初回の車検はいつ?何年ごと?新車の車検を受けるときの3つの注意点

新車の車検期間 車検

車検って人によって温度差があると思うんですよね。僕なんかは「また10万円近くお金が飛ぶのか…」とマイナスに考えてしまいます(笑)

ただ、「車を点検してもらえる良い機会!」と考える人もいて、そういう意識の持ち方をすると、車検を前向きな気持で受けることができます。

さて、気になるのが新車の車検についてです。「初回の車検はいつ?」「2回目以降は何年ごと?」という疑問にお答えします。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

初回の車検は?→ 新車は3年で車検を受けよう

車検証

最初に結論からお伝えすると、自家用乗用車の車検は一般的に2年ごとですが、新車は買ってから3年で初回の車検を受けることになっています。

新車登録から初回の検査までの3年間は車検を受けることなく乗れるということです。それ以降は3年ごとに車検を受けることになります。

つまり、僕たちが一般的に運転する車は、新車から最初の3年間は車検なし、それ以降は2年ごとに車検を受けることになります。

ちなみに、車検の有効期間は車種によって分かれています。

わたしたちがふだん乗る車は基本的に新車は3年、それ以降は2年ごとと覚えておきましょう。

普通車と軽自動車で車検期間にちがいはなく、どちらも新車は3年、それ以降は2年です。

なぜ新車だけは3年間なの?

新車は3年ですが、それ以降は2年毎に受ける車検。新車が3年間なのは、なぜなのでしょうか?

最大の理由は、新車の状態だとエンジンまわりや各種パーツに不具合が起きる可能性は非常に低いからです。

わかりやすく言ってしまえば、「最初は新しいから故障しないよね」という理由で、新車は3年間車検不要となっています。

車は長く使っていればそれだけ部品や車体の摩耗が激しくなります。新車であればそれほど気にする必要もないのですが、長く乗っているうちに必ず”ガタ”はやってきます。

ちなみに3年間のあとは、2年ごとの車検になりますが、これも実際は多すぎるという声があります。

というのも、果たして2年で車が激しく損耗するか?と考える人が多いからです。

実際、アメリカには車検という仕組みはなく、車の管理はすべて自己責任で行われています(自宅のガレージでちゃんと整備している人が多いというのもありますが)。

一律ではなく、走行距離 or 年数 に変えてほしい

交通安全を考えると車検という仕組みは素晴らしいのですが、車検代などの維持費を負担できなくなって車を手放す人が多くなるようでは本末転倒です。

車をどれくらい使うかって、人によってかなり差がありますよね?人によっては1年間で5万キロ乗る人もいますし、反対に1年で1万キロにも満たない人もいます。

それなのに「一律で2年に1回の車検が必要」というのは無駄が多いと思うんですよね。

僕は「走行距離3万キロ or 4年に1回」にするなど、柔軟に対応してくれるといいなと思っています。

中古車を買う場合は「車検残」に要注意

車検残に注意

ちなみに、中古車を購入する場合は次の車検がいつになるのかは車ごとに異なります。

いわゆる「車検残(車検が残っている期間)」は車によってちがうからです。

中古車を購入するとき、多くの人は年式や走行距離を気にしますが、車検残のことまで考える人は少数派です。

良い中古車を見つけても、「車検が翌月です」という車も少なくありません。

せっかく安く中古車を手に入れても、車検がスグにやってきてしまう車は金銭負担が増えますから要注意です。

中古車販売店では車両情報に車検の残り期間を明示していることがほとんどですから、しっかり確認したいですね。

そんなことを言いながら、僕がいま乗っているボルボV60は翌月で車検切れという車でした(笑)

状態が良かったので、良い車と出会えたら過剰に気にする必要はないかな、とも思います。

走行距離と年式、中古車選びで重視すべきなのはどっち?

車検はいつから受けられるの?

車検はいつから受けられるの?

車検を受ける前に知っておきたいのが「いつから車検を受けられるのか?」です。

車検は有効期限が切れる1ヶ月まえから受けることができます。

たとえば、4月末で車検が切れる車であれば、おおよそ1ヶ月前の3月末から車検が可能です。

注意が必要なのは、車検切れの1ヶ月以上前に車検を受けてしまうと、車検の有効期限が前倒しに更新されてしまうということです。

4月30日に車検が切れる車なのに、3月1日に車検を受けてしまうと、次回の車検有効期限は3月1日になってしまいます。

つまり、1ヶ月分だけ車検の有効期限が早まってしまう(1ヶ月分だけ損をする)ということです。

車検は早めに受けるべきですが、早すぎるのも良くありませんから注意しましょう。

車検はいつからいつまで?受けられる期間と注意点

車検の有効期限はどこで確認できる?

車検の有効期限

車検の有効期限はフロントガラスの中央あるいは左上に貼られたステッカーで確認することができます。

ステッカーが貼られていない場合には車検証を確認しましょう。

ステッカーは内側のフロントガラス上部に貼ることが法律で定められていますので、もし、貼っていないのであればスグに貼り付けましょう。

車検が切れる日は、車検証の「有効期間の満了する日」という項目にも記載されています。

整備工場によっては、車検の有効期限をハガキやメールでお知らせしてくれるはずです。

いつ受けるべき?車検に出すベストなタイミング

車検が切れた車で公道を走るのは交通違反

車検が切れた車を運転するとどうなる?

車検が切れた車は絶対に運転しないようにしましょう。

仮に車検が切れた状態の車を運転していると、以下のような事態に見舞われることがあります。

  • ・無車検車走行で30万円以下の罰金
  • ・自動車損害賠償保障法違反で50万円以下の罰金
  • ・90日の免許停止

車検切れの車が罰金や免許停止の対象

車検が切れた状態で公道を走ること自体が法律違反なので、罰金の対象になります。

また、違反点数がたまることで免許停止になることも考えられます。

私道はOKです。たとえば、自宅の敷地内やレース場で車を走らせるのは問題ありません。

自動車保険が使えないので、億単位の賠償が自腹になることも

さらにコワイのが車検が切れた車は自動車保険が適用されないことです。

車検が切れた車は事故を起こしたとしても任意保険・自賠責保険ともに補償の対象外になります。

大きな事故(たとえば人身事故)で相手を死亡させてしまうと、1〜3億円もの賠償金が必要になることがあります。

車検が切れていると、こうした補償が受けられないので高額賠償を自腹で負わないといけません。

車検の有効期間には十分に注意し、早めに検査を受けるようにしましょう。

車検代を2〜3万円節約する方法

【コレだけで準備OK!】車

車検代は法定費用こそ変わりませんが、それ以外の費用については「どこで車検を受けるか?」によって大きく変わってきます。

僕は前回、車を買った中古車販売店の車検を利用して約12万円かかりました。

そして、今回車検を受けたのはネットで調べた地元の車検場でした(ガソリンスタンド併設)。

見積書を見て驚いたのですが、なんと車検代が9万円だったのです。つまり、前回と今回で3万円も費用が違うということになります。

このように、車検場によって費用が異なるため、少しでも安く車検を受けたい人は「車検が安いお店」を選ぶべきなのです。

では、どうやって車検が安いお店を選ぶか?僕が使ったのはグーピット【Goo Pit】というネット検索です。

グーピット【Goo Pit】ネット上で車の整備工場を無料でさがせるサービスでして、特に嬉しいのが整備工場の口コミを見られるところです。

いくら車検代が安くても、車検がいい加減だったり、接客が悪いお店に頼みたくはないですよね。

グーピット【Goo Pit】を使えば、口コミが良くて、なおかつ車検費用が安い整備工場を簡単に見つけることができます。車検だけでなく、オイル交換・キズ・ヘコミだけでもOKです。

さきほど説明したとおり、僕は実際に3万円も安く車検を受けられましたので、自信を持っておすすめできるサービスです。

グーピット【Goo Pit】

車を買い替える人は何年で買い替えている?

車を買い替える人は何年で買い替えている?

車検の費用は、車種や車検工場によって価格が変わってきますが、それなりの費用を覚悟する必要があります。

ほとんどが10万円以上かかりますし、高級車やスポーツカーになると数十万円は車検費用がかかります。

あまり利用する人は多くありませんが、ディーラー車検だと50万円以上も車検費用がかかることもあります。

愛着があって長く乗るならば車検は必要な費用ですが、いまの車に飽きてしまったり、買い替えを考えているなら車検を受ける前のタイミングが狙い目です。

車検前でも車は売れる!車検の切れた車の査定額を上げる方法

3年のサイクルで買い替える人が多い理由は?

じつは、3年おきに車を買い替える人が意外に多いのをご存知でしょうか。

その理由は、言うまでもなく「車検のまえに車を売ってしまおう」と考えている人が多いからです。

というのも、車検に出したあとすぐに売ってしまうと、車検代がムダになることがあるからです。

「車検が残っている分は査定額がアップするからいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、車検が残っているからといって査定額は上がりません。

車検を受けた車は、自分で最大限走らせないと「支払い損」になってしまうのです。

もし車検を目前に控えていて、車の買い替えを検討しているのであれば、車検を受ける前に手放すことをオススメします。

車検切れの車でも売れる、意外な事実

車検が残ってない車を売ることもできます。

さきほど説明したように、車検の残り期間は査定額に影響を与えません。

ですから、車検の残りが1ヶ月の車であっても査定額が大きく下がることはあり得ません。

むしろ車検が切れている車を売ることすらできます。なぜなら、無料出張査定を活用すれば車検のことを気にする必要はないからです。

車検切れで公道が走れなくても、レッカーで移動すれば問題ないですからね。

一括査定を使うと、複数社から査定してもらえるので非常に便利です。まずは試しに、愛車の買取相場をチェックしてみることをオススメします。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車検
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト