデン本国で現行型にフルモデルチェンジされ、日本では2016年1月に販売が開始されました。

このボルボXC90にどのような長所と短所があるのか、値引き額はいくらくらい望めるのかを、徹底解説します!

新プラットフォームを採用し、3種類のパワートレインが用意されるボルボXC90

ボルボXC90は、軽量かつ高剛性なボルボ社最新のプラットフォーム「SPA」を初めて採用したモデルです。

エクステリア・デザインは、北欧神話に登場するトール神がもつハンマーをモチーフにした「LEDデイタイムランニングライト」がアクセントになっています。

ボディの大きさは以下のとおりです。

  • 全長4,950mm
  • 全幅1,930~1,960mm
  • 全高1,775mm
  • ホイールベース2,985mm

ボルボ車では最大級の大きさとなっていて、フルサイズSUVといった重厚感すら感じられます。

運転が不慣れな人や、狭い道を通ることが多い人には向きませんが、室内空間の広さは魅力的です。

内装も贅を尽くしたつくり

室内は3列シート7人乗り仕様で、温かみのあるスカンジナビアデザインを持ち味としています。

インパネには12.3インチのドライバーディスプレイや、9インチのタッチスクリーン式センターディスプレイなどが備わります。

運転中の視認性も高く、操作しやすいのが特徴です。

強力なエンジンまわり

駆動方式は全車フルタイム4WDで、悪路でも安心して走ることができます。

パワートレイン(エンジンまわり)は以下の3種類から選ぶことが可能です。

  • ・2L直4ターボエンジン(最高出力254ps/最大トルク35.7kgm)
  • ・2L直4ツインチャージドエンジン(最高出力320ps/最大トルク40.8kgm)
  • ・2L直4ツインチャージドエンジン+電気モーターのハイブリッド(システム最高出力407ps/最大トルク65.3kgm)

また、トランスミッションは全車8速ATとの組み合わせとなるほか、サスペンション形式はフロントにダブルウィッシュボーン式、リアにインテグラルアーム式が採用されています。

最大の強みは安全性の高さ

安全装備面は非常に充実していて、世界的に見ても高い水準を誇ります。

具体的には以下のXC90には機能が搭載されています。

  • 「歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能付きシティ・セーフティ」
  • 「後車衝突回避支援機能付きブランドスポット・インフォメーションシステム」
  • 「対向車線衝突回避支援機能」
  • 「右折時対向車検知機能」

ボルボらしく非常に充実した安全システムで、名ばかりの「衝突回避」となっている日本車とちがい、実際の衝突試験でも高い性能が証明されています。

XC90のグレードと価格は?

グレードは、全5タイプとなっています。

  • 2L直4ターボエンジン搭載「T5 AWD モメンタム
  • ¥7,790,000〜
  • 2L直4ツインチャージドエンジン搭載「T6 AWD R-DESIGN
  • ¥8,890,000〜
  • T6 AWD インスクリプション
  • ¥9,190,000〜
  • ハイブリッドシステム搭載「T8 Twin Engine AWD インスクリプション
  • ¥10,490,000〜
  • T8 Twin Engine AWD エクセレンス
  • ¥12,990,000〜

ボルボXC90の長所は、燃費や安全運転支援システムなど

ボルボXC90の燃費

次に、ボルボXC90にはどのような長所があるのかみていきましょう。

まず長所を列記し、続いてそれぞれの項目についてくわしく解説します。

  • ・もっとも非力なモデルでも十分な動力性能
  • ・思いのほか優れたコーナリング性能
  • ・巨漢のわりには優れた燃費
  • ・できのよいシート
  • ・至れり尽くせりの安全運転支援システム

もっとも非力なモデルでも十分な動力性能

パワートレインのスペックがもっとも非力なT5 AWD モメンタムでも、十分な動力性能を持っています。

ターボが付いているとはいえ、2トンを超えるヘビー級のボディをわずか2Lのエンジンで動かしているとは思えないほどです。

さらにツインチャージャー仕様のT6 AWD系ならば、パワフルと形容してもよいくらいのパフォーマンスを発揮します。

そして、ハイブリッドシステムを搭載するT8 AWD系ともなれば、下手なスポーツカー顔負けの駿足ぶりを披露してくれます。

思いのほか優れたコーナリング性能

サスペンションが硬めにセッティングされているおかげで、コーナリング時のロールが抑えられています。

重心位置の高いSUVとは思えないほどの安定感をもって駆け抜けることが可能です。

巨漢のわりには優れた燃費

ユーザーの報告による実燃費は、T5 AWD モメンタムが11.6km/L、T6 AWD系が7.8km/L、T8 AWD系が10km/Lとなっています。

ダウンサイジングされたパワートトレインを搭載するだけあり、巨漢のわりには優れた燃費性能を持っているのが特徴です。

とはいえ、いま流行りのコンパクトカーの低燃費には到底及びませんから、燃費重視の人はよく検討したほうが良いでしょう。

できのよいシート

シートは全車本革仕様で、本革ならではの肌触りが味わえるほか、座り心地も上々です。

シートのできのよさが足回りの硬さをカバーし、快適な乗り心地をもたらしています。

至れり尽くせりの安全運転支援システム

安全運転支援システムは至れり尽くせりで、内容的には自動運転システムに近い高度なものです。

右折時に対向車と衝突する危険が高いと判断すると自動ブレーキをかけるという、世界初の右折時対向車検知機能の搭載は高く評価できます。

ボルボXC90の短所は、エンジンの音・振動やインフォテインメントシステムの操作性

短所

続いては前項とは逆に、ボルボXC90の短所について解説します。

  • ・4気筒エンジンの音と振動
  • ・いまひとつできがよくないオプションのエアサス
  • ・インフォテインメントシステムの操作性

4気筒エンジンの音と振動

ライバル車種に搭載される直6エンジンやV8エンジンと比較すると、直4エンジン特有のカラカラとした音や細かい振動が泣き所です。

不快に感じるほどではありませんが、どうしても安っぽく感じられてしまいます。

エンジン音を重視する人は、必ず試乗するなどして確認したほうが良いでしょう。

いまひとつできがよくないオプションのエアサス

ボルボXC90のサスペンションは金属バネ式が標準となりますが、オプションでエアサスを装着することもできます。

しかし、そのできはいまひとつで、大きな段差を乗り越えたときのショックは標準のサスペンションよりもむしろ強めです。

インフォテインメントシステムの操作性

ボルボXC90には、「SENSUS(センサス)」と呼ばれるインフォテインメントシステムが採用されており、ナビ画面の操作や地デジの選曲などもこのシステムで行います。

しかし、直観的な操作ができず、慣れるまではマニュアルとにらめっこしながら使う必要があるのは問題です。

これは輸入車ならでは、といったところですが、インパネまわりの操作性はあまり期待しないほうが良いでしょう。

ボルボXC90の値引き額は5~15万円が目安

ボルボXC90の内装

続いては、ボルボXC90の値引き額に関する情報です。

一般的に輸入車は値引きが渋い傾向がありますが、ボルボも例外ではありません。

特に、XC90は発売されてからそれほど時間がたっていないことや、販売が好調であることなどから、大きな値引きを望むのはむずかしくなっています。

おおよその目安は下限値が5万円、上限値が15万円といったところで、799万円~1,299万円もするモデルとしては寂しいかぎりですが、これが現実です。

ボルボXC90は、値引き額が少なくても買う価値あり!

ボルボXC90は、インフォテインメントシステムの使い勝手に難はあるものの、全般的にみて大きな問題となるほどの欠点はなく、全方位的に優れたモデルに仕上がっています。

したがって、たとえ値引き額が少なくても買う価値ありです。

また、値引き額の少なさを下取り価格の上乗せで頑張ってもらい、カバーする方法もあります。

しかし、その前に車の一括査定を利用して、愛車が最大でどのくらいの値段で買い取ってもらえるのかを調べておいた方がベターです。

実際にはディーラーに下取りに出すよりも、車の一括査定を利用した方が高く買い取ってもらえるケースが多くなります。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
SUVボルボ(VOLVO)
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト