スバル「XV」と「インプレッサ」のちがいは?価格とスペックの差

スバル「XV」と「インプレッサ」のちがいは?価格とスペックの差 スバル(SUBARU)

スバルの中型乗用車には「XV」と「インプレッサ」がありますが、どちらを選んだらよいのか迷っている人もいることでしょう。

そこで、XVとインプレッサのちがいはどこにあるのか、価格とスペックの差を検証してみました。

XVとインプレッサの価格のちがいは?

最初に、XVとインプレッサの価格のちがいを見てみましょう。

まず、XVの各グレードの価格は以下のとおりになっています。

  • ・1.6iアイサイト 213万8,400円
  • ・1.6i-Lアイサイト 224万6,400円
  • ・2.0i-Lアイサイト 248万4,000円
  • ・2.0i-Sアイサイト 267万8,400円

一方、インプレッサには「スポーツ」と「G4」の2タイプがありますが、グレード体系や価格は共通で、以下のとおりになります。

  • ・1.6i-Lアイサイト 216万円
  • ・2.0i-Lアイサイト 239万7,600円
  • ・2.0i-Sアイサイト 261万3,600円

まとめると、XVとインプレッサには以下のちがいがあることが分かります。

  • ・廉価グレードの1.6iアイサイトはXVだけにしか設定がない
  • ・1.6i-Lアイサイトおよび2.0i-Lアイサイト同士を比較すると、XVの方が86,400円高い
  • ・2.0i-Sアイサイト同士を比較すると、XVの方が64,800円高い

XVとインプレッサのボディスペックのちがいは?

XV

次に、XVとインプレッサのボディスペックの違いを検証してみます。

まずは、ボディタイプについて。XVは5ドアハッチバックのみです。

一方、インプレッサは5ドアハッチバックのスポーツ、4ドアセダンのG4の2種類があります。

続いて、ボディスペックの差を比較してみましょう。

車名 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm) トレッド 前/後(mm) 最低地上高(mm) 車両重量(kg) 最小回転半径(m)
XV 4,465 1,800 1,550 2,670 1,555/1,565 200 1,410~1,440 5.4
インプレッサ 4,460(スポーツ)/4,625(G4) 1,775 1,480(スポーツ)/1,455(G4) 2,670 1,540/1,545 130 1,300~1,350 5.3

XVとインプレッサのボディスペックのちがいを要約すると、以下のとおりになります。

  • ・XVの方が全幅とトレッド(左右のタイヤ間)が広い
  • ・XVの方が全高と最低地上高が大きい
  • ・XVの方が車両重量が重い
  • ・インプレッサの方が小回りが効く

XVの最低地上高がインプレッサよりも大きいのは、悪路や雪道での走破性を重視したSUVだからです。

XVとインプレッサのパワートレインのちがいは?

続いて、XVとインプレッサのパワートレイン(エンジン)のちがいを検証してみましょう。

車名 エンジン型式 トランスミッション/減速比 駆動方式 JC08モード燃費(km/L) 燃料タンク容量(L)
XV FB16型/FB20型 リニアトロニック(CVT)/3.900~4.111 4WD 15.8~16.4 63
インプレッサ FB16型/FB20型 リニアトロニック(CVT)/3.700~3.900 FFまたは4WD 15.8~18.2 50

XVとインプレッサのパワートレインのちがいを要約すると、以下のとおりになります。

  • ・XVの方がリニアトロニックの減速比が低い
  • ・インプレッサのみにFFの設定がある
  • ・インプレッサの方が燃費が良いが、燃料タンク容量が小さい

XVにはFFの設定がなく、減速比が低く設定されているのは、悪路や雪道での駆動力を重視しているからです。

XVとインプレッサの諸装置のちがいは?

続いて、XVとインプレッサの諸装置のちがいを検証します。

車名 タイヤサイズ フロントブレーキ リアブレーキ フロントスタビライザー リアスタビライザー X-MODE
XV 225/60R17または225/55R18 16インチ2ポットベンチレーテッドディスク 16インチベンチレーテッドディスク 全車に装備 全車に装備 1.6iアイサイトをのぞく全車に装備
インプレッサ 205/55R16または205/50R17および225/40R18 15インチまたは16インチ2ポットベンチレーテッドディスク 16インチベンチレーテッドディスク 全車に装備 1.6i-Lアイサイトをのぞく全車に装備 設定なし

XVとインプレッサの諸装置のちがいを要約すると、以下のとおりになります。

  • ・インプレッサの方がタイヤの扁平率が高い
  • ・インプレッサにはブレーキや足回りの貧弱なグレードがある
  • ・XVには、滑りやすい路面でのスリップを防ぐX-MODEの設定がある

XVにはX-MODEの設定があり、かつ扁平率の高いタイヤを履いているのは、やはり悪路などでの走破性を重視した設計思想によるものです。

XVとインプレッサの装備のちがいは?

XVとインプレッサの装備のちがいは、次の2点が主なものです。

  • ・XVのみ、悪天候時に後続車に存在を知らせるアピールするリアフォグランプが装備
  • ・旋回性を高めるアクティブトルクベクタリングは、XVは全車に、インプレッサは2.0i-Lアイサイトのみに装備

XVとインプレッサのどちらを選ぶべきか?

XVとインプレッサのちがいを、「ボディスペック」「パワートレイン」「諸装置」「装備」の観点から比較してきました。

XVがインプレッサと大きくちがう点は、SUVのカテゴリーに属するだけあって、悪路や雪道での走破性を重視した仕様になっていることです。

インプレッサは普通のハッチバック/セダンなので、舗装道路での性能を追及した仕様で、悪路や雪道での走破性はそこまで重視していません。

したがって、豪雪地帯に住んでいる人や、スキーやスノボなどのウインタースポーツが好きな人、未舗装の山岳路を走るのが好きな人などは、XVを選んだ方がよいでしょう。

一方、それほど雪の降らない地域に住んでいて、ほとんど舗装道路しか走らないような人には、インプレッサが向いています。

ただ、XVは舗装道路での走行性能や快適性がインプレッサより劣っているわけではないので、雪道や悪路などをまったく走らない人が買っても、後悔はしないはずです。

ちなみにXVかインプレッサに乗り換えるために愛車を手放す場合は、スバルのディーラーに下取りに出すと、査定額が低いので損をします。

愛車になるべく高い査定額を付けてもらうためには、車の無料一括査定を利用することです。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで、愛車を一番高く買取ってくれる中古車買取業者が見つかります。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

スバル(SUBARU)
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト