お得な車買取査定ナビ

残価設定型プランのメリットとデメリットとは?

  カテゴリ:新車の購入・買い替え
残価設定型のデメリット

お金がない…でもクルマは欲しい。そんな人は多いはず。

そんな悩みを解決してくれるのが、各メーカーが力を入れている「残価設定型プラン」です。

国産・輸入車問わず、ほとんどの自動車メーカーが取り入れている残価設定型。

いったいどんな仕組みなのでしょうか?メリットとデメリットについて、わかりやすく解説します。

そもそも残価設定型プランってどんな意味?

「残価設定型プラン」とは、わかりやすく言うと「◯年後に販売店があなたのクルマを一定額で買い取ります」という約束のこと。

何年後に設定するかは自分で決めることができます。多くの人が利用している3年〜5年後が一般的です。

自動車の購入価格から、買取保証額を差し引いた金額を分割払いするプランを「残価設定型クレジット」といいます。

販売店(ディーラー)が買い取ってくれる金額が確定しており、契約の段階でその金額を車両価格から差し引きます。その残った金額を、毎月分割払いすることになります。

ローンの元金を少なくすることができるメリットがある

たとえば、新車価格200万円に残価設定プラン(3年後の買取価格)を70万円にした場合を考えてみましょう。

つまり、「3年後にあなたの車を70万円で買い取るから、その分だけ価格を安くしておきますよ」というわけです。

計算をすると、200万円ー70万円=130万円となり、初期費用130万円で新車に乗ることができます。

このプランのメリットは何といっても月々の支払い額を少なくできるところです。

130万円を分割払いにするので、毎月の支払い負担を減らすことができますよね。

また、新車購入時に必要な頭金も不要となることが多いので、貯金がない人でも車を買うことができます。

せっかくクルマを買ったはいいけど、クルマ代金の支払いで生活が苦しい、遊ぶお金がない…。
そんな悲しい結末を排除してくれるのが残価設定型クレジットというわけです。

車を購入すると、カー用品や点検などで予想以上に出費が重なります。そのことを考えると、残価設定型のメリットは大きいと言えるでしょう。

残価設定型プラン

オリコカード「残価設定型プラン」より

デメリットに注意!おいしい話だけではありません

残価設定型クレジットのデメリット

残価設定型クレジットが急速に広まっている理由は、お金のない人でも車を買えるというメリットがあるからです。
しかし、良い話には必ず裏がある。残価設定型も例外ではありません。

メリットだけを見ると「こんなおいしい話あるの?」と思われるかもしれません。お察しの通り、残価設定プランにはデメリットもあります。

残価設定型プランを利用するときにはどんな点に注意すればいいのでしょうか?

デメリットは大きく分けて3つあります。

  • 1.車のカスタムや改造は現状回復義務が発生する
  • 2.走行距離が長いと追加料金が発生する場合がある
  • 3.車を買い取る場合は損することもある

デメリット1:車のカスタムや改造は現状回復義務が発生する

車を買うと、自分の好きなスタイルに車をカスタムすることがあるでしょう。

純正のパーツであればそこまで問題にはなりませんが、大きなドレスアップを施している場合、残価設定プランが終わって返却するときに元に戻さなければいけないことがあります。

なぜかといえば、販売店は返却された車に派手なドレスアップなどがあるとオークションなどで転売しづらくなってしまうからです。

ディーラーはあなたから買い取った車を業者間のオークションに出したり、店頭で販売したりします。そのとき、最初のころより明らかに車の状態がちがっていると、中古車の価値が下がってしまいますよね。

ただし、原状回復義務(車を最初の状態に戻すこと)については、それぞれの販売店や会社によって条件が異なります。

残価設定プランを契約するときには、車をどの程度イジってもいいのか、きちんと確認するようにしてください。

なぜ売れない?改造車を買い取ってもらえないときに試したい3つの方法

デメリット2:走行距離が長いと追加料金が発生する場合がある

残価設定プランが終わると、車を返却することができます(そのまま乗ることもできる)。

本来は最初の契約条件で返却することができるのですが、ローンが終わった時に規定以上の走行距離を走っていると追加料金を支払う必要が出てきます。

もう少しくわしく説明すると、残価設定プランを契約するときに「返却時には走行距離が○万キロ以下にすること」という条件が設けられることがあります。

ですから、最初に決めた走行距離の上限を超えてしまうと、追加料金(あるいは買取額の減少)によって補わなければいけません。

中古車市場はご存知のとおり、走行距離が長い車は価値が下がってしまいます。そのため、価値の減少分をコチラが負担しなければいけないのです。

このような条件があるため、残価設定プランは無条件で利用できるわけではありませんので、注意しましょう。

毎日通勤で車を使っていたり、遠方にドライブへ行く機会が多い人は走行距離が大きく伸びる可能性があるかもしれません。

そのときの追加料金を覚悟しておかなければいけないのは、残価設定型のデメリットといえるでしょう。

デメリット3:最終的に買い取る場合は損することもある

さきほど説明したように、残価クレジットローンが終了したときには車を自分で買い取ることもできます。

「やっぱりこのまま同じ車に乗り続けたいな」と思ったときは、ディーラーに売却しなくてもいいのです。

もし最終的に車を自分で買い取ろう(乗り続けよう)と思っているならば、通常のローンよりも高く付いてしまい損をすることがあります。

ということは、最初から残価設定型など使わずに、正規の値段で分割払いにしておいたほうが良かったということになります。

残価設定型プランの金利と、通常のローンの金利を比較して、支払い総額には十分気をつけましょう。

3〜5年先のプランを決めるのはむずかしいですが、同じ車を乗り続ける可能性があるなら、残価設定型は使うべきではありません。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

最終的に残価はどうやって支払うの?

残価の支払い方法

下取り価格をあらかじめ差し引いた金額でローンを組むので、毎月の支払額がグッと抑えることができます。
でも、3〜5年後に残りの代金はどうすればいいのでしょうか?

残価の支払い方法は3つあり、その時々で選択することが可能です。それぞれのメリットについて見てみましょう。

  • 1、車両を返却する
  • 2、クルマを買い上げる(一括で清算。または再度クレジットにする)
  • 3、次のクルマに乗り換える

乗っていた車をそのまま返却する

まず1つ目の方法は、乗っている車を購入した会社にそのまま返却するというもの。つまり、ディーラーに車を買い取ってもらうわけです。

車を買ってから年月が経つと、ライフスタイルは変化している可能性があります。

結婚や出産、離婚や老後など車が不要になることもあるでしょう。

そういった場合には残価を支払うことなく、車を返却するだけでは完了します。通常よりも安い金額でクルマを楽しむことができますね。

一括あるいは分割で残価を支払う

2つ目は、3〜5年が経過して最終的に残りの代金を支払う方法です。

長く乗っていると自分の車に愛着が湧いてくるものです。買った当初は買い替えるつもりだったので、「このまま今の車を乗りたい」というケースも出てくることでしょう。

そういった場合には、残りの代金を「一括払い」あるいは「分割払い」で自分の車を買い取ることができます。

新車に買い替える

3つ目の方法は、車を買った会社(販売店)で新しい車に買い替えるというもの。

車は5年も経つとラインナップが大きく変わっています。買った当初では考えられなかった「危険感知システム」が付いていたり、燃費性能が向上していることもあるでしょう。

そんなときには次の車に買い替えたくなるものです。その場合には、車を買った会社でもう1度買い替えれば、残価が不要になります。

月々の支払いを少なくしながら、クルマを楽しみたいという人にとっては何ともありがたい仕組み。

最終的には3つの選択肢から選ぶことができるので、残価設定型を検討する価値は大いにありそうです。

残価設定を利用するなら頭金を用意しておこう

残クレには頭金を

残価設定型にはメリットとデメリット両方があるので、事前にしっかりと把握しておきましょう。

残価設定型プランは車の買い替えをお得にできることもありますが、場合によっては損になることもあります。

個人的には残価設定型は車を買えなかった人が車に乗れる機会を提供してくれる良い仕組みだと思っています。

もし利用するのであれば、なるべく前もって頭金を用意するのがベスト。

いま乗っている車があるのであれば、少しでも高く売却して新しい車の購入資金に回しましょう。

車を高く売って頭金を少しでも用意できれば、残価設定型のデメリットはかなり解消できますよ。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1
  • 書いている人【YAS やす】

    1988年生まれの30歳。フリーランスのライターをしています。
    現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます(くわしいプロフィールはこちら
    車が好きな人つなぐ”サークル”のような場所をつくるのが、このWebサイトの目的です。ぜひ車について語らいましょう!

  • 私が乗ってきた愛車遍歴

    トヨタ・クレスタ

    三菱自動車・デリカ CHAMONIX

    トヨタ・bB

    フォルクスワーゲン・ゴルフ

    ボルボ・V60 【現在】

  • いま欲しい車!(憧れ込み)

    ポルシェ・パナメーラ
    マセラティ・ギブリ
    スバル・レヴォーグ